てくてくちとせ

鑑定については”鑑定のご案内”という記事をお読みください 料金は5000円です。          「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。→ otaro905@gmail.com  

四柱推命−小池百合子さんの命式/今後の運気は?

私は東京都知事選、実は田母神俊雄さんと安野貴博さんを推していた。小池百合子さんは4人討論の場で築地問題に言及された時のことだ。田母神俊雄さんから、築地には小池百合子さんを恨んでいる人がいるという発言があった際、小池百合子さんは「お友達は選…

四柱推命−あなたの行動力を知ろう!行動範囲も合わせて説明

考えるよりも先に行動する竈ちとせです。世の中よほどリスクを気にする必要があること以外は、行動力がものをいう。会社員時代もそうだが、兎に角止まって考えて、最終的に成果に繋げてゆくのではなく、動きながら活路を見出していた。今もそれは変わらない…

四柱推命−日支を中心に年支、月支、時支の考え方を説明

命式の柱(はしら)の概念はと〜っても難しいと感じる。年柱は先祖の柱、月柱は親兄弟の柱っていわれても、それをどう解釈せえっちゅーねん。と地球の裏側からも聞こえてきそうだ。それに加えて、柱の地支の概念が難しい。年支、月支、日支、時支ってどう考え…

四柱推命−旺相死囚休とはなんぜよ?/鼻血がでるほど分かりやすく説明する

旺相死囚休(おうそうししゅうきゅう)という、漢字のごった煮のようなネーミングをご存知だろうか?多分どっかで見たことはあるけど、中身は知らんという人は結構いるだろう。今記事を書いている最中、どっかの家から朝ご飯の匂いがしている。ああ、人んちの…

四柱推命−自刑をマジ解説/余分な十二支達よさらば

自刑(じけい)の考え方おしえてくれよ!なあみんなもそう思うだろ?「午と午を自刑といいます」分かっとんねん。ほとんどの本とか記事にルールは書いとる。ということで今日は自刑についての説明と、考え方について胸熱に語りたい。………自刑ってなんかドMな感…

四柱推命−冲の説明/悪いものなのか?ルールや考え方

みなさま冲(ちゅう)をご存知だろうか?聞き慣れない人は七冲で覚えているのかもしれない。結論二つは一緒だ。沖?否、冲という字だ。一度は「沖」こっちの字だと勘違いしたことがあるはずだ。それはどうでもいいとして、今日は冲について説明したい。 目次…

四柱推命−六害を徹底解説/不吉で謎だらけの中身に迫る

六害(ろくがい)というネーミングが凶作用の塊のような存在を知っているだろうか。六害については、親兄弟とのご縁が薄い、身内や他人とのトラブルなどの説が語られているが実際はどうなのだろう?私自身命式の中に六害があり、実際親との縁は薄いため、四…

四柱推命−支合の詳しい説明/五行変化や命式への影響はいかに

支合(しごう)という言葉を聞いたことがあるだろうか。広島弁でシゴウしたるぞ!という方じゃないよ。四柱推命には合という言葉が度々登場するが、合とは「結びつく、和合する」という意味を持つんだ。干合とか暗合とか聞いたことがあるだろう。すでに知っ…

四柱推命−寿命の話/人類はどこから来てどこにゆくのか

自分の寿命にあまり興味がない竈ちとせです。一日一日が充実しているなら、長寿という尺で満足は測れない感じる。幸せとは途切れることのない充実だと思う。美味しいものを食べ、ドーパミン刺激を得る快楽は一瞬のものだ。途切れるものを、一生懸命追い続け…

四柱推命−石丸伸二さんの命式/八字の組み合わせが最高

二十代はほとんど投票にいかなった。誰が当選しても自分には関係ないことのように感じていたのだ。利権政治が横行するなか、しわ寄せのように、政治に目を向けなければならない日が来たように思う。今はsnsが台頭して、国会答弁などもオーディエンスを意識し…

四柱推命−イーロンマスクさんの命式

夜中車を走らせていると妻が大きな声をあげて、車を止めてくれという。私はわけがわからず、車から降り、妻が指差す上空をみて興奮の理由が分かった。「空にはまるで長蛇のごとき光の点」が規則的に並び、何かしらの物体が飛んでいた。まるで銀河鉄道だ。あ…

四柱推命−深水殺/水辺を避けたほうがいいのか?

水難に関する特殊星というので「深水殺」というのがある。何かあまりにも具体的なネーミングすぎて怖すぎる。あまり水辺に近づかないほうがよいのだろうかと、水泳が得意でない私は思ってしまった。今回は深水殺について詳しく書いてみたい。 (☆YouTubeチャ…

四柱推命-すごい命式/成功者はやはり違う!

すごい人といえば、皆様どんな人を想像するだろう。大企業の社長さん?有名人?資本主義社会だから、こういう人たちを連想するのではないだろうか。少なくともドラえもんから道具を借りて、無双するのび太君を成功者とは考えないだろう。四柱推命の鑑定にて…

四柱推命-玉の輿に乗れるのか?リアルに説明する

玉の輿(たまのこし)と調べると、結婚などによって高貴な身分になると表記されている。現在社会だと、相手がお勤めであっても経営者であっても関係なく、経済力を持つ人物との結婚を指すだろう。実は玉の輿に乗れるかどうかという命式判断は超絶難しい。さ…

四柱推命-懸針殺(けんしんさつ)の深い説明

るろうに懸針殺(けんしんさつ)何となくいってみたかっただけ………。何かトゲトゲして痛そうな特殊星だ。針が苦手で40歳になっても注射が恐い竈ちとせです。でっかい犬が予防注射の時ご主人にギャンなきで抱っこせがむのをみて気持ちが分かる。今回はトゲトゲ…

四柱推命-孤独について解説

孤独には3種類の孤独がある。一つは能動的な孤独、自らの人生の生産性を上げるためあえて孤独な時間を大切にする。もう一つは自らの性格や行いが関係して群れから淘汰される形の孤独。孤独の理想は前者であり、四柱推命の観点でも論じがいがあるというもの…

四柱推命-嬉しい三徳の命式

三徳(さんとく)ラーメン屋さんの屋号みたいだ。チャーハン、餃子、半ラーメンの黄金の組み合わせのように、3つの通変星が関係して大変よい命式とされるのが三徳である。今回は有難い命式とされる三徳について深く書いてみたい。 (☆YouTubeチャンネル登録…

四柱推命-天哭の謎をハッキリさせる

哭(な)くという言葉からは悲痛な感じを受ける。え〜んえ〜んと泣くのがより一層悲哀を含んでいて嫌過ぎる。四柱推命の特殊星に天哭(てんこく)というのがある。どうも意味を調べれば癇癪持ちの癇癪どころではない。今回はなんだか仰々しい天哭について説…

四柱推命-貧乏について/改善策も提示する

よくよく考えると貧乏で思い詰めたことがない。いや、無職でお金がない時期○ぬほど思い詰めたが、お給料が少なくて思い詰めたことがないのだ。二十代なんて月収10万円だったしなあ。四柱推命では、大運の影響で変わってくるけど、人物が背負える金運の力量…

四柱推命-カリスマの命式/五行や星の組み合わせを解説

平成時代までカリスマといえば、何かエキセントリックでとんでもなくぶっ飛んだ人というイメージがあった。時代を象徴するようにかつてのsnsでも、「成功する秘訣っすか?脳を太らせないことですね。感性という恋人が寂しがってしまうから。」とか「籠の中で…

四柱推命-金水傷官とは?/定説だけでなく配合が大切

一つの柱の干支によって命式が良いものとなったり、損なわれたりする。四柱推命の醍醐味はそんなところにもあり、恐かったり、興味をそそられたりするのではないだろうか。四柱推命の鑑定結果はなんだか、ドーパミンの刺激を求めるかのようだ。「金水傷官(…

四柱推命-転趾殺(てんしさつ)を詳しく説明する

転趾殺(てんしさつ)という天羽時貞を連想させる特殊星をご存知だろうか。一度てんしさつ、視察、Tシャツといってみると何だか面白い。転趾殺は夫婦のご縁という意味でも、考察の余地があるため今回取り上げてみたい。 (☆YouTubeチャンネル登録お願いいた…

四柱推命-黄旗って知ってる?/希少な特殊星の存在

四柱推命の特殊星の名前をたくさん知っているのは、とりあえず三国武将の名前を網羅してる人とイメージが被る。覚えたから、何なのかではなく、取り敢えずステータスとして覚えとこう的なニュアンスを感じるのだ。ポケモンでもいいが。今回はそんな特殊星の…

四柱推命-疲れやすい?無理するな!/命式の構成と疲労の関係

24時間働けますか!リ◯インリ◯インのCMを覚えているのは、私と同世代か上の世代だろう。令和のホワイト社会では、すぐにバズらされるだろうな。命式の観点から疲れやすい人というのが存在する。因みに私は頑張れ!やればできると、DNAを無視した風に言われ…

四柱推命−絶は宇宙人的感性を生かせ

アルゴリズムという奴のおかげで、ネット媒体から日記帳の記事が消えて久しい。昔は誰もが「思ったこと、感じたこと」を主流に、呑気に専門分野の記事を書いていた。私もその一人だった。昭和モダンが、脳筋とか精神論とかいわれて文化的風化を辿るように、“…

四柱推命−胎月とは?高度な判断をするには覚えよう

四柱推命には七柱推命(ななちゅうすいめい)ともいうべき、八字以外の柱を用いる推命方法が存在する。命宮、身宮、そして胎月(胎元ともいう)というものを用いて鑑定する方法がある。これらを扱うやり方は、中国では使われているのだが、日本ではほとんど…

四柱推命−短気な人と命式の関係を解説する

短気は損気と聞いたことがないだろうか。短気を起こしたがゆえに、人間関係が壊れてしまった、損をしてしまった経験をお持ちの人もいらっしゃるだろう。気が短いというのは、ある程度命式から読み取れる傾向がある。私自身二十代の頃まで怒りっぽさや短気な…

四柱推命-岸田文雄さんの命式/政治家は官星が重要

増税メ◯ネと呼ばれる岸田文雄さん。「文句があるなら増税だ」というテロップとともにネットでは揶揄されている。決してメ◯ネの人が悪いわけではない。2021年の総裁選挙のとき占って岸田文雄さん、河野太郎さんの二択に絞って悩んだ。私はけっこう四柱推命で…

四柱推命-人気者について命式例から解説する!

今回は四柱推命の観点から人気者について書いてみたい。「ボクは世界中を敵にまわしても君を守るよ」というハチミツとパンケーキみたいな言葉を聞いたことがあるだろう。世界中を敵にしたら、そもそも「君」を守れないから世界中を敵にしないが正解なはずだ…

四柱推命−桃花殺をくわしく説明する

桃花殺(とうかさつ)皆様結構聞き慣れた言葉だと思うけど、実際どんなもんぜよ!!異性問題で色々ありそうというくらいで、いまいちわからん。パッパラピーという感じではないだろうか。今回は桃花殺について詳しくご説明させていただく。語尾に殺ってつけ…

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>