てくてくちとせ

※2022年の鑑定の受付は12月5日で、一旦お休みをいただきます。再開は2023年1月6日より再開いたします。本年もお世話になりました。鑑定については”鑑定のご案内”という記事をお読みください 料金は5000円です。     「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。→ otaro905@gmail.com            

四柱推命−月支元命を分かりやすく説明する/解釈や考え方も記載

あなたは何月生まれだろう?生まれ月である月柱、 特に月支の影響はあなたの人生に大きな影響を与える。 三つ子の魂100までとは、よく言ったものだ。月支元命( げっしげんめい)とは、月支の蔵干から導かれた通変星の事で、 あなたの生まれもった生涯の気質…

四柱推命−宝くじが当たる人の特徴とは?実際の当事者の例も含めて解説する

宝くじが当たる人はどんな人だろう。 神木隆之介さんが出演する宝くじのCMでは、 待ち合わせに遅刻しておいて、 さらに理不尽な要求をする友人の態度を許すというシチュエーショ ンがある。心の中で「だって宝くじ当たったから」 今回は四柱推命的に見た宝く…

四柱推命-命式に五行が全部ある方が良いのか?不揃いな命式と一緒に考察する

命式内に全部の五行が揃っている、と聞くと寒すぎる命式の私は「 火の五行」一個わけてといいたい。冷え性なもので。 皆様もこんな経験がないだろうか。さて、 命式の五行は全部揃っていたほうがいいのだろうか。と、 いいながら人生は手持ちの「札」で乗り…

四柱推命−リテラシーが問われる悪い星の見分け方を解説する

四柱推命は誤解を与えやすい。 世の中多くの先生や学ばれている方がたくさんいらっしゃる中、 ネットや書籍の情報はほとんど触れられているはずだ。ただ、 人それぞれの持つリテラシーの相違からくる行き違いが起こりやす いのもこの分野の特徴だ。 今回はそ…

四柱推命−おやおや天羅地網ってメッチャお得じゃね

天羅地網(てんらちもう) という漫画の必殺技みたいな地支の組み合わせがある。 聞きなれない名前かもしれない。 何だかご利益がありそうではないか。天羅地網を命式に持つ人は、 直感力を有していたり、 人生での恩恵を受けやすいとされているが事実やいか…

四柱推命-双子の場合運命はどうなるかを実際の命式で解説する

双子だった場合辿る運命は同じになるのか? 四柱推命に関わった人なら、 ふと疑問に思ったことはないだろうか。 だって生年月日が同じじゃん、と。 事実検証をしようということで実際の一卵性の双子さんの生年月日 と出生時間を合わせて結論を書かせていただ…

四柱推命−大谷翔平さんの命式をこじつけなしで解説する/野球も人格も一流だ!

大谷翔平さんといえば、打者、 投手とともに二刀流で有名なプロ野球選手だ。 野球には詳しくはないが、イチロー氏しかり、 人間力が高い人物には興味を持ってしまう。 どんな環境がその人物を形成したのだろうと。 大谷翔平さんといえば、 野球の技術は勿論…

四柱推命-拾悪大敗って何かを解説

拾悪大敗とはひどい名前だなと思う。ひろいあくたいはい? ではなく、じゅうあくたいはいと読む。 拾悪大敗とは特定の生まれ日によって凶となる組み合わせだ。 のっけから信憑性のなさそうな感じだが、 今日はそのことについて触れてみたい。 ▼四柱推命の学…

四柱推命-救いようのない命式は何を持って定義するのか

もし、今が不幸だと感じている人に聞いて欲しいんだ。 四柱推命には原神(げんしん)という考え方がある。 例えば食神という通変星は財星を生じるので、 お金を生む原神となる。人間に当てはめれば、 ご本人の克己心だったり物事を前向きにとらえる習慣も、 …

四柱推命ー苦労する命式について解説/回避方法も記載

苦労は買ってでもせよという言葉があるが、私はピンとこない。苦労らしきものは経験しているはずだが、それを苦労したと脳ミソで変換したことがないからだ。だが、言葉が伝えたいニュアンスはわかる。若い頃は確かに自らに負荷をかける環境に身を置くと、歳…

四柱推命ー無官だと出世や恋愛に不利ってまじ?

無官(むかん)とは、官星が一個もない命式のことだ。女性からすると無官は彼氏や結婚に関係するはなしだから、重要と感じる人もいるだろう。ちなみに、私もプチ無官である。命式のなかに一個だけ官星がある。さて、無官の命式の特徴とは?また無官の命式の…

四柱推命ー全陽の命式について解説/流れを味方にすればウハウハ

全部の干支が陽という、太陽の魔力でも使えるんじゃないかといった命式が存在する。全陽(ぜんよう)響きもカッコいい。そうした命式にどのような特徴があるのかといった点を踏まえて男女別に解説させていただきたい。ウハウハというタイトルが何か古いがお…

四柱推命ー安心して!汚玉の真実は俗説とは異なる

汚玉と書いて(おぎょく)と呼ぶ。おたまって呼んじゃダメだよ。汚玉というのは辛と己の関係で、宝石の辛が泥土に汚されるという意味だ。あなたの命式には己と辛が並んでいるだろうか。実は昔の四柱推命は己と辛が並ぶとすぐに汚玉、汚玉といいたがる節があ…

四柱推命ー傷官4つあるってか!個性とキャパシティを両立すべし

身近でいえば父親、母親ともに命式に傷官がある。幼いながら考え方や発想力などが独特だと感じていた。有名な漫画家さんの命式をみると、大運や流年を加えれば、傷官が4つ、それ以上になる。傷官はある意味非常に風流であるが多すぎれば良い面と、また時に…

四柱推命ーどうよ!正官が3つあるぜ/星の性質をおさえて付き合っていこう

世の中独特の雰囲気の職場ってあるよね。さて、正官という星は、基本的に正義や正道を意味する。実は正官が命式に存在していれば、権威的なお仕事や、お堅い職種、珍しいものでは葬儀に関係していたりする。正官という星が命式にほどよくあれば、特殊な場所…

四柱推命ー己土濁壬が悪いというのは偏見だ!深い意味を含めて詳しく解説

己土濁壬(きどだくじん)といわれるものがある。この文字をみると何だかちょっとテストで赤点をとりそうな予感、それに似た気持ちの落ち着かなさを感じる。四柱推命の干関係で、こういうものがあるのだが、果たして己土濁壬は命式の味方なのか敵なのか。今…

四柱推命ー波乱万丈だから培われるものがある/命式別に起こりうることを解説

大きな出世をするような人に、波乱万丈な命式が多い。海外ドラマをみていた際、ワンシーンにたまたまもうじき誕生するという時期皇帝の命式が映った。もし庚戌刻生まれだと短命、壬亥刻生まれだと君子になると家信がいう。設定として作られた命式かと、みて…

四柱推命ー上格と下格について解説/あまり生きる上で意識する必要がない

上格と下格聞くと、何か命式の分け方が感じ悪いよなと感じるが、やはり四柱推命が昔の封建社会でつくられた痕跡を感じる言葉だ。では、自分の命式は上格に該当するのか?とやはり気になると思うので今回はそもそも上格、下格とは何なのかに触れつつ書いてみ…

四柱推命ー今にも走り出しそうな禄馬同郷について深い解説をする

何だか効用の高そうな禄馬同郷(ろくばどうきょう)について今回は書いてみたい。かなり意味が深く、占いの奥深さを感じる禄馬同郷。解釈なども含めて内容を追ってみよう。 ▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼ otaro905@gmail.com ※鑑定料金は一回5000円…

四柱推命ー接木運は30年の運の切り替わり!人生の流れを知って行動しよう

皆さまは10年単位で巡る運気を大運、1年単位で巡る運気を流年、または歳運というのはご存知だろう。だが、人間の人生に一番影響を与えるのは「接木運」という30年単位の運気なのだ。あまり聞き慣れないかもしれない接木運について書いてみたい。 ▼鑑定…

四柱推命ー金神の待遇よすぎじゃね?

金神(こんしん)と聞くと、戦隊ヒーローを連想してしまう。四柱推命においての金神とは、シンプルに己巳時に生まれた人(命式の時柱が己巳)のことをいう。金神の命式の人は、条件が満たされれば発展するとされているが、考察してみたい。 ▼鑑定のご依頼は私の…

四柱推命ーねえねえ鮮花名瓶って知ってる?◯と◯の相性を説明する

綺麗な花を瓶に生けましょう。お洒落な瓶だと、花も映えるかな。四柱推命には鮮花名瓶(せんかめいびん)という言葉がある。四柱推命にはとにかく難しい漢字がいっぱい並んでモヤモヤする。 「一見良さそうなのもあるし、不吉そうなのもある」鮮花名瓶とは干…

四柱推命ー伏吟雑草とは何か?良い意味を持つこともある

雑草のように強く生きろ!というフレーズを何10年も前のテレビドラマでみた気がする。草花とは、四柱推命でいえばもちろん乙(きのと)のことなんだ。今回は伏吟雑草といわれる干関係についてお話したいと思う。 ▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼ otaro90…

四柱推命ー天無両日とは?/並ぶ柱に意味がある

太陽というのは本来、ファンタジーの世界でなければ天に1つ存在している。四柱推命の世界では、天空に太陽が2つ昇ることがある。天無両日(てんむりょうじつ)の命式といって、命式に丙が2つ並ぶことをいう。今回は天無両日について書いてみたい。 ▼鑑定の…

四柱推命ー歌がうまい人の特徴は金の五行が関係している?

カラオケが憂鬱だ。めちゃくちゃ音痴の私は当然曲のレパートリーも少ない。今は聞き専でよいと感じている。学術要素が高い人は、その才覚を1つの分野だけでなく、色々な方向で生かすことができる。ただ、どうも歌に関しては私のようなド音痴が練習して、あ…

四柱推命ー頑張るな!引きこもりやすい命式を解説/まず自分を労ってくれ

引きこもりの問題と直面する機会がある。子供だけではなく、大人にも共通する重要な事象といえる。私は大人になり一年ほど引きこもった経験がある。会社員時代、離人症を経て、人と交流を持つこと自体を苦痛に感じていた。本日は命式と引きこもりの関係につ…

四柱推命ー配置がすごく大切な八相局とは?/組み合わせ別に特徴を解説する

八相局(はっそうきょく)ってなんだか、格闘ゲームの必殺技みたいじゃない?そもそも、四柱推命に登場するネーミングは技っぽい。考えてみたら自分自身が八相局の命式だったりするので、今さらながら書いてみたい。八相局とはなんぜよ? ▼鑑定のご依頼は私…

四柱推命ーメンタルは強いほうがいいの?強弱について語る

柔軟にふんわりいこうよって、考え方が広まるなか鋼の精神を持つ人がいる。ご飯ももりもり食べ、やってくる壁は壊して突撃する。つよいメンタルの人に憧れたことがあったけれど、四柱推命をはじめてそうした資質は決まっているものだと悟った。世の中ライオ…

四柱推命でわかる容姿について15パターンを解説

四柱推命で容姿が分かるのか?これは誰しもが一度は思ったことがある鉄板ネタである。結論命式から分かることはある。でも、目のあたりが西川きよし師匠で、笑った口角の角度がじゃっかんデビィ婦人だよね~と、いう細かな判断はさすがに無理。今回は四柱推…

四柱推命ーいじめる人、いじめられる人と命式の関係

いじめの問題は深刻である。私自身過去に職場でいじめを経験した一人である。いじめの定義はたくさんあると感じる。辛いことだ。集団で力を誇示したりするだけじゃなく、みんなで一人をのけ者にするのもいじめだし、フレネミーだっていじめだ。あらゆる角度…

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>