てくてくちとせ

四柱推命について書いていきます

天才絶の「ふつう」は人の三歩先をゆく|己を生かすにはありのままを進め

f:id:tarookadato:20190624214333j:image

安部公房氏の名言「道にこだわりすぎる者はかえって道を見失う」という部分が頭に残っているうちにこの記事を書きたい。まず、断言する。絶は天才の星であり、ボクは天才絶について書くつもりだ。しかし、その絶も、果敢に人生の荒波に飛び込み、石にぶつかり角がとれながら長い旅をして、浅瀬にたどり着き、そのなかで自身の真理をみにつけた絶のみをさすのだが。

 

目次

 

 

絶の性格と特徴

 

絶の性格特徴は、純粋無垢で人を疑うことをしないためときに損をする。駆け引きで世を渡るタイプではなく、好きな道をみつけるととことん突き進む。持続力に欠け、なかなかじぶんの道が定まらない。束縛を嫌い自由を好む。断絶/移住/別離/浮き沈み/開発を意味する。個人プレーが得意で芸術的な才能があるため、クリエイターや作家、または専門職に向いている。

 

そういった性格特徴とは別に、絶は成長すればするほど、じぶんを語らなくなる。わざわざ人にじぶんを説明する必要がなくなったことに気づく。 思考も精神性も、そのストイックさから導きだされた正確さで常に人の三歩先にいるからだ。それが極限まで衰えた運勢のなかで研ぎ澄まされてきた芸術的、またその発想力の根拠となる部分かもしれない。

 

そしてその才能は、熱血的に発揮されることもあるが、むしろ「ふつう」に構えたこころの状態から、日常会話のごとく溢れ出す。

 

 

 

 

絶の発展の仕方は禅

 

さてさて、絶のエネルギーは0(または1といわれる)であるから、十二運のなかで最弱である。命式全体を欠いたことをいうつもりではないが、運気のピーク「帝旺」様のような発展の仕方とは違う方向性をみつけるほうがいい。

 

そこで先ほどの石のはなしに戻ろう。絶を持ちながら濁流のなかを大きな石が周囲の物を砕きながら進むような道を選択することは、まだ真理にいたっていない。周囲の物を砕いた石自体に丸みが現れ、利己的な価値観を徹底的に捨てた先にある、「天衣無縫」を手にしてからが、天才絶の人生のスタートだ。

 

さて通変星との組み合わせでは、絶+印綬で頭脳明晰で、よく内省し、論理的思考で人生を切り開いてゆくが、ストレスを溜めやすい。絶+比肩で束縛を嫌い、自由に生きるスタイルを好む。行動力があるため、さまざまなことに挑戦するが、人からの反感を買わないように、気配りを忘れないで吉。

 

通変星との組み合わせでも、絶の持つ性質として、強引に物事を進めることには向いていない。利己的なちからわざを用いて、着手したことを進めていると、ストップがかかる。運勢サイドからだ。

 

絶は物事の摂理や調和を大切にすることで、じぶんらしさを発見していく星である。 ゆえに絶が天才というのは、ある意味、゛天の理゛と結びついてこそなのである。絶という星の発展はまさに禅のごとくなのだ。絶は一つの道に固執しない。道とは天地のすべてを含むものだと理解しており、0から新たな道をつくることを好むからだ。

 

日柱に絶を持つ元メジャーリーガーの鈴木一郎氏、シンガー・ソングライター美輪明宏氏、革命家のチェゲバラ氏なども、物事を常識で推し量ろうとしない、どんな時代にも響く普遍的な真理を感じさせる名言を数多く残している。

 

天才絶はありのままをゆけ

 

絶はまず物事の「確信」をはじめから知っている。その後にそれを証明する手段を模索せねばならない

 

そのようにできているのだから仕方ない。絶が「絶ってるなあ」と自覚できるのは、自身の感性と発想力を信じ、それを活かせたときだ。誰しもが親や学校などで生活の規範を習う。しかし、実際に絶の強みをのばすのに、ロジカルなルールはときにしがらみとなる。

 

数学者の絶持ちジョン・ナッシュは、幼少期から周囲の友人と距離をおき、じぶんらしく歩める環境をじぶんでつくりあげた。思春期ならではの友人たちの趣味嗜好に、彼はまったく共感できなかったのだ。

 

才能とは突き抜けていなければならない。ある一種のあやうさを伴いながら本人とともに成長してゆくものだ。

 

なぜそう感じたかを大切にし、なぜそのような行動にいたったのかは本人が知っていればよい。

 

憚りながらいえば、絶の才能に規制をかけるのは、身近な親や先生、友人、じぶん以外の外的要因である。すでに「確信」を得た者へのいたずらな干渉は、釈迦に説法なのだ。

 

経験値を積んだあとはありのままを信じて進むといい。

 

 

おわりに

 

天才絶をそっとしてあげてほしい、もし、状況が状況ならそのようなことが口をついて出そうだ。ご心配なく。最終的に天才絶が選ぶのは、じぶん自身をふくめ物事の摂理に沿った道なのだ。そして、希望を持つ者を鼓舞するような新しくこれまで存在しなかった道を開拓するかもしれない。

 

[関連記事]

『絶』に与えられた使命

四柱推命-「暗禄」持ちのあなたは隠れた魅力の持ち主


f:id:tarookadato:20190624130806j:image

「私って特に目立った才能もないし、誰かより秀でた美点が見あたらないのよね~」とふだん考えながら、命式に暗禄をもち、きょう律儀にもこの記事にたどり着いたあなた、こんかいはあなたの魅力をたっぷりと語りたいから、さあ腹をきめてくれ。

 

 

暗禄をもつ人の特徴と人生傾向

 

確かにあなたには、幼少のころより将棋で大人を負かすような特別な才能が備わっていないかもしれない。だが、「暗禄」という星は、ときに窮地に立たされながら、あなたの持つ徳によって、人から援助が得られるという、ドラマの主人公のような特徴があるのだ。

 

暗禄という星の特徴は、変化、波乱万丈、隠れた徳、隠れた恩恵、援助、打開、逆転である。(うわ~ハードモードな内容やん、なんてささいなツッコミはなしだぜ)

 

では上の要素が実際にどのように展開していくのかを書いてみるので、気ままに読んでくれ。嫌なら飛ばして次の項目へいってもらってもかまわない。

 

「あなたは、押しては寄せる波のような波乱万丈な人生を選びました。すると人間関係や、家庭環境に変化が訪れます。行きずまって、うわ~なんでじぶんだけこんな目に、もっとふつうな感じのやつをくれよ!とおもいます。 そんな窮地にあって、あなたは、なにもかもに嫌気がさしていると、以前習慣としていたジョギングを、ストレス解消の手段としてふたたび行います。そこで毎日顔を合わせるジョギング仲間から声をかけられ、ふとしたことから意気投合。なんと音楽の趣味も共通しているではないですか。「知り合いに音楽関係の仕事をしてる人がいるんだけど合ってみない?」あなたは驚きますが、あなたのこころからはこれまでの憂鬱が去り、かつて諦めていた音楽への想いをはせるのでした。きっかけは、あなたが、毎朝「おはようございます」と明るい声で挨拶をしたことと、これまで人に優しくしようとこころがけたことだったのです。

 

信じられないかもしれない。まあ、肝心な部分は、ながい文書の最後、明るく挨拶をしていたという徳、これにより相手のジョギングは嬉しい一時となっただろうし、あなたの日頃のこころがけが、そうした選択肢を選んだわけだ。

 

暗禄の最大の特徴は、あなたの積んだ徳により、おもいがけない人からなにかしらの援助が得られるというものだ。

 

そしてあなたに援助をしてくれる人は、あなたの自覚していないあなたの美点を認知してくれている人だともいえる。だっておもいがけない場所からの援助だとすれば、そういうことだろう。

 

[あなたの特殊星を調べる]

 

あなたが諦めてはならない理由

 

さて、波乱万丈の人生のなかには、栗拾いにいってどんぐりを拾うごとくだ。例えばこういうと大袈裟と受け取られるかもしれないが、一流のピアニストになれなかったけれど、調律師になりました、というようなことが度々おこることが、暗禄という星だ。けれども、そこまで大きなはなしではなく、自覚ができない部分でも実は助けられている。

 

あなたはあなたが自覚しているよりも、実は器用なのだ。それはあなたの能力であり魅力である。

 

仮に誰かと衝突を起こしやすいとすると、それは、まだ本領を発揮するだけの経験を積んでいないからで、実際には、波乱万丈のなかで培った経験値を、過ちの次に生かすことができる。

 

「以前の職場では喋りすぎたな」こんどは聴き手に回ってみるか、そういう融通がつけられるのだ。すべての人にそれができるかといえばその限りではない。そうやって試行錯誤しながら前進していくことで磨きがかかるのが暗禄だ。 起承転結となっている瞬間瞬間をつなぐうえで、結の部分は「逆転」である。

 

ゆえにいろいろな状況から逃げ出すのはよいとして、広い意味では、人生観に手応えを掴んでいかねばならない。

 

じぶんにできること、できないことを摂取不捨していくことで、じぶんが価値のある道をみつけ邁進していけるようにだ。暗闇に一筋の光が灯る瞬間というやつは、最高なんだから。

 

 

おわりに

 

逆転の星「暗禄」波乱万丈だけど、幸福を感じられる、そんな特徴を信じてみるといい。

 

「暗闇のなか一筋の光が灯る」そう、あなたによるあなたの生き方が実を結びそうなるのだ。考えてもどうにもならないことは、万事塞翁が馬と捉えて、のんびり構えるのだ。現状のじぶんにできることをし、あとは運に任せるという格好で十分。プライドや見栄にとらわれず、じぶんにできることを探しているうちに意外な解決策が舞い込んでくるものだ。

 

あなたはあなたをするだけでよい。他の誰かの望むじぶんになる義務はなく、あなたの人生から発見した摂理に乗っとった道を選択するといい。

 

[関連記事]

天乙貴人、大極貴人、天徳貴人、どれが一番良いの?|あなたを守る貴人系の種類を解説 

十二運「絶」とは


f:id:tarookadato:20190618124127j:image

とにかく美しいものが好きで、「絶」の生き方には無防備ながら、ほかの星にはない根本的な純粋さを感じられる。 人生の捉え方はある意味で潔癖症だといえるほど独自の方向性のみを求める。例え寄り道をしても、必ず人生のどこかで垢をおとし、道徳心から、信念から、みずからが美しいと感じる道へ進もうとする。こんかいはそんな十二運「絶」の解説をする。

 

目次

 

十二運絶

 

この記事にたどり着いた読者のみなさまに、いまさら説明するまでもないけれど、十二運とは古代中国で生まれた運命学四柱推命における、運命の大まかな傾向を表す部分である。十二運は人間の一生で現されており、胎(胎児が宿った状態)からはじまり、帝旺(人生のピーク)まで登り、絶(魂の状態)まで巡る。

 

十二運にはそれぞれエネルギー数値があり、帝旺が12と最高値に対して絶は0(1ともいわれる)絶は魂の存在とされるため、魂の視点をもつ感性と想像力こそが、絶の才能だ。

 

 

絶の基本性格

 

絶の性格は、純粋無垢であり、人の裏をかいたり、駆け引きで社会を渡るタイプではない。一本気で、人をあまり疑わないのが、良し悪しである。

 

少々変わった印象を人に与えるけれど、裏表がない性格から、友人作りに積極的になれば、長く付き合う友人ができるケースもある。友人ができたさい、短絡的に口をついて出たことばが相手の信頼を損なうことがあるので注意してほしい。

 

また、懲り性でじぶんの好きなことにはとことんのめりこみ、いつしかその道の専門家となる側面も有している。ゆえにじぶんの世界に没頭する仕事、科学者や、作家、画家、占い師、カウンセラーなどが向いている。

 

多才だけど移り気、悪くいえば根気がないため割りと色々な分野に手をだして、すぐに投げ出すことが多い。絶の人生において、やりたいことを一つにしぼることは絶対に必要だ。

 

 

それぞれの柱にある場合

 

十二運「絶」とは、墓に入ったあと魂の存在となり、生活しているので、極限まで衰えた運気をもつ。厳しい冬が過ぎ、万物が芽を出そうともがいている状態だ。絶には、断絶、移住、浮き沈み、開拓などの意味がある。

 

年柱にある場合は、実家を離れる暗示があり、安泰を望むことが難しい、まさにジェットコースターの人生になる傾向がある。

 

月柱にある場合は、社会への適応が難しく、じぶを自身のちからで何かをやりとげることに向く。周囲から孤立しやすい傾向があるが、才能に恵まれる。

 

日柱にある場合は、人情家であるものの、短絡的な部分が目立つ、家庭との縁が薄い傾向にある。運の浮き沈みが激しい。月柱どうように、何かしらの才能に恵まれる。

 

時柱にある場合、頑固で融通がきかない部分が現れる。信念を押し通そうとする傾向もみられる。

 

 

絶の恋愛傾向

 

絶の恋愛傾向は男女ともどちらかといえば受け身である。まは、受け身であるか逆に相手が引くほど積極的かの両極端である。

 

絶は感覚的、直感的に相手を判断するため、パートナー選びには、潔癖症といえるほど、こだわる節がある。「この人だ」とおもうと、一直線なのだが、他は見向きもしない。

 

少し幼く、ロマンチストな印象を与えるけれどそういった部分を受け入れてくれる相手ならば最適だろう。

 

絶の開運方法

 

絶は無意識のうちに、物資欲に満たされることよりも、自身の美意識に沿った道を求めている。誰かのために何かをしてあげたい、金のためではなく、じぶんの理想を形にしたいとか、道を切り開くうえで感覚的な部分を重要視する。

 

ゆえに絶は、変化のないルーティンワークを退屈にかんじてしまう。専門性があり、じぶんの想像力や主体性が求められるようなクリエイティブな分野で活躍するのがよい。

 

人付き合いにおいては、じぶんの価値観を尊重してくれる人物と付き合い、否定的な会話を展開する人物とは離れたほうがよい。絶の感性は、別に万人に受け入れられる必要がない。

 

絶は直感に従って「日々絶モード」を送っていけば、運命が味方となり開運していくのだ。

 

絶が絶モードで生きること

 

絶は動物占いでは゛ペガサス゛にあたり、唯一架空の生き物だ。架空の生き物が、他の動物と競ってもしょうがないのである。それゆえ、絶は絶れ!だ。あなたを強制力のあることばで縛ろうとする人物の発言はまやかしだ。あなたの価値観を否定する人物は尊重の意味をしらないんだ。あなたをひやかす人物は内面が満たされていないんだ。

 

絶はどこまでもありのまま、きのままで、自身の直感を信じてすすむべき星だ。な~に、もし道に迷ったと感じたら、またそこから修正するだけの頭の柔らかさを持ちあわせているから大丈夫。あなたが変わっていても、やっていることが認められなくても、納得できるまで絶ってみることだ。

 

 

おわりに

 

十二運絶は衰えた運気のなかで、もがき、成長し、何かをみつけていく。運気の波が激しく度重なる試練があるからこそ、そういった研ぎ澄まされた感性や才能が磨かれるのだ。絶には運勢のパワーが欠けているが、欠けている部分こそが人が行動するうえでの原動力である。