てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐ご紹介するネタがなくなった時こそ視点を変えて四柱推命の記事を書くチャンス!


f:id:tarookadato:20200123181643j:image

四柱推命の書きたいネタがつきてしまった!なんて、ことはどんな人にも訪れることだ。ではネタがつきたとはどういうことだろう?現状の知識で書けることがない?もしくは、集客できるほどのネタがない。そんな時、解決策は簡単だ。゛いいから書き続けな!!゛それだけだ。  

 

■読者視点に立つことが重要

 

例えば、通変星について、十二運勢について書きつづけて、正直゛これ以上ネタがない゛という状態におちいるというのは理解できる。「占い」関係の記事は比較的、通変星についての記事なら通変星の記事を一生懸命書いている印象だ。で、ネタがなくなった…。そんな場合は、まず、書くことを一時ストップするのだ。そしてその期間に、読者がどのようなネタを欲しているかを理解していくことが大切だ。

 

例えば、四柱推命の記事を書いている場合において、読者視点の四柱推命の記事を書けているかどうかは微妙だ。

 

一生懸命「傷官」の記事を書いていたとしても、読者が興味をもつのは「傷官女性の性格」についてなのかもしれない。読者としたら感受性のつよい傷官女性にフォーカスをあてるかもしれない。

 

■読者の視点に立つ:2

 

四柱推命の様々なことを記事にして、もう書けることないよという方、では、読者が知りたいことはなんだろう?視点を変えてみると読者は゛お金持ち゛になる命式はどんなんだ?と考える。四柱推命の知識そのものではなく、そうしたニーズに答えることも必要。

 

読者とのニーズを推し量りながら、持ち前の知識を駆使して、相手に助言するのもありだろう。

 

■おわりに

 

四柱推命の記事を書くには基本的に、その内容に精通していなければならない。そのうえで、読者がどのような記事をもとめているかという忖度をすることは、書き手にとっても読手にとっもプラスになる場合が多い。

60干支表/該当する生年月日、五行の組み合わせ、九星、本命卦なども記載


f:id:tarookadato:20200121225103j:image

60干支の表を作ってみた。干支から簡単な情報がほしいと感じる人はどれだけいるだろう。いろいろな占いにて活用してもらいたいので、こんかいは、生年月日、九星、本命卦、算命の要素も取り入れているのでぜひご参考に。

 

 

■60干支表

(干支は全部で60、甲子からはじまり、癸亥までで一巡する。生年月日を2つ記載しているのは、二巡したものを掲載している。例えば、甲子ならば1924年生まれの人1984年生まれの人が該当する)

 

1:甲子(きのえね)生年月日1924/1984

<五行/春の木(陽)×冬の水(陽)・1924年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・1984年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

2:乙丑(きのとうし)生年月日1925/1985

<五行/春の木(陰)×土用の土(陰)・1925年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・1985年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

3:丙寅(ひのえとら)生年月日1926/1986

<五行/夏の火(陽)×春の木(陽)・1926年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・1986年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎>

4:丁卯(ひのとう)生年月日1927/1987

<五行/夏の火(陰)×春の木(陰)・1927年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・1987年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

5:戊辰(つちのえたつ)生年月日1928/1988

<五行/土用の土(陽)×土用の土(陽)・1928年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・1988年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

6:己巳(つちのとみ)生年月日1929/1989

<五行/土用の土(陰)×夏の火(陰)・1929年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・1989年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

7:庚午(かのえうま)生年月日1930/1990

<五行/秋の金(陽)×夏の火(陽)・1930年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・1990年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮>

8:辛未(かのとひつじ)生年月日1931/1991

<五行/秋の金(陰)×土用の土(陰)・1931年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・1991年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾>

9:壬申(みずのえさる)生年月日1932/1992

<五行/冬の水(陽)×秋の金(陽)・1932年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・1992年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌>

10:癸酉(みずのととり)生年月日1933/1993

<五行/冬の水(陰)×秋の金(陰)・1933年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・1993年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

11:甲戌(きのえいぬ)生年月日1934/1994

<五行/春の木(陽)×土用の土(陽)・1934年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・1994年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・通常異常干支(日座空亡)>

12:乙亥(きのとい)生年月日1935/1995

<五行/春の木(陰)×冬の水(陰)・1935年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・1995年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・通常異常干支(日座空亡)>

13:丙子(ひのえね)生年月日1936/1996

<五行/夏の火(陽)×冬の水(陽)1936年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・1996年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

14:丁丑(ひのとうし)生年月日1937/1997

<五行/夏の火(陰)×土用の土(陰)・1937年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・1997年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

15:戊寅(つちのえとら)生年月日1938/1998

<五行/土用の土(陽)×春の木(寅)・1938年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・1998年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

16:己卯(つちのとう)生年月日1939/1999

<五行/土用の土(陰)×春の木(陰)・1939年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・1999年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮>

17:庚辰(かのえたつ)生年月日1940/2000

<五行/秋の金(陽)×土用の土(陽)・1940年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・2000年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾>

18:辛巳(かのとみ)生年月日1941/2001

<五行/秋の金(陰)×夏の火(陰)・1941年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・暗号異常干支・2001年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・暗号異常干>

19:壬午(みずのえうま)生年月日1942/2002

<五行/冬の水(陽)×夏の火(陽)・1942年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・暗号異常干支・2002年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

20:癸未(みずのとひつじ)生年月日1943/2003

<五行/冬の水(陰)×土用の土(陰)・1943年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・2003年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

21:乙申(きのとさる)生年月日1944/2004

<五行/春の木(陰)×秋の金(陽)・1944年九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・2004年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎>

22:乙酉(きのととり)生年月日1945/2005

<五行/春の木(陰)×秋の金(陰)・1945年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・2005年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

23:丙戌(ひのえいぬ)生年月日1946/2006

<五行/夏の火(陽)×土用の土(陽)・1946年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・2006年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・暗号異常干支>

24:丁亥(ひのとい)生年月日1947/2007

<五行/夏の火(陰)×冬の水(陰)・1947年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・2007の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽。・暗号異常干支>

25:戊子(つちのえね)生年月日1948/2008

<五行/土用の土(陽)×冬の水(陽)・1948の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・2008年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・暗号異常干支>

26:己丑(つちのとうし)生年月日1949/2009

<五行/土用の土(陰)×土用の土(陰)・1949年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・2009の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾>

27:庚寅(かのえとら)生年月日1950/2010

<五行/秋の金(陽)×春の木(陽)・1950年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・2010の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌

28:辛卯(かのとう)生年月日1951/2011

<五行/秋の金(陰)×春の木(陰)・1951年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・2011年の九星は/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

29:壬辰(みずのえたつ)生年月日1952/2012

<五行/冬の水(陽)×土用は(陽)・1952年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・2012年の九星は/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

30:癸巳(みずのとみ)生年月日1953/2013

<五行/冬の水(陰)×夏の火(陰)・1953生まれ九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・2013年の、九星は/五黄土星、暗号異常干支>

31:甲午(きのえうま)生年月日1954/2014

<五行/春の木(陽)×夏の火(陽)・1954年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・2014年の九星は/四緑六星・本命卦/=男…巽、女…坤>

32:乙未(きのとひつじ)生年月日1955/2015

<五行/春の木(陰)×土用の土(陰)・1955年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・2015年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

33:丙申(ひのえさる)生年月日1956/2016

<五行/夏の火(陽)×秋の金(陽)・1956年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・2016年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

34:丁酉(ひのととり)生年月日1957/2017

<五行/夏の火(陰)×秋の金(陰)・1957年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・2017年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮>

35:戊戌(つちのえいぬ)生年月日1958/2018

<五行/土用の土(陽)×土用の土(陽)・1958年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・2018年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・通常異常干支>

36:己亥(つちのとい)生年月日1959/2019

<五行/土用の土(陰)×冬の水(陰)・1959年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・2019年九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・暗号異常干支>

37:庚子(かのえね)生年月日1960/2020

<五行/秋の金(陽)×冬の水(陽)・1960年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・通常異常干支・2020年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

38:辛丑(かのとうし)生年月日1961/2021

<五行/秋の金(陰)×土用の土(陰)・1961年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・2021年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

39:壬寅(みずのえとら)生年月日1962/2022

<五行/冬の水(陽)×春の木(陽)・1962年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・2022年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎>

40:癸卯(みずのとう)生年月日1963/2023

<五行/冬の水(陰)×春の木(陰)・1963年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・2023年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

41:甲辰(きのえたつ)生年月日1964/2024

<五行/春の木(陽)×土用の土(陽)・1964年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・2024年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

42:乙巳(きのとみ)生年月日1965/2025

<五行/春の木(陰)×夏の火(陰)・1965年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・2025年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

43:丙午(ひのえうま)生年月日1966/2026

<五行/夏の火(陽)×夏の火(陽)・1966年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・2026年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮>

44:丁未(ひのとひつじ)生年月日1967/2027

<五行/夏の火(陰)×土用の土(陰)・1967年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・2027年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾>

45:戊申(つちのえさる)生年月日1968/2028

<五行/土用の土(陽)×秋の金(陽)・1968年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・2028年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌>

46:己酉(つちのととり)生年月日1969/2029

<五行/土用の土(陰)×秋の金(陰)・1969年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・2029年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

47:庚戌(かのえいぬ)生年月日1970/2030

<五行/秋の金(陽)×土用の土(陽)・ 1970年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・2030年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

48:辛亥(かのとい)生年月日1971/2031

<五行/秋の金(陰)×冬の水(陰)・1971年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽・2031年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・通常異常干支>

49:壬子(みずのえね)生年月日1972/2032

<五行/冬の水(陽)×冬の水(陽)・1972年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・2032年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

50:癸丑(みずのとうし)生年月日1973/2033

<五行/冬の水(陰)×土用の土(陰)・1973年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・2033年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

51:甲寅(きのえとら)生年月日1974/2034

<五行/春の木(陽)×春の木(陽)・1974年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・2034年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

52:乙卯(きのとう)生年月日1975/2035

<五行/春の木(陰)×春の木(陰)・1975年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮・2035年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮>

53:丙辰(ひのえたつ)生年月日1976/2036

<五行/夏の火(陽)×土用の土(陽)・1976年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離・2036年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾>

54:丁巳(ひのとみ)生年月日1977/2037

<五行/夏の火(陰)×夏の火(陰)・1977年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎・2037年の九星/八白土星・本命卦/男艮、女…兌・通常異常干支>

55:戊午(つちのえうま)生年月日1978/2038

<五行/土用の土(陽)×夏の火(陽)・1978年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤・2038年の九星/七赤金星・本命卦/男…兌、女…艮>

56:己未(つちのとひつじ)生年月日1979/2039

<五行/土用の土(陰)×土用の土(陰)・1979年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震・2039年の九星/六白金星・本命卦/男…乾、女…離>

57:庚申(かのえさる)生年月日1980/2040

<五行/秋の金(陽)×秋の金(陽)・1980年の九星/二黒土星・本命卦/男…艮、女…巽・2040年の九星/五黄土星・本命卦/男…坤、女…坎>

58:辛酉(かのととり)生年月日1981/2041

<五行/秋の金(陰)×秋の金(陰)・1981年の九星/一白水星・本命卦/男…坎、女…艮・2041年の九星/四緑木星・本命卦/男…巽、女…坤>

59:壬戌(みずのえいぬ)生年月日1982/2042

<五行/冬の水(陽)×土用の土(陽)・1982年の九星/九紫火星・本命卦/男…離、女…乾・2042年の九星/三碧木星・本命卦/男…震、女…震>

60:癸亥(みずのとい)生年月日1983/2045

<五行/冬の水(陰)×冬の水(陰)・1983年の九星/八白土星・本命卦/男…艮、女…兌・ 2045年の九星/二黒土星・本命卦/男…坤、女…巽>

 

結婚式を挙げるなら?占いから生まれた「六曜」、「十二直」、「二十八宿」から分かる、祝い事、慶事に適した日


f:id:tarookadato:20200121194128j:image

さて、六曜というのはみなさまご存知カレンダーに書かれてある「友引とか仏滅」というやつだ。お葬式の場合には仏滅といった具合にわれわれには馴染みが深い。六曜はもともともとは占いがベースとなっている。こんかいは六曜以外に、占いをベースとする十二直、二十八宿といわれるものから結婚式を挙げるにふさわしい日、慶事によい日などをみてみよう。結果のみを知りたい方は下のほうのまとめを読んでいただきたい。

 

 

六曜とは?

 

六曜鎌倉時代室町時代に中国から伝来。「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」と6つに分類されているのは、有名な五行説と並んで有名だった六行説がベースになっているからだ。六曜は六行説をベースに吉凶占いとして現在も存在している。

 

・先勝(せんがち)……゛先んずれば勝ち゛午前中が吉、午後が凶といわれ、急ぎの用や願い事は早ければ幸運をつかむといわれている。

・友引(ともびき)……゛進まず引かず、勝負がつかない゛どっちつかずの日のことで吉も凶もない。だが災いが友人におよぶ日でもあり、葬儀はさけたほうがよい。朝夕が、吉。正午を凶。

・先負(せんまけ)……゛さきんずれば負け゛勝負事、急用はひかえて、ゆっくり過ごすにかぎる。午前中は凶、午後は吉。

・仏滅(ぶつめつ)……空しく亡ぶが転じて物滅、そして仏滅になった。移転や新規のことは避けるべき日。この日の凶事は長引く。

・大安(たいあん)……゛おおいに安んず゛六曜のなかで最大の吉日。新規事業などこの日に新しいことをはじめれば、良い運気がついてその後も物事がよく進む。結婚、移転もよい。

赤口(しゃっこう)……けがの暗示あり。火や刃物のあつかいには用心を。さまざまなことに支障があらわれ、祝いは大凶。午の刻だけが吉、そのほかは凶といわれている。

 

■十二直とは?

十二直とは北斗七星が北極星のまわりを回転する動きと十二支を配した方位を結んで、12種類の日の吉凶を導きだしたもので、日本最古の暦にも記載されている。十二直は「建、除、満、平、定、執、破、危、成、納、開、閉」の順につづき、循環する。建を、2月(寅月)なら立春後最初の寅の日に、3月(卯月)なら啓執後、最初の卯の日に置くという具合で続いていく。

 

・建(たつ)……新規事業にぴったりの日。物事が生じる日で開転、移転、結婚に向いている。乗船NG/改築NG/土を動かす事NG

・除(のぞく)……ものを捨てたり、治療や、神事とすべて吉。悪しきことを避ける日であるため、大掃除にも最適。

・満(みつ)……万物が満ちあふれる日であるため、旅行、結婚、改築、祝日すべて吉。たださし土を動かす事NG

・平(たいら)……平和な日。おおきな吉も凶もなく、相談事はうまくいく。地固めや祝い事は吉。穴を掘る行いは凶。

・定(さだん)……結婚、建築、開店に吉。物事が定まる日。ただし起訴NG/旅行NG

・執(とる)……作物の刈りとりなど吉。物事を執り行う日。建築、祝い事、結婚は吉だが、財産整理は凶。

・破(やぶる)……゛突破できる日゛裁判や勝負事は吉。狩や漁も吉。結婚は゛破れる゛として大凶。

・危(あやぶ)……危険を意味する日。高所作業、乗り物、旅行は凶。自重を必要とする日。

・成(なる)……新しいことを行うのが吉。物事が成就するとされる日で、開店、結婚、建築などが吉。ケンカは凶。

・納(おさん)……作物を納めるなど、収納するのに最適日。入学、結婚、建築が吉。葬儀はあまりよくない。

・開(ひらく)……゛立ちはだかる難が開かれ、あとにつづく人々に道を開く゛習い事や移転、結婚が吉。葬儀は凶。

・閉(とず)……閉じる意味があること、墓をたてる、池や穴をうめるのは吉。陰陽の気が通じず、物事が閉じ込められるため、発展をのぞむことは避けたほうがよい。

 

 

二十八宿とは?

古代インド、中国で考案された手法で、天文学占星術に用いられた。月の軌道を28分割したのが二十八宿である。二十八宿は東西南北を守護する四神「東=青龍」、「北=玄武」、「西=白虎」、「南=朱雀」と、七宿ずつに分けられている。

 

<東、青龍七宿>

・角(かく)……衣類の仕立て、結婚、祝い事は吉。葬儀は大凶。

・亢(こう)……祝い事、造作、移転は吉。旅行は凶。

・てい(てい)……開業、移転は吉。衣類の購入は凶。

・房(ぼう)……旅行、神事、結婚すべて大吉。

・心(しん)……帰省、神仏祭祀は吉。旅行、葬儀は凶。

・尾(び)……結婚、開業に大吉。衣類の仕立ては吉。

・箕(き)……開店、造作が大吉。葬儀は凶。

<北、玄武七宿>

・斗(と)……吉日。建設事に大吉。

・牛(ぎゅう)……供養、神仏の参拝に吉。ほかのことをするのはあまりよくない。

・女(じょ)……凶日。開店、移転は凶。葬式は大凶。

・虚(きょ)……大凶の日。とくに造作、葬式は避けたほうがよい。

・危(き)……凶日。結婚、移転、造作が凶。

・室(しつ)……結婚、祝い事は大吉。葬儀は大凶。

・壁(へき)……大吉日。新築、結婚、造作は吉。

<西、白虎七宿>

・けい(けい)……衣類の仕立て大吉。芸事のはじめ、衣類の新調は吉。移転は凶。

・婁(ろう)……大吉日。衣類の着はじめ、結婚は吉。

・胃(い)……大凶の日。とくに葬儀、衣類の仕立ては大凶。

・昴(ぼう)……すべてに大吉日。

・畢(ひつ)……大吉日。建築、移転などに吉。

・觜(し)……大凶の日。万事に用いぬように。

・参(しん)……建築、開店、結婚、縁談は吉。葬式は凶。

<南、朱雀七宿>

・井(せい)……平安日。結婚、造作は吉。葬儀は凶。

・鬼(き)……すべて吉。

・柳(りゅう)……平安日。種まき、修繕は吉。結婚は凶。

・星(せい)……凶日。結婚、祝い事、種まき、葬式はとくによくない。

・張(ちょう)……吉日。結婚は大吉。衣類の仕立ては吉。

・翼(よく)……凶日。万事に凶。種まき、樹木の植え替えは吉。

・軫(しん)……吉日。結婚、移転は吉。衣類の仕立ては凶。

 

 

六曜、十二直、二十八宿からみる結婚などのお日柄

 

<どんなときもよいお日柄>

六曜……大安

・十二直……なし

二十八宿……壁、婁、昴、畢、鬼

<法事や墓参りに適した日>

六曜……大安

・十二直……建、満

二十八宿……房、牛、壁、婁、昴、畢、鬼、軫

<デート、結婚式、見合いに適した日>

六曜……大安

・十二直……建、満、執、成、開

二十八宿……角、亢、てい、房、尾、室、壁、婁、昴、畢、参、井、鬼、張、軫

<就職や転職によい日は>

六曜……大安

・十二直……成、開

二十八宿……てい、房、尾、壁、婁、昴、畢

<留学や旅行によい日は>

六曜……大安

・十二直……建、満、定、開

二十八宿……てい、房、壁、婁、昴、畢、鬼、張

 

■おわりに

 

六曜、十二直、二十八宿などから、行う行事や旅行などの日取りを考えてもよいかもしれない。