受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。