てくてくちとせ

鑑定・講座のお問い合わせは私のアドレスまで「ブログを見ました」とご連絡ください。アドレスotaro905@gmail.com 鑑定料金は一回4000円です。詳しくは゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください

天干地支

実業家タイプ?甲申絶は直感とひらめきでねばり強く人生にチャレンジするべし!

日柱が甲申絶の人には不思議な魅力がある。その魅力を形成しているのは、本人の生き方そのものだ。甲申絶は多才ということばがピッタリで、能力や経験を生かそうとして、人生に幾度もの変転が生じるのが特徴である。こんかいは甲申絶について書いてみたい。 …

才覚を生かせ!癸未墓の性格は男女でちがうが感性が素晴らしい

オセロって白と黒で行うゲームはご存知だろう。なんでオセロかって?癸未墓の人の感性って、どこか清いんだよね。感受性が鋭いとか、研ぎ澄まされたものを持ってるというよりも清い。日柱が癸未墓の人をよくよく観察していると、そういった清い部分が他人を…

四柱推命‐とても簡単!壬午「胎」の成功法則は◯◯をする事!

日柱が壬午胎はなかなか活発な人物だ。自身がこれだ!と決めたことには、一直線に、また果敢に挑んでいく。壬は水、午は火の五行にあたるが、相容れそうにない水と火の要素がからむくらいの、非常に個性的な人物である。こんかいは日柱が壬午胎の人について…

四柱推命‐優れた直感をもつ「辛卯」‐「絶」が持つ可能性は多枝にわたる

辛卯と絶の組み合わせについて、以前から書きたいと思っていた。辛卯‐絶はよくもわるくも平凡ということばが似合わない。テニスの大阪なおみさん。美輪明宏氏、元メジャーリーガーの鈴木一郎氏など、辛卯‐絶の人は、独自の感覚的世界を持っている。知性、感…

四柱推命ー甲が3つあるんだけど?気になった人に解説

甲(きのえ)と読むこの漢字が命式にある場合で、あれ?3つも甲が入ってるぞ!と感じていらっしゃる方もいるだろう。まず、特別変わったことではないのでお気になさらず。さて、こんかいは命式に甲が3つ入っている場合のおはなし。 ■甲が3つあるんだけど?…

四柱推命‐素がとっても魅力的!丙子「胎」の性格をいかした生き方とは?

丙子「胎」ときくとはじめにおもい浮かぶ人物がジャーナリストである池上彰さん。金融についてなどの著者を沢山出版されており、誰が読んでも1から分かる内容になっている。自身の主張よりも伝わること重視。丙子「胎」の人は周囲の事情をくみ取る優しさが…

四柱推命‐「己亥」はプライドが高く孤独を感じやすい|タイミングを見計らって行動することが開運への道

己亥(つちのとい)といえば、暗号異常干支のひとつである。己亥の人物像としては霊感がつよく、危機回避能力に優れており、それでいて自身をアピールすることが上手というカリスマタイプである。こんかいは己亥の性格について書いてみたい。 ↓鑑定のご依頼…

四柱推命‐丁亥は精神世界で生きている人

丁亥の人は例えるならば、゛冬の水辺に浮かぶ、消え入りそうなロウソクの火゛という絵面になる。以前ご紹介させていただいた乙亥含めて絵面が過酷な干支は、非凡な才能を発揮する人が多い。また、丁亥は霊感が強い干支といわれている。もっと現実的に咀嚼す…

四柱推命‐気性の激しい「庚」穏やかな「辛」一見異なる性格だけど!?金の人が分かる話

庚と辛は共に、五行が表すように金の性質である。庚が「刃物」、辛が「宝石」になぞらえられるように、性質も雰囲気もまるで違う。だけど、兄弟星だけあって、実際には心の深いところの見た目は似ているのだ。こんかいは日干が庚と辛の人について掘り下げ、…

四柱推命‐日干が「戊」の場合は性格がもっとも趣味に出る

日干が戊(つちのえ)さんは、岩石に例えられる。頑固だけど、基本的にはおおらかで、優しいことから憎めない人物だ。とにかく戊にとっての人生は地盤固めが基礎になる。一つのことを始めようとすれば、必ず、少しずつ計画していって時間をかけて、やりたい…

四柱推命‐才能の塊「癸亥」はこまめに貯金するよりも自分に投資する生き方が向いている

いざという時のための貯金!という発想が似合わないのが癸亥に当てはまることだ。癸亥(みずのとい)は最強のポテンシャルをもっている干支といっても過言ではない。多才であり、また一芸に秀でている。癸亥の女性は冷静な性格ながら感性豊か。一方で癸亥の…

四柱推命‐天才「乙亥」異常干支と呼ばれる独自の世界観とは?

干支のなかには異常干支(いじょうえと)と呼ばれる干支がある。異常干支はその特徴として、先見の明や、インスピレーションといった感覚としての力を授かる一方で、精神的に孤独を抱えやすく、通常の干支ではみられない個性が発揮される。知人から「あなた…

四柱推命‐灯火と表現される日干が「丁」(ひのと)の友人は優しいが、内面は大きな情熱を秘めている

丁(ひのと)とは火を表す天干である。いうなればロウソクの火、人の道を照らしてくれるような灯火だ。青く揺れる希望を彷彿させる。優しくて、それでいて内面は情熱があるタイプが多い。日干での占いもなかなか人の本質を表していると考えていたら、知人、…

四柱推命‐「乙」を正確に性格判断!日干を知り効率的な人生設計をする

4つある柱のなかで、日干(生まれ日の天干)は゛自己゛を表しており、あなたという人物の性格を判断するうえで、もっとも信憑性が高い場所である。『乙』(きのと)は草木のような柔らかく柔軟な人物。乙とは、あなたを自然界の木(草木)で表したもので、…

四柱推命‐日干による性格判断「甲」さんは褒めると伸びる人

甲(きのえ)とは何なのか?というと、一言でいえば゛木゛を表している。自然界の草木のなかでも真っ直ぐ伸びる樹木。命式の日干と書かれている場所に゛甲゛と書かれている場合はあなたは木の性質の人。木のようにまっすぐで、誠実な性格で優しい性格をして…

四柱推命‐命式の天干、地支が入る8ヵ所にそれぞれに意味がある

四本の柱にはそれぞれ意味が定義されていることはご存知だろう。年、月、日、時の柱にはそれぞれどのような人の影響をどのような時期に受けたかがわかる。一方、四本の柱の下にそれぞれ四つづつならぶ天干と地支にも柱のようにそれぞれ意味があるのだ。 ■四…

四柱推命ー「魁ごう」は天才!?ふつうの人が唖然とする極端な性質をもつ

「魁ごう」という星は吉にも凶にもなる、扱いが難しい星だ。思いきりがよく、頭脳明晰、そして特定の分野で国内、海外問わず常識はずれのパワーで活躍できる。一方で自身でコントロールできないような、激しい運気を持ちあわせており、浮き沈みの多い人生と…

四柱推命‐壬(みずのえ)癸(みずのと)と読みます|二つの水属性の性格や特徴は!?|自由を愛する兄弟星を語る

もしかしてそこのあなた!壬(みずのえ)もしくは癸(みずのと)の情報をお探しだろうか?さては命式からみつけて検索をかけてみたか?四柱推命に登場する漢字はふだん馴染みのない読み方の漢字ばかりだ。 壬、癸の二つは、木、火、土、金、水のうち属性が水…

四柱推命‐十二支のそれぞれの個性的な性格

令和になってから、あれ今年の干支はなんだっけ?とふと考えた。年末になればその年のかわいい干支のキャラが印刷されたハガキが店頭に並ぶ。四柱推命で十二支は地のエネルギーをあらわす重要なファクターだ。こんかいは十二支からみた性格をご紹介する ↓ 鑑…

四柱推命からみた丙午の特徴|イメージや迷信はほんとう?

四柱推命では「過ぎたるは及ばざるごとし」という命式がたくさん存在する。 例えば印綬過多は凶意がつよい。偏印と食神はおなじく才能の星だが、偏印が食神を剋してしまう「倒食」という凶意がうまれる。そんななかなぜ「丙午」の凶意が目立つかといえば一重…

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>