てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐天才「乙亥」異常干支と呼ばれる独自の世界観とは?


f:id:tarookadato:20200113230529j:image

干支のなかには異常干支(いじょうえと)と呼ばれる干支がある。異常干支はその特徴として、先見の明や、インスピレーションといった感覚としての力を授かる一方で、精神的に孤独を抱えやすく、通常の干支ではみられない個性が発揮される。知人から「あなたの命式に乙亥が入っているよ」と知らされて知った。

 

 

■乙亥とは?

 

乙亥(きのとい)は十二番目に位置する干支で、通常異常干支と呼ばれることもある。イメージとしては冬場の水辺にたゆたう草木であり、それだけで精神的に過酷な場所に身を置いているのがわかる。ギリギリの状態のなかで、芽を出すには突出した個性を持つにいたる。

 

個性としては、一つに日座空亡といって、甲戌どうように、通常の結婚に問題が発生しやすいというものがある。海外結婚や歳の差婚などのように、ふつうとは異なる結婚であれば、凶意が現れない。日座空亡の場合は、家族という枠組みを形成する概念がもてないがために、友達のようであったり、自由な家族関係がしっくりくる。もう一つに、十干の乙は木の陰、十二支の亥は陰の水のであるため、日主が男性の場合は陰の性質。

 

■乙亥は天才

 

ぼくは命式に乙亥が入っていると教えられて調べた結果、時柱に入っていた。乙亥を含め異常干支は日柱へでる影響がもっともつよい。そう、ぼくは天才ではなかった。さて、日柱に乙亥がある場合、状況を構成する力が卓越する。それはひとえに、゛結果から評価を受けるのが難しい゛という最大の個性から引き出されたものだ。

 

自身のなかで実績が積み上げられないために精神的に常に乾いている状態だ。結果ではなく、過程のなかからベストな現状を作り出すため、アーティストであれば、凄く直感にうったえかけてくるメロディを創作したりする。凍えそうな、草木が凍りつきそうななかで、研ぎ澄まされた感性によって芸術が生み出されてゆく。

 

性格的な側面としてはこだわりがつよく、感情を整理することが下手で、葛藤を抱えやすい。そうした内面と、表現力のバランスが際どく内在することによって天才的な才能を発揮する。有名人でいえば、B'zの稲葉浩志さんや、女優の吉田羊さんが乙亥にあたる。

 

■おわりに

 

乙亥の有名人のみなさまは、やはり納得の顔ぶれで、その才能をいかんなく発揮されているようにおもう。