てくてくちとせ

鑑定・講座のお問い合わせは私のアドレスまで「ブログを見ました」とご連絡ください。 アドレスotaro905@gmail.com

四柱推命ー配置がすごく大切な八相局とは?/組み合わせ別に特徴を解説する

八相局(はっそうきょく)ってなんだか、格闘ゲームの必殺技みたいじゃない?そもそも、四柱推命に登場するネーミングは技っぽい。考えてみたら自分自身が八相局の命式だったりするので、今さらながら書いてみたい。八相局とはなんぜよ?

 

▼▼鑑定のご依頼はこちらから▼▼

coconala.com

 

■:八相局とは?

 

八相局とは、命式の半分以上が同性五行で構築された命式のことである。

 

例えば極端にいえばこのようなものをいう。

 

時日月年 (日主)

壬壬壬壬 比肩/比肩/比肩/比肩

子子子子 比肩/比肩/比肩/比肩

 

目が痛くないだろうか。見事なんだけど。

比肩、比肩、比肩、比肩………と続いている。DIO様の無駄 無駄 無駄 無駄……みたい。(昔のマンガです。)

 

上記に似たような命式は結構存在する。比劫星ばかりが並ぶ八相局であれば、人生のなかで身体を用いることが多い。そして、天干に比劫が並ぶ八相局の場合は自分の我がつよい傾向である。人からみてもそのように見える。

 

・比劫に限らず、例えば食傷が命式の半分以上をしめる場合も八相局だ。

 

・財星、官星、印星が半分以上をしめる場合も八相局である。

 

・配置場所なんかは関係なく、命式に同じ星が5つ以上がならべば八相局になる。

 

・他には同じ星が5つとちょこちょこ星の星が散らばる場合も八相局が成立する。

 

 

例えば以下も八相局

 

時日月年 (日主)

乙乙乙乙 比肩/比肩/比肩/比肩

酉酉酉酉 偏官/偏官/偏官/偏官

 

オセロゲームみたいだな、おい。

上半分が比肩で、下半分が偏官である。このような八相局であれば、日主とほかの通変星の関係が述べにくい。命式の上下で、このような組み合わせは、「自分とその通変星との縁がつよくなる」傾向である。例えば、上の命式であれば、本人と仕事の関係を意味しやすい。また、比肩と食傷ばかりであれば本人と、技術性や表現性の関わりが深いという特徴だ。

 

 

バランスの良い八相局

 

時日月年 (日主)

乙甲壬壬 劫財/比肩/偏印/偏印

卯申寅寅 劫財/偏官/比肩/比肩

 

あら、控え目ですこと。

このような、ちょこちょこ対象と異なる五行が散らばる命式であれば、八相局というものを取り入れて考える必要がない。もはや、格局の特徴といえるものが探し辛いからだ。別に八相局とか、いわなくてもよくね?となる。極端に偏った八相局であれば、日主と対象となる通変星の仲良しぶりを語れるが、上のような命式ではもっと広く命式を考察する必要がある。

 

無敵の八相局の並びを考えてみた。

 

時日月年 (日主)

甲丁乙甲 印綬/比肩/偏印/印綬

寅卯亥午 印綬/偏印/正官/比肩

 

比劫と印星の相乗効果が高くて、頭がよく、本人にリーダーシップもある。この八相局には上記のように、非常に質の良いタイプもあるが、全部が良いものとは限らない。

 

 

■:配置や寒暖燥湿は大切!良い八相局、良くない八相局

 

これは少し難しい話だが、良い八相局の条件として、

 

まず゛寒暖燥湿(温度とか全体のバランス) がとれている゛ことだ。

冷たすぎる配合や、暑すぎる配合では命式が発展しにくい。

 

つぎに゛多くをしめる通変星が命式をたすけている場合゛だ。例えば身弱で財星が多すぎるとよくない。逆に比劫が多くて、財星を本人が管理していたら、お金の面で良い命式だ。

 

八相局であっても、ようは命式のバランスが崩れていてはいけない理屈になる。このあたりのロジックが四柱推命を学ぶ人が挫折する原因になりそうな気がする。

 

ようは結論として、四柱推命においては、偏った命式であっても色々とバランスがとれている命をが良い命式なのだ。

 

■:終りに

 

なんだか、オセロやテトリスっぽい構成の八相局だ。八字のそれぞれの配置に制限をもうけて、食傷が有効に働く八相局!何て作ってみても楽しいかもしれない。わくわく。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>