てくてくちとせ

※2022年の鑑定の受付は12月5日で、一旦お休みをいただきます。再開は2023年1月6日より再開いたします。本年もお世話になりました。鑑定については”鑑定のご案内”という記事をお読みください 料金は5000円です。     「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。→ otaro905@gmail.com            

四柱推命−両極端な「偏官」の特徴を押さえて生かしてみよう

f:id:tarookadato:20191011125656j:image

『偏官』という星は比肩から数えて7番目にあたる星で、゛七サツ゛と呼ばれる著しく偏りが激しい星である。偏官の特徴として、「威厳、名声、執行力、権威性」といったものが含まれており、偏官が良い働きをすれば社会の中で名声を得られやすいが、良くない働きをすれば、身を剋す災いとなる。つまり偏官持ちは運の良し悪しがハッキリとしやすい傾向である。偏官が命式でラッキーな部分を持つのか、アンラッキーな部分を持つのかは、命式鑑定のプロでなければ判断が難しい。

 

偏官という星の本質は、日主の身を剋す、つまり弱める作用を持つがために、本人に逆らう星ともいえる。この偏官という星は制御することが望ましく、強すぎれば、災いとなりやすい。身を剋すということは日主に試練を与えるということにもなる。偏官という星を出世や成功に結びつけるためは、その強烈な本質を抑えたり、他の星との組み合わせによって凶意を薄めるという形での変化を必要とする。偏官が多すぎれば、人生がスムーズに進みにくく苦労やストレスになりやすい。何故なら日主に逆らう星だからだ。

 

 

 

↓ 鑑定のご依頼はこちらから ↓

coconala.com



 

 

偏官にとって偏印と印綬、学びの星が偏官の野生に理知を与えて、原動力を生かす吉星となる。偏印、印綬が加わるということは偏官のエネルギーの流れがコントロールされて、進歩し、均整のとれた人間性を養うことに他ならない。官の剋を印で解くといって節度があり、節目ただしい人となりやすい。印星の中和に合うことで偏官の持つ権威性という部分が生きてくる。偏官という星が命式に多数存在すれば、他の通変星との兼ね合いや日主との力加減をみなければならない。そういうことから、書物などでは”暴れ馬”に例えられることがあるが誤解がないように意味をしっかり書いてもらいたい。世の中的な権威を欲する場合は、手綱をしっかり握らねばならない。命式内では一番気をつけてみなければならない。

 

偏官は子供を表す星でもある。女性が妊娠をすれば身体を剋すことから偏官が子供に例えられるのである。だからといって偏官を持つ人が子供っぽいわけではない。偏官が日主にとって吉と働けば、自分の能力等を生かしやすくなる。偏官が偏官らしい方法で武勲を立てるのであれば、他の星の助けを得ることは必須である。偏官という星を日主が従えた場合は人生での功績と関係しやすくなるため、重要な役割りを持った星といえるだろう。

 

裁判官、競技選手、その他権威的な仕事に適性がある。

 

また、身弱で偏官が多くあれば日主が荒れる。精神的な負荷を抱えやすく、気苦労を抱えやすくなる。「心配症な反面、物事を真面目に考えて遂行しようとする」ので疲れやすくなる。日主が逆に偏官に振り回されやすくなりからだ。偏官を抱える命式は身がつよい方が本来は好ましい。身旺で、偏官が少なく弱いことが望ましい。基本的に日主自身が通根しており強さがあり、かつ身が旺じるとその恩恵を受けやすく、社会的に活躍しやすくなる。もし、命式に偏官が多すぎて困っている人は、偏官を剋すか洩らすパワーストーン等のアイテムを持たれると運があがりやすい。

 

 

■おわりに

 

偏官はよくもわるくもタフで活動的な星だ。子供の星でもあり、それを管理し、方向性を見いださせてやる必要がある。それが日主の勤めでもある。偏官が命式に多すぎる人は無理をしないでほしい。偏官は他の星にはないほどのバイタリティーをもち、競争心旺盛なため、星の特徴を生かすことができれば、社会的な地位や立場と繋がるていう方法で成功を手にする可能性をもつ。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>