てくてくちとせ

占星術について書いていきます

2019-09-05から1日間の記事一覧

四柱推命‐月令を得るという意味を順を追ってわかりやすく説明

四柱推命について勉強するとき、よく「月令を得る」ということばを耳にするはずだ。月令を得た場合~とか…。だけど具体的にどういう意味なの?調べてもピンとこないひと向けにわかりやすく月令を得るという意味を説明する。3分ほどで読める内容なのでご覧い…

四柱推命‐凶意のつよい、飛刃、咸池、隔角をどう生かす?

四柱推命の特殊星のなかには、「これ凶の意味しかないやん」と嘆きたくなるようなものがある。それが、飛刃、咸池、隔角がそうだ。だが、四柱推命では物事は必ず裏と表といった陰陽の関係でなりたっていると説く。この三つの特殊星も苦難とともに本人に気付…

ラッキー?アンラッキー?両極端な「偏官」の特徴を押さえて生かしてみよう

偏官(へんかん)という星は開放的で、それでいて一種の危うさを秘めている。偏官を例えるなら美男美女ということばがふさわしい。きれいなバラにはトゲがあるとはいうけれど、偏官はまさにそれ。命式に偏官がある場合には吉にも凶にも作用するというバラン…

四柱推命‐名前が怖い、血刃、囚獄、劫サツ、とはどんな星?

特殊星のなかには名前が怖い星が多い。実際に凶意のつよいものもあれば、吉凶りょうほうの意味を兼ねたものもある。さて、こんかいご紹介する血刃、囚獄、劫サツとはどんな星だろうか? // 血刃(けつじん) この星は凶の意味合いがつよいといわざるおえない…