てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命‐妬合について分かりやすく説明

 

f:id:tarookadato:20200217210659j:plain

妬合(とごう)と読む。漢字的には゛ねたむ、あわさる゛となるように、2人が同時に1人の友人の気を引こうとするような現象である。1人がどちらかの友人と仲良くなれれば、お互いの親交は深まるのだが、結果として本人がどちらとも仲良くならない選択をすると、1人の状態を保つことになる。

   

 

■妬合とは?

 

干合はご存知だろうか?干合とは十干、その人の表面的な性格や才能をあらわす「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」の10の漢字が、それぞれ仲が良い干と結びつく現象。具体的に法則があって、ある干から数えて6番目の干と結びつきがつよく、相性のよい関係。上は十干を順番にならべたものだが、甲は甲から数えて6番目の己と友人関係になる。甲と己が結びつくと、お互いの関係が発展して変化をおこす。甲/己=戊(つちのえ)干合はこのような法則だ。

 

乙なら庚と、丙なら辛とといった具合に…。

 

妬合とは、そんな相性のよい関係に嫉妬する現象に似ている。甲と己が仲良し、そこにもう1人の己がきて、甲と仲良くなりたいとする。これを命式にあてはめれば、年、月、日の場所(天干)に己、甲、己と並んでいる図となる。そうなれば、甲は困ってしまう。どちらの己とも仲良くならない。このような場合は干合現象はおこらない。これを妬合という。

 

まとめると「1つの干が2つの干から同時に干合されることを妬合という」

 

■おわりに

 

また、こんかいは友人関係で妬合を説明したが、全体的な人間関係においても、妬合で例えた事柄についての注意が必要。