てくてくちとせ

命術について書いていきます

四柱推命‐天然で不思議ちゃんの命式|この並びは空想にふける

f:id:tarookadato:20200207110042j:plain

誰でも日頃から少しばかりの空想はするはずだ。夢が叶う空想や、どこかストーリー仕立ての空想など。こんかいご紹介する不思議ちゃんのキャラクターは、かなりの空想家といえる。天然で、嫌みがなくどこか憎めず、それでいて空想が好きなタイプである。

   

 

■天然で不思議ちゃんの命式

 

不思議キャラといえば、偏印を想像する人も多いのではないだろうか?印綬にもいえることだが、命式に2個以上印星がある場合は孤独な傾向になる。プライドの高さや内向性が強くでてしまう。命式に偏印が3つある人物は、空想と現実の世界を渡り歩いているようなところがある。

気をぬいて生活していると、仕事などでもポカをおこしてしまう。浮世離れしていながら、どこか悟ったような感性は、生き方そのものが神秘的といえる。当人は何を考えているのかわからないと思われても、俯瞰した意識でいる。誰かからの理解よりも、自身の世界観を大切にしたいのだ。じぶんの得意分野を専攻することが、生き方が充実する。

 

年柱に正財があり、月柱に印綬が上段と下段にある並びである。正財はまじめで、保守的、目の前の課題をこなす模範生のような性質だが、正財が年柱にあると、人生のはやい段階から、がんばり屋で堅実な人生の基礎固めをはじめていくのだが、印綬がおなじ柱に2つ並ぶ場合、知識欲が旺盛であるものの、こだわりがつよく、空想に浸る傾向にある。また、正財が印綬を剋す場合において、内向的でプライドが高い側面があらわれる。正財の生真面目な部分に空想家としての顔があらわれ、真剣なのだが、どこか抜けているといった天然の不思議キャラである。社交性が必要な仕事よりも、じぶんの好きなことで、技術的な習得をめざすほうが性分に合っている。

 

さいごに食神が2つの並びに、十二運勢゛病゛が入っている命式だ。食神はもとより楽しい発想をしたり、喜びを追及するタイプで、楽天的。子供のような楽天的な部分が豊かな発想力を生む。発想が柔軟なためにいろんなアイデアが浮かぶのも食神の特徴。そこに十二運勢「病」の、保守的なのに、気分屋な性質が合わさることで、天然で愛嬌があり、とても不思議なキャラとなる。周囲との関係も良好に築けるため、自身の好きなことで食べていける人。独立するには強い星のサポートが必要となる。

 

 

■おわりに

 

天然なキャラで、憎めないというのは、ある意味最強かもしれないと感じる。じぶんの志す道を自由に進み、たくさん独自の世界観をみせてほしいとおもう。

<p