てくてくちとせ

四柱椎命/鑑定受付中

四柱推命‐劫財と印綬が仲よくなれる理由|お互いの長所が発揮されて進展していく

f:id:tarookadato:20200112093048j:image

劫財は比肩とともに゛自我の星゛に分類されるが、両者の異なる自我の特徴として、比肩は飾り気のない赤ちゃんのような、劫財は野心的な自我を有している。ゆえに劫財は吉凶両方の意味合いがつよい。よく働けば、物事を推し進めるパワーがあり、わるく働けば、物事を主観的に割りきってしまい敵をつくる。そんな劫財の直球なよさが発揮されるのが、印綬との関係においてだ。

   

■劫財のよさと印綬のよさがともに生きる

 

劫財の特徴は

・主観的

・なめられるのが嫌い

・じぶんをアピールするのが好き

・利益追求型

・強烈な上昇思考

・退屈が嫌い

計算高い

 

 

印綬の特徴は

・俯瞰的

・気位が高い

・自身の興味のある分野をつきつめる

・熱をいれること以外に無頓着

・相手とおなじフィールドで勝負しない

・地味で地道

・忍耐力がある

 

年柱に劫財をもつ人は、両親やご先祖様から、闘争心を、年柱に印綬をもつ人は、両親やご先祖様から知的好奇心を授かっている。

 

劫財は自我の星で、相生、相剋の関係において、名誉の星とは相性がよい。劫財の劫は囲碁においての石の奪い合いを意味する。奪うという性質から劫財は人生において比肩のような真っ向勝負というよりも、さまざまな手段を用いて勝負に勝とうとする。そのような性質は本能的なもので、もとより備わった要素である。そうした性質をフル活用するのが劫財の本質に沿ったことであり、立ち止まることは劫財にとっての停滞をあらわす。

 

一方印綬は名誉の星で、相生、相剋の関係において、自我の星との相性がよい。印綬は、知識や学問を育む。人間の一生でいえば熟年期にあたるため、落ち着きがあり自身の向かう先は自身の興味を抱く分野での成功。その他興味のない事情に関しては゛我゛を張ることはほとんどない。

 

劫財にとって印綬は劫財の沸き上がる感情をそのまま受け入れることができるし、印綬にとって劫財の、野心的な部分は好奇心をそそられ、新鮮なものとして映る。印綬の場合物事を主観的ではなく、俯瞰的に受け入れて知的欲求を満たそうとする性質がはたらく。そのため劫財の主観性、印綬の俯瞰的側面が見事に満たし合える関係なのだ。

 

女性が劫財、男性が印綬の場合、女性が男性をぐいぐいとリードしていくことになり、かかあ天下の構図に、男性が劫財、女性が印綬の場合、女性が男性を立てることでうまく進む関係となる。

 

ただし、結婚においては相性がよいとはいえない。劫財は相手に望むことが多く、印綬は束縛されるのが大嫌い。両者は一度衝突すると関係が改善されにくい関係でもある。両者がお互いの価値観を認め合ううえで、友人として恋人としてはお互いに影響力のある関係だ。両者の場合は一定の距離感があるほうがお互いの甘えや身勝手さ、プライドの高さが新鮮に映る。影響力がつよいゆえに距離感があってこそお互いの価値観が成立しやすく、長所が発揮される。

   

■おわりに

 

仮に命式において、月柱上段と、中心星にそれぞれ劫財と印綬が、印綬と劫財がある場合は、凶意のほうがつよく、両方の短所が表れやすい。相性がよいのはあくまで、人と人との関係においてといえる。