てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命‐お金に困らない命式の並びをご紹介

f:id:tarookadato:20200206203944j:plain

こんかいはお金をテーマに書いてみたい。命式に財星が1個もないちとせでござる。こんにちわ。みなさまいつもご拝読ありがとうございます。この度のはなしのみそは゛お金持ち゛になれる命式ではなく、生活をするうえでお金に困らない命式の星の並びということについてである。

   

■まず、中心星とお金の関係をざっくり

 

あなたの中心星は何だろう?

 

゛財゛と直接関係が深くない場合でも参考になるかもしれない。

 

・比肩……自営業になると金運が上がる

 

・劫財……信頼できるパートナーに金銭管理を任せる、また臨時収入に期待できる

 

・食神……遺産などに縁あり。だが基本投資運はない。

 

・傷官……配偶者の金運が期待できる。人生の初期より中期以降に金運が上昇。

 

・偏財……金銭感覚に優れており、長期的に財を築く。

 

・正財……申し分のない金運で、貯蓄も向く。

 

・偏官……金銭的な浮き沈みが激しく、じぶんの才能に投資することが将来につながる。

 

・正官……安定した金運で、男性なら妻の助力で金運が上昇傾向。

 

・偏印……お金を得るための手段がものをいう。才能に特化すると吉。コツコツ貯蓄は下手。

 

印綬……金運自体ではなく、人生の進む方向によってお金と結び付く。

 

それぞれの中心星によって、人生の方向性を整えることで、直接的ではなく、間接的に金銭との結び付きが可能である。例え命式に財星がなくとも、松下幸之助氏の命式のように、会社を通じてお金との関わりをもつケースもある。

 

■お金に困らない命式の並び

 

・四柱に食神が一つだけあって、偏財か正財が一つある場合は、非常にバランスのとれた金運であり、金銭との結び付きがつよい並びである。

 

・中心星が傷官で、正財、偏財があると、せれなりの金運があり、食いっぱぐれがない。

 

・中心星が正財で、月柱上段が傷官、または偏官だと、こちらもまた、金銭的な結び付きがつよく、独立して起業しても安定する並びだ。

 

・中心星が偏財で、月柱上段が正官なら、励んでお金を蓄えることに向き、食いっぱぐれがない。

 

・正財が命式に2つあると、お金は入ってくるけど、使い方がわからないという傾向があり、結果としてはお金が貯まる。

 

・中心星が正官で支に偏財、正財があると、お金を残していく力に恵まれる。

 

・中心星が食神で特殊星の天厨貴人があれば、物質的な繋がりがアップする。

 

・食神に十二運星、建禄、長生、帝旺があるとお金との関わりが深まる。

   

■おわりに

 

こんかいご紹介させてもらった並びをふまえて、ご自身の通変星のお金とのかかわりをぜひ意識してほしい。