てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐乱れがちの運気「沐浴」は人間でいえば思春期|不安定さをカバーして開運する方法とは?


f:id:tarookadato:20191026162606j:image

「沐浴」は四柱推命に登場する十二運星の1つで、゛思春期゛ごろ、成人になるまえに身を清めている状況をあらわす。発展していく運気をもっているものの、思春期だけあって、荒れやすく、乱れがちな部分の多い星でもある。こんかいはそんな沐浴について書いてみたい。

 

関連記事:四柱推命‐つぼみの運気「胎」は人間でいえば命が宿った状態|見合った開運方法とは?

 

四柱推命‐伸びていく運気「養」は人間でいえば生まれる前の状態|上昇に見合った開運方法とは?

 

四柱推命‐発展していく運気「長生」は人間でいえば成長期|安定感のある星ならではの開運方法とは?

 

目次

 

沐浴ってどんな星?

 

・自我の発展段階

・物事に挑戦的

・荒く乱れがちな運気

・勢いはあるが無鉄砲

・迷いの多い星

 

 

沐浴が象徴するもの

 

人間でいえば、成人として社会で活躍するまえの段階で、そのための基礎作りをしている状態。

 

学習、修養を暗示し、社会で生きるためのすべを身につける段階をあらわす。

 

自我の発展にともなう、思春期特有の、不安定さを象徴している。

 

沐浴の性格

 

性格的にはいかにもって感じなのだが、じぶん本位で寂しがりや。物事に勢いはあっても無防備で情に流されやすく、気分屋、思春期特有の不安定要素をちりばめた性分なのだ。

 

そんなわけで、気分が乗っているときは、どんどん前進していくが、気分が乗らなければ、人並みほどの進展がみられない、複雑な星。

 

サラリーマンとして発展していくよりも、個人的な技能や、才能を生かした仕事のほうが向いており、ずっと熱中できる分野に身をおくとよい。

 

創作意欲などを生かせば、めきめきと頭角をあらわすこともある。

 

沐浴の運気が巡ってきたら?

 

沐浴の運気が巡ってくる年は、なにかと集中力を欠きやすく、さまざまなことが手付かずとなりやすい。

 

沐浴の年を乗り切るカギは継続力を持って、仕事や生活にのぞみ、途中で投げ出さないように注意するといい。

 

後々までひびく重要な決断などは、翌年までまつほうがうまく運ぶ。

 

 

 

沐浴の健康について

 

精神的な不安定さにくわえて、からだのほうも繊細であり、風邪をこじらせて、入院するなどということがあるため、無理をおしてまでの生活は合わない。

 

疲労が溜まると、一度リフレッシュする必要のある体質であり、こまめな疲労回復をはかる必要がある。

 

ハードな仕事においては、髪や肌などへの影響もでやすいため、スキルケアをこころがけるとよい。

 

沐浴の開運方法

 

沐浴の開運方法は2つ。「仕事の合間に趣味に精通する」 ことと、「自身の才能や技能を生かせる生き方をする」 ことである。

 

サラリーマンとして生活するうえでは、沐浴の不安定要素がでやすく、長期的なプランに打ち込むには肉体的、精神的に不可がかかりすぎる傾向がある。

 

迷いから生じる、状況判断のミスや、途中で手付かずになるなど、問題が顕著にあらわれやすいため、気晴らしに、人生に自身の裁量で行えることを取り入れたり、自身のみで完結させられる道へ進むことがよい状況につながる。

 

沐浴と相性の良い通変星は?

 

沐浴という星は、その特性上、これこそが最高の組み合わせだといえるような通変星はみあたらない。そのうえで比較的に相性の悪くない通変星は「傷官」である。

 

兄弟運がよく、ほかの通変星との組み合わせほどの運気の乱れがそこまでではない。

 

傷官の表現する才能と、沐浴の奔放さ自体は相性がよく、命式のほかの条件との兼ね合いによって吉、凶がわかれるところだ。

 

おわりに

 

割りと、本能のおもむくままに邁進しようとするきらいのある沐浴は、運気が乱れがちであつかいが難しい。日頃から、自身が継続して進んでいける分野を探したり、打ち込める趣味をつくると人生に潤いが生まれる。