てくてくちとせ

鑑定についてはまず゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください 料金は5000円です。「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。otaro905@gmail.com 

四柱推命−おやおや天羅地網ってメッチャお得じゃね

天羅地網(てんらちもう) という漫画の必殺技みたいな地支の組み合わせがある。 聞きなれない名前かもしれない。 何だかご利益がありそうではないか。天羅地網を命式に持つ人は、 直感力を有していたり、 人生での恩恵を受けやすいとされているが事実やいかに!

 

▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼
otaro905@gmail.com
※鑑定料金は一回5000円です。
ブログを見ましたとご連絡ください。

 


■:天羅地網とは


天羅地網とは、 格闘ゲームのキャラクターが放つ飛道具の名称ではない。 仰々しい名前であるがつまりは、 命式の地支に辰と戌を持つ組み合わせのことを指す。 命式に辰と戌をもつ人は凄いと言われていたりするが、 その理由とは何だろう。


私は占いにおいては、 一部分だけをくり貫いた判断はなるべくしないようにしている。 例えば十二運一つをとって考察してもご本人様に当てはまる部分も あれば、当てはまらない部分もある。もし、 命式に辰と戌が一緒に存在していれば、 命式八字からこの2つを考えることになる。 今回は天羅地網ということで、八字から辰と戌について考えたい。


まず、辰と戌は相冲という関係です。 地支と地支がぶつかる関係のことだ。ぶつかるといえば、 何だか仲が悪そうだが、一概にその限りではない。 以前土の五行を゛貯蔵庫゛だとか゛庫中゛ とブログで紹介させていただいたが、 不二龍彦さんという方の四柱推命の著書に庫中については詳しく書 かれている。今まで買った本の中でも1、2を競う良書だ。 ここまで詳しく知識が入った本はそうそうない。 正直あまりに古い本は、 有名なやつでも漢字が古すぎて私のような国語に造詣のない人間の 頭には入ってこない。


いかんいかん、話が脱線しよるぜ。辰と戌が隣接する柱、 例えば日柱と月柱で相冲する場合は、 実家との不和といったことも考えられる。だけどもし、 日柱に辰があり、 年柱に戌があれば日主が天羅地網の恩恵を受けることがある。 辰と戌は直接、隣り合わせの場所にいるとケンカをするから、 ちょっと離れた場所にいるほうが人間のように良い関係を築ける。 亭主元気で留守が良いみたいな感じだ。


以下よしもとバナナさんの命式である。


時日月年
戊甲辛甲
辰戌未辰


天羅地網の命式!


日柱が年柱の辰と、時柱の辰と相冲して天羅地網の影響を受ける。 年柱の辰は頭上に比肩である甲を乗せている。 甲は辰と通根していることから、地支が天羅地網となれば、 ご本人が影響を受けることになる。 命式の配合そのものが良ければ、辰と戌の組み合わせというのは、 命式に存在していれば基本的には吉となる要素が多いといえるだろ う。


辰と戌に限らず、丑と未にも応用した考え方ができる。


ここまでお話すれば天羅地網最強かよと思うかもしれないが、 基本的な考え方をすれば地支同士がぶつかるということは、 不安定さを含むことだ。地支が辰戌辰戌と仮に並んでいたら、 良い意味の他に、 何かスムーズなエネルギーの流れではないことがいえる。 相冲はぶつかることだからだ。


八字全体の考察を一旦おいて考えた場合は、命式に辰だけが、 存在するよりは戌があった方が有利に働く場合がある。 むりくりこじつけるのは良くないが、 やはりご本人にとって実世界で利益を得られる可能性が高くなる。 同じ理屈で、 やはり命式に戌だけが存在するよりも辰があったほうが吉となる場 合がある。


ジョースター家が存在することで、ディオがいるわけだ。

 

いや、例えるならトムとジェリーか。


もし、命式に辰か戌のどちらかが存在しており、大運や流年で、 どちらかの地支が巡る場合、それが良い意味になる場合もあるし、 良くない意味になる場合もある。もし、 ご自身で格局をだせるのであれば、 行運で天羅地網となることが良い意味になるのか、 良くない意味になるのかを八字の配合を拾いながら考察するといい 。


天羅地網が、命式にあったり、行運で天羅地網となった時、 命式との繋がりに良い作用をもたらせば、お金、 仕事といったことに有利な運びとなることがある。天羅地網は、 命式にとってかなり重要な意味を持つことが多い。

 

coconala.com


■:終わりに


天羅地網の命式は、 有名人ではさだまさしさんなんかも当てはまる。 辰と戌の組み合わせを持つ人の命式効用は深いものがあるといえる 。
 

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>