てくてくちとせ

占星術について書いていきます

十干【甲/乙/丙/丁/戊/己/庚/辛/壬/癸】それ、すなわちあなた自身を表す|10種類の人間特徴を知って運気を上げよう!


f:id:tarookadato:20191012074536j:image

相手の血液型が気になるという人は世の中にたくさんいるはずだ。血液型の本なども出版され統計的データがある。干支(えと)に関しても、十二支の特徴をしらなくっても「あなたはなに年ですか?」と話題にのぼるだろう。じゃあ十干は?゛実感゛すらわかない場合も多いはずだ。 こんかいは統計的に優れているに関わらず、一般的認知があまり高くない四柱推命に登場する10種類の個性、十干をしって運気を上げる方法をご紹介をしたい。

 

 

十干は四柱推命に登場する天のエネルギー

 

四柱推命に興味をもつ初期に、またなにかの縁があって、じぶんの命式をみたとき、「よくわからない漢字が並んでいるぞ」 と感じたことだろう。

 

ぼくもそうだ。そもそもこの漢字なんて読むねんみたいな…。

 

四柱推命は、ご存知のようにさまざまな、複合性から運命を読みとく、難しい漢字を並べてね。陰陽思想、五行説干支とで構成される統計の学問である。生まれた年、月、日、時間で占うんだけど、それを干支に置き換えるのだ。説明をきいていて辟易していないだろうか?大丈夫?

 

干支とは、陰陽五行説に基づいてうまれたものである。この度説明する十干と干支(えと)を合わせたもので、年、月、日、時間を干支の組み合わせである60種類に置き換えて占うのだ。

 

十干でわかる人間特徴は、個人が生まれもった天のエネルギー

 

小難しい説明はぬきにして、十干とはシンプルに【甲/乙、丙/丁、戊/己、庚/辛、壬/癸 】の10種類から本人の性格と気質を理解することができる。

 

うえの10種類の漢字は木、火、土、金、水の属性に分かれ、また陰陽にわかれる。陰陽は兄弟だ。例えば、甲(きのえ)と乙(きのと)は互いに木属性で兄弟であるが、甲=きの兄(え)乙=きの弟(と)である。 ファイナルファンタジーの魔法属性が少し複雑化したと考えればいい。10種類の漢字の陰陽五行は下の通り。

ーーーーー兄ーーーーー弟ーーーー

【木属性】甲(きのえ)乙(きのと)

【火属性】丙(ひのえ)丁(ひのと)

【土属性】戊(つちのえ)己(つちのと)

【金属性】庚(かのえ)辛(かのと)

【水属性】壬(みずのえ)癸(みずのと)

 

お気づきだろうか木(き)属性の漢字の頭文字には「き」がつき、他の漢字の頭文字も、属性の頭文字とおなじだ。 読み方を覚えるときに参考になるのではないだろうか。そして゛兄(陽)゛に属するタイプのほうが性格はダイナミックで゛弟(陰)゛の方が繊細である。世の中の兄弟関係は逆の気もするが…。

 

そしてこれら10種類は持って生まれたあなたの天のエネルギーで、十二支の地のエネルギー同様に、個人の生まれもった宿命であり一生を左右するちからがある。

 

 

10種類の人間特徴をしって運気をあげよう

 

【甲(きのえ)】=直木、大木を意味する

天に向かってまっすぐのびる大木のような性格で、一直線の向上心、純粋でマイペース、そしてひたむきな誠実さの持ち主。人のために献身的になることを惜しまず、信頼を得られるタイプだ。物事に取り組むとすこしづつ着実に成長する大器晩成型。ただし、木の性質上、考え方や感情面で剛直になりやすい。

 

運気の上げかた=責任感がつよいのは甲の長所である一方、なんでもじぶん一人でやりたがる部分があり、仕事などを誰かに任せられない。「相手を信頼して、物事のなりゆきをみる」ことで、相手から、より信頼される人物となり開運していく。

 

【乙(きのと)】=草木などのちいさな木

無邪気でサービス精神旺盛で、誰かを楽しませるのが好き。甲が一直線的な優しさをもつのに対して乙は穏やかで、染み入るような優しさをもつため人を惹き付ける魅力がある。だれとでも円満に接するが、意外と負けず嫌いな面もある。ただし、自己主張の得意なほうではなくひとを引っ張るタイプではない。

 

運気の上げかた=じぶん自身の素直な感情を、甲のように、ときにストレートに表現するといい。そうすることで、ひとは柔らかさのなかにも芯の強さを認めて、本来の人を惹き付ける魅力がさらに輝き、開運していく。

 

【丙(ひのえ)】=明火、太陽

まさに太陽のように明るく前向き、情熱的に行動するタイプ。非常に積極的で、場のムードメーカー的存在。男女とも派手好きで、芸能的な仕事に向いている。アクティブな性格から他人の何倍も人生を楽しんでいる。ただ物事を継続させるちからに乏しいのと、敵と味方を極端に分けてしまう部分が難点。

 

運気の上げかた=とにかく得て不得手がはっきりしているに関わらず見切り発車的な行動に出やすい丙。じぶんの不得手な部分はひとに任せて、わかないことなどはひとのはなしを参考にすることで、丙のアクティブななかにあるギャップにひとびとは魅力を感じる。ひとびとの援助をうけることで開運していく。

 

【丁(ひのと)】=灯す火、ろうそくの火

落ち着きと陽気さをたずさえているが、非常に繊細な性格。芸術的な感覚に優れている人物。チームプレーよりも個人プレーが得意で、火の性質なのか、ひとの好き嫌いが激しい。孤独癖もあり、じぶんの内なる世界に没頭する節がある。人当たりは悪くはないのだが、感覚派ならではのわがままさが目立ってしまう。

 

運気の上げかた=孤独癖があり、少々周囲から理解され辛い丁であるが、他人への少しばかりの気遣いを行えば、意外と利他的何だなという印象を与え、芸術的な感性も評価されて開運していく。

 

【戊(つちのえ)】=剛土、山、硬い土

さまざまな環境に適応できるうえに、豪放磊落という気質の戊の人物。絵に書いたような根っからの親分肌で、そのリーダーシップで周囲を引っ張っていく。基本的には愛情深く優しい性格なのだが、短気な部分が難点。仕事や金銭面では手堅く、基本的には安定思考である。

 

運気の上げかた=手堅い部分はある意味長所となる部分ではあるけれど、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあるため、状況を見定めて、リスクをとることで開運していく。

 

【己(つちのと)】=柔土、田畑

穏和で柔らかい性質で、ひとを包みこむ大地のような人物。平和主義者で、ひとを癒す能力に優れている。相手の長所も短所もしったうえでひと付き合いができるひと。基本的に敵をつくらず誰からも好かれる。ただ、外部からの攻撃には人一倍よわく、萎縮してしまう部分がある。

 

運気の上げかた=穏和ながら、自身の興味がない分野には関心をしめさない性格がわざわいして、人間的な成長をストップさせてしまう可能性もある。幅広い知識を吸収しようとこころがけることで、視野がひろがり開運していく。

 

 

【庚(かのえ)】=剛金、鋼、硬い金属

天性の感性をいかし、瞬発力を生かして二段飛ばしで成長していく人物。何事も改革したいという精神で取り組み、平穏のうえにあぐらをかかない、そんな妥協をしらぬ鋼鉄のひと。経済力があり仕事を通して社会的な活躍をする。さっぱりした性格だが、頑固すぎるところが難点。

 

運気の上げかた=スピードランナーで、じぶんのペースでどんどん進む特徴があるのだが、周囲のひとびとのペースに合わせることができれば頼りがいがあるリーダー気質を認められて開運していく。

 

【辛(かのと)】=柔金、宝石

繊細でデリケート、そして気苦労がたえない人物。品性に優れ、優雅な雰囲気があり、個人の努力以上に周囲からの援助をうけられる。美意識と感性に優れる一方で、個人的には積極性に欠け、打たれ弱い一面が目立つ。だが物事を俯瞰できるため、最終的には困難を乗り越えていける。

 

運気の上げかた=傷つきやすいため消極的になりがちな辛だが、ときに積極的になることで、周囲に優れた美意識と感性を伝えることができ、一目置かれるようになり開運していく。

 

【壬(みずのえ)】明流、海、大

一ヶ所に留まることをせず、水のように流れる自由な生き方を好む自由のひと。生き方そのものが海のようにダイナミックであり、冒険をつづける性質だ。放浪癖もあり、信仰心もあるという不思議な人物。海外に関係する仕事につくことが望ましい。

 

運気の上げかた=自由を愛する壬は、束縛されることやルーティンが苦手で、ぎゃくに好奇心を大切にするといい。好奇心のおもむくまま進むことで独自性を発揮して開運していく。

 

【癸(みずのと)】=暗水、雨

慈愛溢れる雨のひと。クールにみえて内面には深い愛情を携えており、率直で正直。思いやりがあり周囲に合わせることができるが、短気な部分と少々繊細な部分を合わせもっており、本心をさらけだすことはあまりない。信頼できる人物との関係をとくに重要視する。

 

運気の上げかた=自身の世界観がつよい癸だが、いきすぎると固執につながるため、交友の幅をひろげたり、物事への偏見をなくしていくことで開運していく。

 

干合

 

十干には干合といって、二つの異なる十干同士が結合して、違う五行になるという現象がある。こんかいは十干の基本的な内容に触れてきたので、干合という現象がある、くらいのことを意識しておいてほしい。

 

(例)甲(木)と己(土)は土になる。゛中正の合゛と呼ばれ、懐がひろく徳のある人物である。戊(土)と癸(水)は火になる。゛無情の合゛と呼ばれ、礼儀正しいが情に薄い人物である。ファンタジーものの、合技みたいである。

 

 

 

おわりに

 

十干に対する実感を少しは感じていただけただろうか?天のエネルギーである十干、あなたの十干はなんだろう?十干をしるだけであなたの性格の一部に触れ、開運する兆しもみえるのである。