てくてくちとせ

四柱推命について書いていきます

変わってると言われる、日柱に『絶』を持つ人のあるある|性格を活かす方法


f:id:tarookadato:20190429211032j:image

多くの『絶』に関する記事を拝見すると、゛絶る!゛゛絶モード゛なるワードをみつけるたびに、ああなんだか、現在は絶持ちさんに対する理解が浸透しているんだなあとおもって嬉しくなる。

 

ハリウッド俳優の「ジョニー・デップ」、あの変わった演技をする人も、日柱「絶」だと最近知った。

 

さて、四柱推命という運命学があり、もしかして、じぶんは変わってるなんて感じている方は、一度じぶんの命式を調べてみると、その答えがわかるかもしれない。

 

こんかいはそんな四柱推命に登場する『絶』という、変わった運勢をもつ星と、読者のあなたが関係するかもしれない内容について、性格などについて触れていきたいとおもう。

 

目次

 

変わっている人や天才は絶持ち?

 

ボク自身幼少期のころから、変り者と呼ばれ、その理由はいくつかあるけれど、外部の出来事よりも、じぶんの世界観を大切にしてきた部分だ。

 

周囲の友達が鬼ごっこをしたくて盛り上がってるときも、ああ、はやく帰って絵を描きてえなあなんて考えていた。

 

幼少期から゛絶っていた゛のである。

 

で、周囲の絶持ちさんも思春期までは、友人や親との関係で、摩擦を感じるけれど、一定の年齢になったとき、その人と変わった部分が、じぶんの才能や個性につながることを理解もしていく。

 

読者のみなさまもおもいあたる節がないだろうか?

 

四柱推命における絶はたしかに「変り者」の星であり、絶の人生は絶ってナンボという意見には大賛成で、どこまでもじぶんらしさを追求してもらいたい。(日柱絶+偏印でさらに絶の効力を強めてしまう。)

 

<絶持ちかどうか調べる>

無料占い鑑定所|新栄堂

 

変り者と呼ばれる絶の真骨頂は、本来現存する価値観よりも、無から有を生み出すことに喜びを感じる性質をもっている部分だ。

 

例え、じぶんがやりたいことに前列がなくとも、果敢に新たな道として開拓していく能力とバイタリティーがある。

 

冒険家の植村直己さんや、テニスの大阪なおみさんなどが日柱絶である。

 

二人とも独特のオーラがある。

 

 

絶の性格

 

絶の性格をひと言であらわすのは難しいけれど、非常にシンプルな性格であり、裏表がなく、好奇心がつよく、常に物事への探究や研鑽を惜しまないため、歳を重ねても雰囲気がわかわかしい。

 

純粋無垢で、人を疑ってかかることをあまり好まず、気がむいたことには一直線に邁進するため、そんな絶持ちさんは、周囲に明るいイメージを与えるだろう。

 

根が明るいため、楽観的に物事をとらえること、楽観的に生きることができるのが、絶の最大の長所といえる。

 

 

日柱絶のあるある

 

断絶:ある日突然これまでやってきたこと、培ってきたことに、嫌気がさしたり、飽きたりして、投げ出す。

 

これは次の価値観をみつけるための旅路をまえに起こる現象だ。

 

絶無:ありとあらゆる先の現象から見放されたような気になるのだが、実際にはじぶんのちからで0から有を生み出す必要性を表している。

 

絶望:なんの希望ももてなくなる時期があるが、運命に自己成長を促されている時期といえ、物事の好転反応をあらわす。

 

凄絶:運気の波が激しすぎるがゆえに、じぶんで対応できないほどの出来事が頻繁におこる、そのことで、運命から気付きを得るよう促されている。

 

絶縁:親しい人物との縁が切れることによってあらたな縁が生まれる好転現象。

 

このような絶あるあるは、人生の試練であり、課題だと理解することで、あらゆる事柄が無から有に転じていく。

 

天才肌絶ならではの運勢事情といえるだろう。

 

このあるあると、絶のもつ純粋無垢で、一直線、楽観的な性格と結びついたときに、これまで書いてきた、変わった人という部分の長所が引き出されていくのだ。

 

変わっているという部分は、物事の捉え方がふつうと違っているということであり、視点を変えると一歩抜きん出ているということだ。

 

変わっててもいいじゃない!

 

そう、人と変わっているということは、決して引け目を感じる部分じゃなくて、活かすべき部分といえるのではないだろうか。

 

おわりに

 

絶の性格とあるあるを書いてきたが、じぶんが変わってると思っているあなたに当てはまる部分はあっただろうか?

 

変わっている自覚がある方は、ぜひ゛絶って゛ほしい。(変わった部分を活かしてほしい)

 絶は絶ってナンボのも~んじゃい!

変わった部分というのも、結局は森羅万象の地球の法則のなかで生まれたものなんだから、とても自然なことなんだ。

 

変わっていることに躊躇しないで、堂々とじぶんの道を歩んでほしいとおもう。

 

[関連記事]

『絶』に与えられた使命