てくてくちとせ

四柱推命について書いていきます

絶持ちさん必見/編集能力と自由な環境を味方にして人生好転

f:id:tarookadato:20190404063842j:image

12運『絶』の性格や運勢については、さまざまなサイトでご紹介されているが、意外と書かれていないテーマをみつけたので、こんかいの記事を書いてみようとおもう。

 

『絶』は環境に恵まれることが重要で、適した環境に身をおけば、運勢がよくなることは以前書いた。

 

こんかいは、『絶』持ちさんに適した、最もよい環境とは?また、隠された゛編集能力゛について書いてみようとおもう。

 

 

絶に最も適した環境

 

『絶』の人も『帝旺』の人どうように、平等主義的性質と、純粋無垢な部分を持ち合わせている。

 

こころから充実することを求め、こころの本分に沿って物事に臨む性質から、一般的見解を述べると、アーティストや、芸術家、シングルで活躍できるアスリートなどが向いているといえる。

 

ただ、『絶』というテーマを扱うとき、その性質の特徴に触れることが大切で、一概に職業のカテゴライズだけでは推し測れない。

 

ぶっちゃけてしまうと、立場というものに、左右されやすい環境は不向きだ。

 

世の中で生きる以上は、人と人の交流のなか、立場というものは、絶対に生まれてくるけれど、本人が抑圧を感じるという場合は、よい状況ではない。

 

一般社会的にもそうだし、その要素を受けやすい『絶』からすると、固定された立場で行動するのは、『絶』本来のたえず自由に動こうとする性質に反しているため、能力をいかしきれない。

 

裁量権がある

・フリーで行動できる

 

という要素が重なると、最高のコンディションを得ることになる。

 

立場を持つのなら、上の立場のほうが、能力を活かしきれる。

 

そして『絶』を活かすための、『絶』がもつ最大の能力である、「編集力」をみてみよう。

 

 

絶の最大の能力

 

人類は、太古の時代から、さまざまな環境的困難を乗り越えて、生きてきたなかで、知恵を養ってきた。

 

どうように、運気の波がダイレクトに現れる『絶』にとって、出来事に対して瞬間的に反応できる部分は重要な素質であり、その瞬間的な反応を可能とするのは、

 

物事を編集して、構成し、統計をつくりあげていく能力。

 

脳で反復を行い、つぎを予測する。

 

予測が仮説となり、統計データとなり、インプットされる。

 

激しい運気を知恵で乗り越えていくため、『絶』が編み出す、編集力は、おそらく、直感力ともつながっているはずだ。

 

立場というものを統計的にとらえて、みずからを『空』の状態に置くことで、運気は比較的安定する性質も持ち合わせている。

 

安定といっても、常に向上を計りながらの安定なので、やはり、完成形が定められた事柄よりも、自由に動ける道を選んで編集力を駆使することが向いているといえるだろう。

 

じぶんが興味がある、

 

例えば、なにかをはじめるきっかけは、そんなことでいい。

 

ボクのように、文章が好きで、書いているうちに、ブロガーになったとか、アニメが好きで、アニメに没頭していたら、アニメ制作を手がけるようになったとか、『絶』らしさは、そういった風にあらわれる。

 

得意なことや、専門分野がないという人もいるかもしれないが、ふだん、意識しない些細なことが、道を切り開く可能性がある。

 

寝るのが好き、何もしないのが好き、これを編集してみよう。

 

たくさん寝るために、何もしないために、発想の一つや二つでるはずだ。

 

おもいっきりじぶんらしさを追及してみるとよいのである。

 

 

終わりに

 

ご紹介したように、『絶』は環境が非常に重要といえる反面、環境をつくりだせる編集力をも同時にもっている。

 

辛くなったとき物事を俯瞰的にながめるくせをつくるといい。

 

『絶』は創造性のある分野で力を発揮する性質がある。

 

俯瞰することで、物事を有意義にとらえ、自己成長につなげていけるはずだ。

 

[関連記事]

 

私変わってる?『絶』持ちの生き方