てくてくちとせ

桜、温泉、について書いていきます

北海道の旅館といえば『坐忘林』|手付かずの自然が素晴らしい


f:id:tarookadato:20190405124313j:image

玄関へ入ると、まるで美術館のような統一された世界が出迎えてくれ、この時点でお客はモダンな暖かさに包まれる。

 

北海道ニセコにある『坐忘林』はクチコミの星4.6を越える、北海道屈指の立派な旅館である。

 

日常の喧騒を忘れるのが、目的であり、周辺エリアには、まったりを満喫できる雰囲気があり、クチコミでは、部屋は申し分なし、また、日本建築的な外観に人気が集中するようだ。

 

まわりは、大自然あふれるニセコの周囲に囲まれている。

 

羊蹄山を望む深い林のなかに、一軒の旅館がぽつりと坐しているという昔話にでてきそうなシチュエーションは、現実離れしているといってもよい。

 

上品で、北海道の四季を堪能できるほど、十分に和のテイストを扱った坐忘林をご紹介したい。

 

 

坐忘林概要

 

日本の伝統建築で建てられた、まさに、和を感じさせる建物内に、客室は15部屋と、豪華なお出迎え。

 

なんと部屋は70平米以上あり、装飾をしていない外の自然が奏でる楽曲をききながら、時を満喫する。

 

館内は、大きなガラス張りの窓が設計されており、お客は外の自然と向き合いつつ、徐々に日常の雑多さを忘れていくだろう。

 

広々とした館内で、ゆったりくつろげるように、ソファーの位置や、シックなデザインの照明などに工夫がみられる。

 

静謐な雰囲気が、現代の「多忙」を忘れさせてくれる、まさにおのれ自身にたちもどるための場所といえる。

 

住所

北海道虻田郡倶知安町花園76‐4(ほっかいどうあぶたぐんくっちゃんちょう)

 

特徴

・洋室、和室、全客室にかけながしの内湯があり、露天風呂は源泉100%の、国内でも屈指の泉質。

 

・北海道出身の設計エンジニアから、和食料理の道を極めんとする、異色の経歴をもつシェフが地元の旬の素材を活かした料理を提供する。

 

・全部屋無料Wi-Fi、床冷房、床暖房、DVDプレイヤー完備

 

・チェックイン:15時~17時/チェックアウト:11時

 

料金

大人1人/51850円~88458円

 

アクセス

新千歳空港から出発し、JR回速エアポート新千歳空港駅から小樽行きに乗り、約1時間15分、そして小樽駅で下車し、JR函館本線倶知安長万部行きに乗り約1時間15分、倶知安駅で下車し、タクシーを使うと約15分で到着。

 

終わりに

 

以前訪れたときのニセコ周辺の自然は、非常に豊かだった。

 

ただっぴろい林と、夜道道から、数頭のシカが顔を出して、出迎えてくれた。

 

いけどもいけども、自然がはるか彼方まで広がっていて、山道へ入ると、とにかくひた走ることとなり、ポツリ、ポツリと、観光地とホテルなどがある理由がうなずける。

 

休暇を兼ねる意味で、ニセコにいきたいかといわれれば、何度もいきたいとおもう。

 

坐忘林の、自然回帰的な雰囲気は、人が根元的に求めている安らぎをかなえてくれることが間違いない。

 

過剰なサービスの提供がないかわりに、安らぎをコンセプトにした、「禅」の空間が満喫できる工夫がこらされている。

 

現世と、桃源郷のさかい目がどこにあるのか考えさせられるような、静謐さに包まれながら、美味しい郷土料理と、自然と一体になる感覚をぜひ楽しんでほしい。</p