てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命ー十二運星「養」の裏星は衰|お互いに必要な共通点がある

f:id:tarookadato:20200214074226j:plain

十二運星゛養゛の裏星は゛衰゛だといわれれば納得しないだろうか?補運のちからでいえば、ともに大きな発展には遠い運気でありながら、弱すぎもせず荒れるでもない。とはいえお互いにまったく異なる個性の2つのテーマはなんだろうか?

   

■十二運星の裏星とは?

 

ふつう命式には十二運星と呼ばれる通変星を支える補運がある。実はその補運と対になる十二運星があるといえば驚きだろう。初めて知る人は、ゲームの裏キャラか?的な発想をしてしまうのではないだろうか。命式に記載される十二運星があなたの顕在的な部分を表すものだとすれば、裏星は゛潜在的゛な部分を表す。つまりあなたの表面にふだん表れる要素が゛養゛だとしても゛衰゛の要素が隠れているってこと。

 

■養の裏星は衰

 

実際、よく表面に表れる十二運星が充実していないと感じる場合、裏星である十二運星に期待する声もある。「帝旺とか憧れるよねー」って考えてたら、「あれ?表星が胎だから、裏星は帝旺じゃねーか!ラッキー」みたいな。その逆もしかり。表星が力つよい星であるのに、裏星がよわい。

 

まあ、対になっている2つには共通するテーマがあるがゆえの゛対゛なんだけど。実際はやはり、命式に記載されている星を人生でいかに生かすか?という発想のほうが現実的ではないだろうか。さて、人間の一生に例えると、養は人生の開始段階。衰は人生の下り坂。どちらも人からの助けが必要。゛養゛は赤ちゃんの状態で、植物であれば水を求める。根がのびて将来への展望がみえるが、周囲からの助けが必要。ゆえに、いかに周囲からの愛情や助力を受け入れることができるかどうかが肝心だ。

 

衰の運勢エネルギーは、帝旺を経てピークを過ぎて、落ちつきのある状態。衰の運気は安定を求める一方で保守的になりやすい。やはり、周囲からの助力を受け入れることが肝心。つまり表星である養の運気を発揮することと、裏星の衰の運気を上手に発揮することは動議といえる。

   

■おわりに

 

十二運星の星1つとって、それが当たりだとか、外れだとかはいえない。命式に記載されている十二運星の働きを上手に生かしつつ、裏星を意識してみてもよいかもしれない。