てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐土の気を強める四墓土局というレアな支の組み合わせを解説


f:id:tarookadato:20191226115131j:image

四柱推命において、特定の地支(十二支)が組み合わさることによって、互いに支の力を強め合う現象がみられる。「支合」や「三合会局」といったものがそれにあたる。支合している命式は度々お目にかかるが、三合している命式はなかなか珍しい。こんかいおはなしする「四墓土局」というものも、特定の支が組み合わさったものであるが、三合会局よりもさらにレアな存在だ。

 

 

■支が合わさることと人生への影響

 

・人生において運を掴みやすくなる

・さまざまな価値観の人との出会いが多くなり人生にチャンスが訪れる機会が増える

・瞬発力があり、ふつうの人よりも前進スピードがある

・年が巡って訪れた合する年は物事をおもうように進めやすい

 

■支合、三合、四墓土局

 

まず支合や三合するうえでは、一定の法則が働いている。季節で考えてもらえば分かりやすいのだが、十二支にはそれぞれ季節が割りふられており、寅、卯は春。午、巳は夏。申、酉は秋。子、亥は冬。となっている。あれ、他の十二支は?実は、丑、辰、未、戌は季節の変わり目である土用として扱われる。支合の場合は、例えば冬の支である亥と春の支である寅など、すぐ隣の季節同士の組み合わせか、冬の支である子と、土用の支である丑など季節と土用の組み合わせがある。なんだか、四柱推命的な苦肉のあてつけと思えなくもないが、隣合う季節ばかりで組み合わせを作ろうとすれば、支が4つ余るのだから仕方ない。

 

三合もおなじく、隣同士の季節の支が3つ合わさって支が互いに調和する。つまり支合であれば命式でみた場合、隣同士の柱の支が組んでいる。「年柱と月柱」とか。「月柱と日柱」とかである。年柱と日柱など、飛び飛びのパターンはない。三合も「月柱と日柱と時柱」など、必ず柱が繋がっている。ここまではOK?

 

で、四墓土局は、土用にあたる支が4つ揃うフォーメーションだ。年柱、月柱、日柱、時柱にそれぞれ土の支である、丑、辰、未、戌が揃う状態をいう。(もしくは3つまで揃っていて大運で揃うか)めちゃくちゃレアでしょ?どんだけの確率やねんっていうくらい珍しい。

 

関連記事:支が不仲の関係?「支冲」とはどのようなものかを解説

■四墓土局のあなたへの影響

 

支合も三合も、結びついた結果含まれる、2つないし3つの五行の゛いずれか゛が強まる。つまり支合の、子、丑の場合、子は水の五行を含み、丑は土の五行を含むが組み合わさると、結果的に土の気が強化される。四墓土局の場合はすべてが土の気で構成されているため、ぶっちぎりで土の気が強化される。命式に土の五行を剋する要素がなければ、土の人の長所である、優しくて、穏やかな気質を十分に生かして成功をおさめることが可能だ。

<土の気が強まる時期>

4月18日~5月5日

7月21日~8月7日

10月21日~11月7日

1月17日~2月3日