てくてくちとせ

四柱推命について書いていきます

四柱推命‐天徳貴人と天徳合はなにが違うのか?|高い品格の持ち主である二つの特徴を解説


f:id:tarookadato:20190828212819j:image

命式に登場する天徳貴人と天徳合はなにがどうちがうのだろうか?実は両者とも「天徳」という名を冠しながらその特徴は違っている。命式にこの両者がある場合はそれぞれわけて考えていただけるように、こんかいは二つの違いを書いてみようとおもう。

 

 

天徳とは?

 

天徳という漢字には、天子(君主)の徳、または天の徳という意味がある。中国において天はひとびとにとっての父だととらえられ、天子は父である天の命をうけて国を統治する者だ。(ひとびとの母は地)そんな天子の徳を授かろうというのはなんだかありがたいはなしである。ではそんな天徳貴人と天徳合の違いはなんだろうか?

 

天徳貴人と天徳合のちがい

 

まず゛貴人゛と゛合゛のちがいだが、貴人は身分の高いひと、以外にも品格の高いひとという意味合いがある。天徳合は、天徳合貴人の省略系のこと。

 

天徳貴人=天子の徳をもつ品格の高いひと

天徳合=天子の徳と品格を兼ねたひと

 

名称の意味合いは似ているが天徳貴人と天徳合のもつ、命式での役割は少し違っている。天徳貴人のもっとも大きな特徴は、凶を吉に転じてしまうというものだ。また吉を大吉にする働きがある。カリスマの星でもあり、悪い出来事もドラマチックに自然とよい方向へ向かうという星。この星は先祖が積み重ねてきた徳を受け継いでいる。日柱にあるのが一番よく、時柱にあるのがまずまず。年柱、月柱にあってもあまり作用しない。

 

天徳合の特徴は、人から過分な助力を得て人生が充実していく。つまりじぶん以外の人物からの助けを借りて開運するというものだ。日柱にあるのがもっともちからを発揮し、時柱、月柱、年柱の順にちからが弱まる。

 

また、天徳貴人と天徳合は、月支から求めた場合も月支と干支の構成要素がまるで違っている。例えば天徳貴人=子巳。天徳合=子申。といった具合である。

 

:合わせて読みたい

 

四柱推命ー天乙貴人、大極貴人、天徳貴人どれが一番よいの?あなたを守る貴人系の説明

 

天乙貴人、暗禄、羊刃など、気になる特殊星の特徴のすべて

 

みんなが◯◯貴人を持っているわけではないんだよ!?ー天乙貴人を持つ人は人格者?|命式に貴人系を持つ人の特徴とは?

 

ちなみに天徳貴人も、天徳合も、天乙貴人を筆頭に、大極貴人とたがわぬ福徳があるので、じぶんの命式にどんな貴人系があるのか、またどの柱の位置にあるのかをしっておくといい。

 

 

おわりに

 

天乙貴人は精神性が極めて高く、持ち主の人生のすべてをよき方向へ導いてくれる。大極貴人は本人にエネルギーを与え、天徳貴人、天徳合は凶を吉に変換、ひとの助力を得るという福徳がそれぞれある。特殊星の効力はあくまで通変星、十二運勢の補助におさまるくらいだといわれているが、やはり◯◯貴人は魅力的な星であると感じる。