てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐四正とは?分かりやすく説明

f:id:tarookadato:20200307131523j:plain


 

半合、三合は十二支が互いに協力しあって強烈な個性を発揮するのだが、それにはある条件が整っていなければならない。この記事にたどり着いたあなたには、あらためて、半合、三合の説明は不要だとおもうが、「四正」を説明するうえで、少し内容を交えながらはなしをしたい。

   

■:四正とは

 

三合は、特定の3つの支が合わさり一つの大きな個性を発揮する。世界規模で活躍する人には命式に三合が入っているケースも多い。刑や冲以上に重要な働きをするもので、あなたの地支が三合になっているかどうかは重要である。そして3つとはいかずとも、支の協力関係を得られるのが半合である。

 

例えば子、申、辰が揃う三合を三合水局と呼ぶ。水の気を高める組み合わせだ。子と申、もしくは子と辰だけなら、半合水局。

 

で、三合、半合の個性を司る盟主こそが「四正」である。春夏秋冬を司る木、火、金、水が最も盛んになる「子、卯、午、酉」の4つの支をさす。さて、この4つの支を東西南北でみた場合、

 

子=北

卯=西

午=南

酉=東

 

に位置する。半合、三合が成立するためには必ず、この「四正」のどれかが入っていなければならない。そのため、三合水局の例でいえば、申と辰だけでは半合とはみなさない。三合には必ず四正のどれかが入っている。三合の場合は、「子、卯、午、酉の4支」「四正を生み出す十二支」「四正が使命を終える十二支」の三拍子が揃っていることが条件となる。つまり四正は半合、三合をつくりあげるのに必須の支のことである。こう書けば分かりやすいはず。

 

また、四正が吉神、救神と一緒であれば、三合が吉神、救神と協力してとても恵まれた状態となる。

 

■おわりに

 

四正は半合、三合に非常に関わりが深いものであるため、方位に当てはめておぼえておくとよいかもしれない。