てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命‐真刃、偏刃の凶意に負けるな!

f:id:tarookadato:20200325085654j:plain

゛刃゛がつく特殊星のシリーズは基本的に凶の意味合いがつよい。真刃と偏刃はともに「羊刃」であるのだが、凶意の現れ方がちがうのでこんかいはそれをご紹介したい。ご゛ようじん゛である。

 

■:真刃、偏刃

 

少し退屈な説明からはじめるが、日主(あなた)からみて、劫財になる干の12運星が、陽干であると、建禄、陰干の場合は衰になる十二支を゛羊刃゛という。のんきな羊(ひつじ)を連想してもらっちゃ困る。羊刃は日主にとってなかなかのやんちゃさんなのだ。

 

なぜやんちゃなのか?それは゛陽干には進む原理゛があり、゛建禄から進めばさいきょーの帝旺にいきつくし、゛陰干は退く原理゛があり、どっちにせよ衰から帝旺に進んじゃうのだ。日主からみて劫財になる干の12運星が一番勢い盛んとなる十二支を「羊刃」という。そりゃあ勢いがあるわな。劫財そのもなが自我がつよく、勝負根性の塊なのだから、その劫財が帝旺に向かうのだからね。

 

例えると北斗の拳のラ◯ウが、覇権を制すように動きだした図だ。自然と権威、とうそう、孤立、などの暗示がつよくなる。羊刃は扱いに注意しなくちゃだが、羊刃のはかいせいを底上げしてしまうのが、通変星の劫財、傷官と組んだときだ。両者とも、俺が!俺が!の星で、個性が強力。この両者と組んだときの羊刃を「真刃」という。刃の輝きがもっとも冴えるのね。唯我独尊、己の力を信じて邁進する一方で周囲との調和を欠いてしまう。他人をみくだすところがあり、自然と円満とはならない。まあ、そんな部分も競争社会では優勢に働くケースもあるんだけどね。

 

日主にとって真刃の凶意がもっともつよいのが、真刃が時柱にあって、かつ命式に偏官がないか、その偏官がちからを失っている場合だ。意識して人との調和を心がける必要があるだろう。一方の偏刃は真刃ほどの影響力はないのでご安心を。特殊星のなかには、羊刃はじめ、色々な暗示があるんだなあ。

 

真刃意外の羊刃は偏刃というのだ。こちらは独立心を養うにはある意味ぴったりではないだろうか。自身の内にあるはかいてき、衝動的、傲慢の要素を克服することは、克己心を正しい方へ向かわせることにつながる。羊刃の凶意も現代社会では、とらえようによっては゛多様性゛といえる。勝ちをとりにいく、勝負強さなど。ほかにも凶暗示があったり、個性的な特殊星についても同様のことがいえる。

 

■:おわりに

 

凶の暗示がある特殊星についても、やはり克服というテーマが伺える。なぜなら、どのようにしても変えられないというケースは、あまりないからだ。凶意から、自己探求するきっかけをつかむとか、凶意をつよみに変えるなど、さまざまだ。