てくてくちとせ

占星術について書いていきます

三碧木星のあなたは積極的に行動するべし!|特徴と性格を説明


f:id:tarookadato:20191119202933j:image

三碧木星九星気学第3の星で、振動/進行/伸長/発展/成功/活発/活動/地震/営業/驚愕/通知/進出/会話/自慢/表現力/発明を暗示する。イメージとしてはひとが夢から覚めて、「よっしゃ!1日のはじまりだ」と、活発になる状態をさす。この星のひとは勢いがあり、積極性もあるため、若い頃に自力で運命を切り開くケースも多い。

 

 

三碧木星に当てはまる生まれ

昭和9年、18年、27年、36年、45年、54年、63年、平成9年、18年

 

三碧木星の解釈

 

【宮】=震宮/草木が勢いよく地上にあらわれる様

【十二支】=卯/元気に跳び跳ねるウサギ

【月】=3月/暗い土のなかから植物が顔をだす季節

【方位】=東/太陽が顔をだし、空が明るさで満たされていく

【時間】=5時~7時/少しづつ日が昇る時間帯。

【人物】=長男/長男の天真爛漫さをもっている

【易象】=雷/春を知らせるごう音

 

三碧木星の特徴と性格

 

三碧木星は、おもいたったらすぐに行動に移す人。ものごとに積極的に取り組むことで若い頃から自力で開運する素質をもっている。三碧木星を例えると、まっすぐ、ぐんぐん成長する木の星で、陽気、活発、にぎやかな特性をもっている。

 

会話で人を楽しませるのが好きで、そんな社交性が対人関係で生きてくる。ただし、どこか子供っぽさを残した性格をしており、熱中していることにすぐ飽きて新しいものに手をだしたり、また、感情的になり、他愛ないことで同じ職場の人間と口論になることもある。

 

基本的に少々お節介な気質であり、周囲からは「おおきなお世話」とレッテルをはられないように、TPOとデリカシーを心がけた、人との関わりをもつことが必要だ。

 

直感や思惑が三碧木星の長所なのだが、それが外れてしまうと、やけになったりするところを注意しておきたい。どこまで永続性をもって、物事に望めるかが、三碧木星の人生テーマといえるだろう。

 

関連記事:二黒土星のあなたは穏やかだが、芯が強い人物|特徴と性格を説明

三碧木星の開運方法

 

三碧木星の開運方法は2つ。まず、゛己を客観視゛するすべをみにつけること。そのためにすべきことは、他人の良いところを取り入れるということをやるのだ。そしてもうひとつは、一つの分野で地道に努力をしていくことだ。直感力が優れている三碧木星が地道さを手に入れたならば、人生が堅実に開運していくはずだ。

 

 

三碧木星の適職

 

芸能人/マスコミ/通信関係/新商品の開発/音楽関係…といった自身の資質と才能を活かせる分野がよい。あたまの回転がはやいため、宣伝関係などもあっている。

 

三碧木星が気をつけたい健康

 

声帯/肝臓/ノイローゼ/神経痛/呼吸器の病気

 

おわりに

 

三碧木星は、頭の回転がよく、積極性もあるために、さまざまなことに挑戦する場面が人生においてまちうけている。一つの目標を定めたならば、諦めずに地道にチャレンジをしていってほしい。