てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐再婚する暗示の命式|だけどその後幸せになる星の並びをご紹介

f:id:tarookadato:20200215214535j:plain

 

四柱推命の星の並びで再婚する暗示をもつ星の並びがある。こんかいは何度も何度も再婚する星の並びではなく、一度目の結婚は失敗したが再婚後に幸せになれる可能性を秘めているものをご紹介しようとおもう。どうも、ちとせでござる。いつもご拝読していただきありがとうございます。

   

■再婚後に幸せになれる可能性を秘めた並び

 

<偏財と劫財>の組み合わせがある女性は再婚運があるが、再婚後のパートナーと信頼関係が築けた場合であるとそのまま落ち着くケースが多い。食神の男性であれば、共に一緒にいて精神的に落ち着くことができる。

<傷官が年柱、月柱のどちらにもある>女性は夫との縁がさだまらない特徴があり、再婚の暗示がある。そのかわり中心星が正財の男性とであれば、信頼関係を深めて行くことができる。年月を重ねて正財男性の支えが大切に思えるようになれば落ち着く。

 

<命式のなかに劫財と食神の組み合わせがある>女性は、最初の結婚がうまくいかない傾向があるが、別のパートナーと再婚することで幸せになれる暗示がある。

 

<食神が3つ以上>の場合も再婚する暗示がある。中心星が劫財の男性と再婚すれば、その後は落ち着くケースもある。

 

<偏財と正財が2個以上>ある男性も再婚の暗示がある。少し気のつよい傷官女性であれば、女性がリードする形で、再婚後に落ち着いて幸せになることもある。

 

<正官が2つ以上>ある女性は再婚する暗示がある。非常に真面目で、自身を受け入れてほしい気持ちがつよい。再婚を繰り返したいなんてことはさらさらないタイプ。偏財男性であれば、価値観の共有ができ、お互いの気持ちも通じやすいため、正官が2つの女性にとっては偏財男性との婚後に落ち着く可能性がある。


<命式に印綬が3つ以上ある>女性は子供のことが原因で再婚する可能性がある。が、再婚後は幸せになる可能性が高い。

■おわりに

 

こんかい書かせていただいた組み合わせの関係は、決して再婚=悪いことではなく、その後に良い運気をつかみ発展していける可能性を秘めた星の並びだけをご紹介させてもらった。