てくてくちとせ

鑑定についてはまず゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください 料金は5000円です。「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。otaro905@gmail.com 

四柱推命ー最悪な命式とは?/あなたは自分を信じてほしい

f:id:tarookadato:20220318131344j:plain

もし最悪の命式だったらどうしよう?私は自身の命式がそうなのではないかと考えたことがある。あんまり運が悪い周期が続いたり人間関係が最悪だったりすると、そうした事を意識してしまうかもしれない。今回は最悪の命式について解説したい。

 

▼あなたの命式読み解きます▼

coconala.com

■:最悪の命式の解釈

 

 

四柱推命の鑑定は、結果がシビアになることから結果もシビアに伝える先生が多い。(伝え方を考えろよと思うことはあるし、そこは人間性だろう。)実は命式にも色々と個性があるのに、四柱推命は良い命式、良くない命式を超体育会系組織の順列みたいにスパッと決めてしまう。

 

最悪の命式とはどんな命式だろうと考えた時、それは運が上がりにくい命式や、事故がつづくといった命式ではなくて、つきつめれば悲惨な経路を進んだり、犯◯をするような命式のことを指すだろう。

 

 

■:最悪の命式①

 

 

こちら、私が選定した最悪の命式である。

 

時日月年

◯己癸辛

◯丑巳酉

 

最悪の命式の条件①はまず干関係が悪い。この命式では日主の己と月柱、年柱との干関係が良くない。するとどうなるか、月柱も年柱も社会的な場所たがら、そうした場所との折り合いが悪くなるのだ。

 

日主己は月柱の水である癸を濁し、年柱の金である辛を汚して、悖(はい)の干関係である。干関係に順悖の概念かあり、天干に悖の干関係が多ければ人生での道が順調になりにくい。

 

次に命式の辛(食神)は命式にとって良くない五行である。その良くない五行が、三合局を以てつよめてしまっているのだから、思想的な問題を抱えることになる。

 

命式から分かることは、自分の考えがつよく、しゃべりなどは好きだ。この人物は月柱を剋して、親兄弟に逆らいやすく、素直ではない。癸は財星で、目下の人間なのていじめなどをする。

 

この人物よりも、運が上がらなそうな命式は沢山あるし、この人物より金運が良くない命式もたくさんある。だけどこの人物は取り返しのつかない人生となったことから、最悪の運命を持ったといえるだろう。

 

 

■:最悪の命式②

 

ところどこ伏せるがこちらの命式

 

時日月年

◯乙丁辛

◯卯酉◯

 

この人物は、大昔の人物だが出世をして順調だった。ところが悲運を遂げたのである。

 

月柱の丁がとても良い作用をしている。だが日主乙が2つの辛に剋されることは非常に問題だ。丁は辛を剋して命式の悖を静めている。丁が用神となる。

 

丁が弱まれば身の災いに通じやすい。命式の月柱にある酉が良くない。乙を剋す辛を強めている。生まれ月は他の地支よりエネルギーがつよく、この命式のように日主を破壊する要素を含むものが命式にあることは良くない。風水による改善策などが必要といえる。

 

本人のせいというよりも、社会からの良くない作用を受けてしまったのである。運命はなんてざんこくなんだろうと私は思うことがある。なぜ、そうした運命設定で生まれてこなければならなかったのかを思う。

 

 

■:終わりに

 

もし今あなたが運がわるく、自分の命式が良くないんじゃないかと思ったとき、実はそうじゃないことを信じてほしい。これまで、鑑定をしてきたが、命式には個性があり、進む道が記されていることがほとんどなのだ。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>