てくてくちとせ

鑑定については”鑑定のご案内”という記事をお読みください 料金は5000円です。          「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。→ otaro905@gmail.com  

四柱推命−ウラジーミル・プーチンの命式

 

この記事を読んでくれている中で、今年大運が切り替わる人はどれだけいるだろう。現在、ロシア、ウクライナの渦中にいるウラジーミル・プーチンも大運が切り替わる一人である。2022年2月24日に、ウクライナ軍事作戦を開始宣言をした後、首都キーウ近辺を含むウクライナ各地に、乗り出した。あれから一年も経ってしまった。今回は四柱推命からみたウラジーミル・プーチンについて書いてみたい。

(☆YouTubeチャンネル登録お願いいたします。「てくてくちとせの四柱推命学習ちゃんねる」☆)

 

 


▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼
otaro905@gmail.com
※鑑定料金は一回5000円です。

(Gメールによる文書での鑑定です)

 

 


四柱推命でみたウラジーミル・プーチン


ロシアの進攻は当初の思惑とはことなり、2022年3月には膠着状態となった。しかし、国際社会が連携して、こうした強攻に歯止めをかけるものという予想に反して、ウクライナでは状況が続いてしまっている。現行の詳しい状況などについては、触れないが、あくまで占い師として、プーチンの命式に触れてみようと思う。


元KGB諜報員、ロシア連邦第2、4代大統領。とにかく長く大統領を務めている人物で、ヨーロッパではベラルーシの大統領に次いで長い。性格は、母親ではなく、父親の影響をつよく受けているとされる。幼少期は、あまり裕福な家庭環境ではなかった。


以下ウラジーミル・プーチンの命式。


日月年
丙己壬
戌酉辰


命式は特徴を拾いやすい。


日主が通根して気質がつよい。月柱の傷官が、年柱の偏官を剋している。もし、食神が偏官を剋していた場合は「自分の正義を全うする人物」という解釈になるが、傷官が偏官を剋すとなると、少し異質である。「自らの思想によって敵を攻撃する人物」という解釈となる。何故なら日主にとって偏官は、災厄という解釈になるからだ。プーチンにドイツ語を教えていた教師によれば、頑固で勤勉と称されている。とにかく、自分の考えで、年柱を剋すのは良くないということが分かる命式だ。己が命式にとって忌むものとなり、命式の傷官が強くなる運は良くない。


日支が月支と害してしまえば、この思想は自らに対して負をもたらすものである。命式の偏官をどのように攻略するかは、四柱推命で大切な要素であるが、剋すというのは、良くない意味になる。命式は年柱という他国と、日柱が天剋地冲の関係で、激動の衝突となる。地支の辰と日支が相冲するのを、月支の酉が間に入って邪魔をしているが、いかんせん、酉も日支に逆らうため、折り合いが悪いことになる。

 

 

この命式の目的は、年柱の偏官を克服することを目的としている。しかし、それをさせまいとする流れとなっている。

 


大運をみれば、幼少期に忌神がきて、次に水の大運が続いている。こうした時期は物事の成果に繋がりにくい。人からのあたりも強いはずだ。しかしまだ命式の傷官自体は、抑えられている。(※傷官という星自体が悪いというわけではなく、あくまでこの命式における傷官には問題があるという解釈です。)1975年〜1990年まではKGBとして職務についている。この命式には上記のような問題点があるものの、社会生活を送る上で、日主の強さという部分は、自らに対するマイナス要因に抵抗する力を持つ。

 


時柱が不明だが、恐らく命式は火、木が喜神となる。1996年に、ボリスエリツィン政権に参加し、その後1999年に首相に就任したのが、甲寅という喜神運のなかである。2000年の大統領選挙で初当選して、2004年に喜神運である乙卯という大運には再選して果たしている。

 


2008年〜2012年はメドヴェージェフに大統領を譲る形となるが、2012年の大統領選挙で復帰、2018年に再選された。乙卯運〜丙辰運でのことである。さて、問題はここからだ。次の大運の考察がとても大切となる。木の大運では、自らの抑えがきくが、火の運になるとそうはいかなくなる。

 


2022年の辰運にウクライナ侵攻を開始し、2023年から丁巳という大運に切り替わっている。丁が年柱の壬と合して、権力を発揮したい。この周期は、四柱推命の一つの見方としては喜神運と考えられる運だが、この運は別の見方が必要だ。仮に水の大運が現在訪れていたとしたら、日主へのダメージは大きかった。今後の丁巳という大運は喜神運としても、日主自身への剋のような作用が考えられる。つまり、2023年から「良くない運」に突入した事になる。

 

 

2023年からの丁巳運は「健康を損なう、肉体的不利を被る運」になることが、考えられる。流年の影響も関係するが、2026年や2027年は、かなり良くない。高齢の状態で、こうした運がやってくるのは間違いなく問題がでる。

 

 

▼命式の読み方を載せた四柱推命の独学テキストを販売しております▼

coconala.com

 

 


■おわりに


まだ長期にわたり、状況は続いている。
早く、今の状況が終わることを願う。

 

 

 

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>