受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

パワーストーン浄化初心者【実験】

 

f:id:tarookadato:20190201025256j:plain

パワーストーンの浄化方は一般的に、日光、月光、水、塩、セージ、さざれ石だ。では今回ちょいと変わった実験をしたので載せてみる。

 

それぞれ浄化方法のちがう石を組み合わせたブレスレットを作って、困っていた矢先、ポジティブな人に一時渡すことを考えた。

 

ポジティブオーラの人にもたせて、充電させようではないかという、奇想天外な発想だ。

 

さて、それに触れるまえに、それぞれの浄化方法の違いをみてみよう。

 

 

1それぞれの浄化方法

 

実際に店頭で聞いた水での浄化は10分~15分が目安だそう。

 

一般的には水は溜めずに、流し続けるようにいわれているが、水を溜める量によって、また、後の軽いすすぎも含めれば、溜める方法も水道代を考えればありかも。

 

目安を意識しながら、 石が「もういいよ」とメッセージを送ってきたらオッケー。

 

水道水での浄化はさまざまな意見があるけれど、身近に清流があるとは限らないので、範囲内でいいだろう。

< 水を避けるべき天然石>

http://kiri2net.ko-co.jp/e254684.html

 

体感としたら、腕につけて、一緒にお風呂にはいるのもいいかもしれない。

(石が喜んでる感じが伝わる)

 

塩による浄化は、即効性があるけれど、少し注意が必要だ。

 

食塩は効果がなく、粗塩が必要だし、間違って異なる性質の石に使ってしまうと、石へのダメージは相当なものになる。

(ルチルクォーツだと内包した針が壊れてしまうほど)

<塩を避けるべき天然石>

http://diamondsintheroughbymichelle.com/Salt.html

 

日光による浄化は日の出とともに5分ほど行うのが効果的だが、あて続けると石が弱ってしまう。

<日光浄化について>

https://www.gemstone-wiki.com/purification05.html

 

月光浴は新月から満月のあいだに行うのがよいとされ、エネルギーチャージという意味では効果の高い浄化方法だ。

<月光浴浄化について>

https://www.gemstone-wiki.com/purification06.html

 

セージは古来より魔よけに使われてきて、燻すだけで浄化が完了する優れもの。

(ただし高い)

<ホワイトセージの浄化について>

https://www.lucas.life/smartphone/page3.html

 

そんななか、やはり、時期や場所、コストを考えても、石を選ばない゛さざれ石゛による浄化が万能だろう。

https://www.lucky-shop.jp/contents/pstone/1018

 

さざれ石は100均でも売っており、1000円分くらい購入するだけでも、十分な浄化ができる優れもの。

 

浄化するパワーストーンを置くだけだからだ。

 

では人による手渡しの浄化は有効なのか?

 

 

f:id:tarookadato:20190201025913j:plain

2手渡し浄化いかに?

 

実感として、たしかにポジティブエネルギーは伝わってくるけど、浄化はされていない?という感じだ。

 

石の雰囲気、つけた感覚が重いのだ。

 

この実験ではエネルギーの補充はできても、取り去る作業は無理だった。

 

残念…。

 

(もう1つのオリジナルである、雪での浄化は効果があったようにおもう。土に埋める浄化方法があるなら、雪に1日埋めてみてはどうかと考えたら正解だった。しかし、これはあくまでも個人的やり方なので、皆さまは一般的な浄化法を試してほしい。)

 

 

ここで、さいごにオリジナル極まる最高の浄化方法をご紹介する。

 

゛なにもしない゛

 

腕にはめず、放置して石の自浄作用に任せる。

 

たまったエネルギーにもよるけれど、しばらくのあいだ、石をそっとしておいてやると少しづつ浄化される。

 

しばらく活躍したのだから、そっとしておいてほしいと、石も感じてるんじゃないかと、勝手に想像して、休ませてみると効果がありだった。

 

 

それはさておき、やはり、浄化に一番もってこいは、コスト、持続性をふまえてさざれ石という結論だ。

 

3まとめ

 

この度の実験は失敗に終わった。

 

突飛な発想だっと反省。

 

パワーストーンを浄化する最には、最適な浄化方法を行う必要がある。

 

 

その浄化方法に向くもの、向かないもの、どちらでもないものがある。

 

間違った浄化方法を行うと効果がないばかりか、石を弱らせてしまう。

 

石は、ケアの仕方、接し方、気持ちの持ち方に呼応してくれるので、親しみと優しさを忘れずに付き合っていきたい存在だ。

 

さいごに、音による浄化、アロマによる浄化、植物による浄化方法を載せておこうとおもう。

 

http://www.rainbowangels.jp/?pid=7332746

 

https://fusuil.biz/powerstone-joka/entry1217.html

 

http://crz.secret.jp/jyouka/iphone/entry13.html