受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

食べた中で1番うまい鍋スープはこれだ!‐クセになり何度も食べたくなる

 

 

我が家では例年は水炊き鍋が多いです。水炊きは、鍋に具材を投入して、ポン酢で食べるスタイルで多用途ですね。ですが、今年激烈にうまい鍋スープをみつけてしまい、めっきり水炊きの出番が減りました。水炊きよりも多用途な鍋スープとはいかに!そんな最高の鍋スープはこれ!

 

 

  ダイショー/コイケヤ監修カラムーチョ鍋スープ

1本の値段が214円(税込)

他の鍋つゆと比較すると、2~3人前/容量は580gと、決して多い方ではないです。

f:id:tarookadato:20190228172200j:image

 

コスパは??

 

しかし、容量700gを越える鍋つゆといえど、家族が多ければ一回二袋は使用するでしょう。カラムーチョ鍋スープは、ストレートタイプですが使った感想として、〆のラーメンなどを煮る際は、少し水ましをすれば、煮つまったラーメンが美味しく食べられます。他の鍋つゆと比べて、一般的なコスパでしょう。

 

さて気になる味は??

 

キムチの味を想像するなら違っています。コイケヤのカラムーチョチップスは馴染み深いお菓子ではないでしょうか?あの味そのままなんです。 辛さが2種類あり、「中辛」と「辛口」タイプがあります。キムチ味ほど角がなくって、トマト味ほど、シンプルな味ではありません。チキン・ガーリックが効いていることも関係するでしょう。

 

辛みに程よいコクがあり、ほんのり甘みがある味なんです。一言でいうと「カラムーチョ味」です(笑)それ以外の形容がありません。すご~くクセになる味です。2019年の2月だけで、3回食べましたね(笑)

 

とにかく万能なんです。肉や白菜、きのこ類はもとより、水炊き鍋で、ポン酢で食べている具材が全て適応できます。「カラムーチョ味」は辛さが、具材の邪魔をしません。あくまで、具材のお供というポジションでいただけます。からだも「ヒーフー」の通りですごく暖まりますよ。

 

そして、食べ終わった鍋スープはチーズを入れてリゾットにもできます。また翌日まで寝かせておくと、角がとれ、甘みが強調された柔らかみのある味になります。その場合、ごはんとの相しょうがバツグンになります。゛二段構え゛で美味しいです。個人的には「中辛」が美味しかったです。

 

 

エネルギー/77キロカロリー

たんぱく質/2、8g

脂質/0、9g

炭水化物/14、4g

食塩相当量/7、3g

 

その他に巷で美味しいといわれている鍋スープ

 

イチビキ/赤から鍋スープ三番

324円(税込)

CoCo壱/チーズカレー鍋スープ

378円(税込)

くばら/きのこのうま鍋コク胡麻みそ味

378円(税込)

もへじ/塩レモン鍋つゆ

298円(税込)

ミツカン/「〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆ」

328円(税込)

 

鍋レシピ10選

https://www.tukishiro01.com/entry/nabereshipi_10

 

3月に突入し、寒い時期は徐々にすぎていきますが、鍋はまだまだ需要があるのではないでしょうか?鍋は調理が簡単で、なかなかありがたい料理ともいえますね。</p