てくてくちとせ

占星術について書いていきます

命式に多い五行はどれかな?木、火、土、金、水それぞれの性質からあなたの性格を分析


f:id:tarookadato:20191018215404j:image

「あなたは天に伸びる樹木のような人です。」 と、自然の万物に形容されて、性格を分析されるのが五行占いである。五行には自然の摂理があり、その長所短所はそのまま、あなたの性格にも当てはまるものだ。どの五行が命式のなかに多いのか、であなたが、天に伸びる木の人なのか、燃え盛る火の人なのか、あなたの根幹にある部分が垣間見えるのである。

 

 

五行による10の分類

 

十干はご存知だろう。ひとが生まれたときに天から与えられるエネルギーで天干と呼ばれるものである。五行に十干を当てはめるとあなたは、草花だとか、雨水だとか、森羅万象のどのようなものに例えられるのかがわかるのだ

 

合わせて読みたい:十干【甲/乙/丙/丁/戊/己/庚/辛/壬/癸】それ、すなわちあなた自身を現す|10種類の人間特徴を知って運気を上げよう

 

木に分類=甲、乙

甲(きのえ)の人は樹木/まっすぐ伸びる巨木

乙(きのと)の人は草花/柔らかな草花

 

火に分類=丙、丁

丙(ひのえ)の人は太陽/燃え盛る炎

丁(ひのと)の人は灯火/柔らかな灯火

 

土に分類=戊、己

戊(つちのえ)の人は大地/すべてを包みこむ大地

己(つちのと)の人は畑土/植物を育む畑土

 

金に分類=庚、辛

庚(かのえ)の人は斧/鋭い刃物

辛(かのと)の人は宝石/魅惑の宝石

 

水に分類=壬、癸

壬(みずのえ)の人は大河/ダイナミックに流れる大河

癸(みずのと)の人は雨水/静かに降り注ぐ雨水

 

あなたはどのような性質だろうか?命式に多い五行からあなたの性格を分析するときも、五行に当てはめた十干の性質のどちらかに寄るのである。

 

多い五行から分かる性格

 

木が多い人=「仁」を司る人物。純粋で清らかな性格。困った人をほうっておけず、誰かのために優しさを発揮することを喜びとする。慈愛と平等主義の人であり、道徳的な人生観観をもって、一生をゆく。一方で納得のいかないことには、首をたてにふらない頑固さも持ちあわせている。甲ならば、まっすぐな優しさを、乙ならば、柔らかな優しさを発揮する。

 

火が多い人=「礼」を司る人物。情熱的で明朗な性格。明るく、集団のなかにあって、多くの人に注目される。派手で、華やかさがあり、そして解放的。せっかちで感情的、そして独占欲がつよい部分がある。丙ならば、燃え盛る行動力が備わり、丁ならば、人の心を照らす灯りとなる。

 

土が多い人=「信」を司る人物。温厚で誠実な性格。信じたひとを裏切らず、信用を重んじる安心感をあたえる。じっくりと物心にとりくみ軽率な行動をしない。また、穏やかな生活スタイルに合っており、他人に対しても包容力がある。戊ならば、広い心が生じ、己ならば、柔軟な包容力が生じる。

 

金が多い人=「義」を司る人物。正義感旺盛で、自身のマイルールに沿って行動する。勇気があり物事の決断がはやい。愛情深いのだが、決断を迫られる状況や勝負が必要な環境に身を置くところがあり、刃物のように攻撃的なところも存在する。庚ならば、相手をふせる刃が生じ、辛ならば、華やかな魅力が生じる。

 

水が多い人=「智」を司る人物。水のように柔軟性があり、心が一ヶ所にとどまることは苦手。明るく、フラットな性格で、頭脳明晰。さまざまな困難や逆境に対して、うまくトラブルを回避できる器用さがある。協調性があり、さまざまな人と仲良くなることができる。壬であれば、ダイナミックな生き方が生じ、癸であれば、人を包みこむ雨水のような優しさが生じる。

 

おわりに

 

命式のなかに特定の五行が多ければ、その五行の性質が性格につよく反映されることとなる。多い五行の特徴を意識して、日々を有意義に過ごせることが大切である。