てくてくちとせ

桜、温泉、について書いていきます

北海道おすすめ温泉『登別温泉』|北海道で一番の泉質/情報簡単にまるわかり

f:id:tarookadato:20190409094424j:image

登別といえば、アイヌ語で「ヌプル・ペッ」と発音し、その意味するところは、゛色の濃い川゛であり、川の色が白く濁っていることを指す。

 

そんな登別にある登別温泉は江戸時代から知られており、明治になると観光地となった。

 

なんせ泉質が北海道で一番というクオリティーなのだから、大型連休などのときには、全国各地から、毎年300~400万人の観光客も多く訪れる場所となっている。

 

周囲は国の天然記念物である「登別原始林」に囲まれたカルデラ地帯であり、大自然が広がる。

 

 

登別温泉の特徴

 

1925年に電車が開通し、かつて゛秘境゛だった場所には、いまや、多くの温泉宿ができ、全国有数の温泉地になるにいたった。

 

登別温泉の特徴をあげると、温泉の自然湧出力量が1日1万トン、9種類の泉質があげられ、「にっぽんの温泉100選では、常に上位」に位置している。

 

温泉の高い効能は昔からしられており、「北海道」の名付け親である松浦武四郎も、それを記している。

 

周辺には複数の景勝地があり、観光地としても名高い。

 

住所

北海道登別市登別温泉町(ほっかいどうのぼりべつしのぼりべつおんせんまち)

登別温泉地図]

https://www.mapion.co.jp/smp/m2/42.49967013,141.14154544,16/poi=L01203010900000000071

泉質

ラジウム泉/硫黄泉/重曹泉/食塩泉/明礬泉(みょうばんいずみ)/芒硝泉/緑礬泉/鉄泉/酸性鉄泉

摂氏45℃~90℃

温泉別料金

第一滝本館

露天風呂や庭園風呂のほか、多くの湯船のある露天風呂を完備している、昔ながらのスタンダードな温泉

・大人/2000円・子供/1000円・時間/9時~18時

夢元さぎり湯

硫黄泉や明礬泉が楽しめるうえに、かけながしもでき、料金が安いのが魅力

・大人/420円・子供/180円・時間/7時~22時

鈴木旅館

源泉かけながしの温泉に湯温がことなる3種類の浴槽が設置されていて、また昔ながらの素朴さが残る

・大人/500円・子供/250円・時間/13時~20時

花鐘亭はなや

・大人/700円・子供/350円・時間/11時~16時

オロフレ荘

海の近場にあり、カルルス温泉の総湯元であり、かけながしのほか、大浴場と露天風呂を堪能できる

・大人/500・子供/200・時間/12時~20時

石水亭

登別の大自然を満喫することができる、空中大浴場、空中露天風呂が見事である

・大人/800円・子供/400円・時間/11時~19時

登別グランドホテル

上品な雰囲気で、ローマ風大浴場、滝の流れる庭園露天風呂が魅力

・大人/1500・子供/500・時間12時30分~20時(月木14時30分~)

 

 

終わりに

 

登別は温泉だけでなく、さまざまな観光地があり、温泉をめがけていき、近場の観光を楽しむことができる。

 

活火山や、原始林など、自然発生的なパノラマを楽しめるほか、多数の観光地とくれば、1日で満喫するのは難しいだろう。

 

長期休暇などを兼ねて、江戸時代からの保養地でもある登別を訪れると、休養いがいにも、周囲の探索もたのしいものとなるだろう。

 

独特の自然体型が織り成す場所で、温泉そのものを堪能しながら、ひびの疲れを癒してもらいたいとおもう。

 

[関連記事]

道後温泉|入浴コース|料金/小説『坊っちゃん』にも登場する愛媛県随一の温泉宿