てくてくちとせ

鑑定についてはまず゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください 料金は5000円です。「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。otaro905@gmail.com 

四柱推命ー人に興味がないのは変かな?/タイプ別に解説

人に興味がないというのは、色々な要因が関係している。元々関心が薄いという意味で興味がないのか、それとも特定の人物にしか興味がないのか、分かれるところだ。頭脳の冴える人物が、短い会話で相手の本質をとらえて、興味がなくなることもある。本日は四柱推命的に人に興味がない人について語りたい。

 

▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼

otaro905@gmail.com

※鑑定料金は一回5000円です。

ブログを見ましたとご連絡くだされば折り返します。

 

■:四柱推命でみた人に興味がない

 

個人的には、人に興味がある人物というのは話していて楽しい。何というか、自分に関心を持ってくれているのだなと、朗らかになる。だけど一方で人に興味がないという感覚も分かる。例えば私の場合は、比劫と印綬がつよくて、基本的には自身の向上を追求しやすい。人のプライベートには干渉しないし、向上のための刺激を得られる人物に対して、興味を持ちやすいといった感じになる。(鑑定でご相談者様と向き合うときは別ですよ。)印綬につよい比劫が生じられれば、個の可能性をみつめやすい。

 

まあ、住む場所によっても人への興味があるかないか度合いも変わってくる。人との距離が近く、お付き合いの密度が濃い場所においては、ある程度人への興味関心ファクターが引き出されやすい。逆に一定の距離感を重視する場所においては、人に興味がないという状況であっても過ごしやすい。この辺りは通変星のみではうまく説明ができない。

 

また、例えば環境的に自由を制限されやすい命式であった場合は、人に興味がないということが起きる。つまり、自身の興味関心や、方向性を模索することでいっぱいのため人に興味が持てないパターンである。興味を持つ余裕がないともいえる。

 

時日月年

◯庚丙戊

◯◯戌子

 

このように、年柱の子は食神で、自身の表現星であるが、周りが火と乾燥した土に囲まれれば、若い頃は自由がとられていることになる。すると、人に対する興味よりも、自身のことで葛藤を生みやすい。

 

あとは、ストレスがかかりすぎる命式も人への興味が薄くなる可能性がある。

 

時日月年

丁癸丁丙

◯巳◯◯

 

こういった場合も、対人関係の負荷によって、状況によっては人に対する興味どころではないということが起こりうる。つまり、外部的要因によって、人に興味がないという事態につながる。

 

ただ、生粋に人に興味がないという場合は、゛空亡゛が関係する。空亡は欠けの意味をもつ。月柱、年柱が空亡、そして日主が空亡であれば、命式の配合によって体外関係においての実質的な興味が薄くなる可能性がでてくる。そうした構造の命式であれば、無理やり人に興味を持つことができないし、自身を過度に表現することを好まない場合がある。

 

つまり、自分自身の自己顕示欲が薄く、つよく共感を得たいと考えていないがために、当然人に求めないし興味がない。なので、生粋に人に興味がない場合、その人物に自身とおなじ熱量を求めても無理なのだ。

 

あとは、研究、学問を追求する命式においても場合によっては人に興味がないということが起こりうる。つまり自身が手掛けることに対する方向に全意識がむいちゃっている状態だ。純粋に人に興味がないのではなく、エネルギー的交流に偏りがあるという具合である。

 

時日月年

◯乙壬癸

卯亥◯◯

 

率先して人に興味がないのではなく、興味のある分野に全振りしている。

 

根ほり葉ほり、という感じで、人に興味津々というのも勘弁だけど、「俺は俺の道をゆくから人に興味ない」というスタイルで生きてゆくのも、人間成長に繋がらない。ただし、なかには、人に興味を持ちたくても持てないという、病理の事情も関係する場合があるため、なかなかひとくくりにはできない。人への興味熱量は人それぞれなので、やはり考え方としての住み分けは必要だろう。

 

■:終わりに

 

人に興味がないという状態にも、色々とあるけれど、人に興味をもつことは一つの愛だと感じる。例え交流が狭い範囲だとしても、人に興味を持って接してゆく心を持っていたい。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>