てくてくちとせ

鑑定についてはまず゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください 料金は5000円です。「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。otaro905@gmail.com 

四柱推命ー将来に繋がる子育てについて、お子様の資質と接し方について5つのパターンを解説

時々子育てについてのご依頼をいただくので、今回は子育てにフォーカスした内容を語ろうとおもう。子育てについての問題で欠かせないのがお子様の資質の問題である。お子様がどんな性格で、どんな個性があり、接し方育て方はどうすればよいのか、といった部分にフォーカスして語ろうと思う。

 

▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼

otaro905@gmail.com

※鑑定料金は一回5000円です。

ブログを見ましたとご連絡ください。

 

■:命式と子育て

 

 

〈比劫タイプの子育て〉

 

比劫が天干に並ぶと、自我がつよくなる傾向だ。基本的に主体性が発揮されるのだが、あまりに多いとわがままになる傾向だ。自我のつよさが良い方向に向かうよう、サポートが必要だ。

 

主体性が良い方向に向かう場合は自主性を認めてあげ、わがままがでれば、抑える方向で接する必要がある。印星と比劫が多ければやはり、ぐんぐん向上しようとする反面、自己都合的になることがある。

 

自尊心を傷つけずに対応する必要がある。つまり、褒めるところは褒めて、しめる部分はしめるという感じだ。すると、社会で自分の主体性を生かすことができるようになる。注意はお子様の我と親が張り合わないということ。これをやると、否定感がつよくなるのだ。難しいさじ加減ではあるのだが。

 

※もし、天干に比劫が並んでも、地支が弱い場合は、表面上つよくても、中身は繊細だったりするので、見極めが必要だ。

 

〈食傷タイプの子育て〉

 

まず、お子様のタイプとして、食傷が命式にたくさんある場合は、自由方向に向かいやすく、それが才能に繋がることが多い。

 

だけど子供のころに両親から制限を受けずに自由方向に向かいすぎると、社会の規律から外れやすくなる。なので、子育ての方向性としては、ある程度、言動や行動には歯止めをかけ秩序だった考えを持ってもらうようにするといいかもしれない。そうすると将来的に自身の優しさや独創性が生きることになる。

 

ただし、子供のペースにつられて過干渉になると関係性が悪化しやすいため、子供の行いを一歩下がって俯瞰して、場合によって調節してゆくことがいい。

 

〈印星タイプの子育て〉

 

命式に印星がたくさんある場合、パターンは2つになる。゛真面目で考え方がかたい傾向゛゛わがままで依存心がつよく、他人に厳しい゛前者の場合は、緊張をほぐしてやる必要がある。

 

できないことを責めずに、頑張ることをうながさない。十分頑張ったねと認めて褒めてあげることが大切だ。後者の場合は、人の気持ちを考えることを根気よく促す必要がある。そうすると、社会のなかで物事に直面したときに努力を重ねるようになる。ただし、キツく言い過ぎれば傷が残りやすくなるのでそこは気をつける部分かもしれない。

 

〈財星、官星タイプの子育て〉

 

財、官が命式にあり、多すぎなければ社交性を発揮し、規律を守る人になる。自分自身でちゃんと道を切り開く性質を持つため、自然と社会適合するので、子育てとしてはご本人の気持ちの尊重が必要になる。

 

共感してあげることも必要。命式が財ばかりで多すぎたり、少なすぎたりすると、消極性が目立つ、こだわりがつよい、金銭感覚が低い傾向なので、そのあたりのサポートは必要だ。官星が多すぎれば、ストレスや負荷を感じやすくなるために、精神的なサポートが必要だ。リラックスできる環境作りなどが大切となる。そうすると、財、官のもつ社会性が生きるようになる。

 

共通していえるのは、親のエゴを押し付けない。尊重はする。という部分だろう。

 

 

▼あなたの命式を読み解きます▼

coconala.com

 

■:子育てとお墓

 

 

鼻や目の形が両親のどちらかと似ることがあるだろう。同じく、お子様とご家庭の事情が複雑で、相談依頼をいただくことが多々ある。すると、ご相談者様もご両親との間柄が複雑だったりする。その場合「お墓」についてまず、お聞きする。お墓の設置場所が、開けて明るい平地ではなくて、暗い山中や閑散とした場所にないかと。

 

すると実際に、お墓の場所が良くなかったりする。家庭が辿る運命も墓相と関係するからなるべくなら日当たりが良い場所に設置されている必要がある。悪い場所から、良い場所へ移動させることは家系の運勢に関わる。

 

こうしたチートな事情という部分は、実際にお子様の性格判断をして、関係をアドバイスするよりも占い的に時に有効であったりする。子育てやその子供の子供への影響が変わったりする。しかし、運命の拘束力がつよいと「金銭的な問題やお墓に関わる人との縁」により、移動ができないことがある。するとまた、別の角度からの改善案が必要となる。今後鑑定士をされる予定の人はそのような要素を意識されても良いかもしれない。

 

 

■:四柱推命と子育て

 

さて、占い師である以上、子育てについては私個人による主観的アドバイスはしないと決めている。私には子供がいないし、そうした意味ではご相談者様が子育ての先輩にあたるからだ。ただし、命式から読めることは多々ある。

 

これは私の親族の命式である。

 

時日月年

戊辛癸甲

子亥◯◯

 

家族との仲が悪いという情報はないが、問題点はみえる。必要な助力を得られていないことだ。

 

家族との仲は悪くなかったけれど、本質的な心の交流がなかったという配合であり、そうしたケースが多々ある。

 

とてもお子様を大切にしていらっしゃる反面、どうも、お子様ご本人が自信を持てない、とても良い子だけど非常に不器用な面があるなど。そのようなケースは過干渉で、お子様が言うことを聞かないということよりも事情が複雑である。

 

子供の内面は、ご両親の心理構造を取りこんでしまう。生き写しといえば誤解を生むかもしれないが、両親自身がもし、対人関係において表面上そつなくこなしていても、内面に対人面の苦手意識を持っていれば、子供はその影響を受けることになる。すると、子供にもっと人の輪に入りなさいと説得しても、なかなか難しくなる

 

子供にとっては、ご両親と過ごした実際の時間の長さよりも、「内面が触れあった時間」の方が大切といえる。ご多忙で、なかなか時間が作れないという方もいらっしゃるのも確かで、本当に難しい問題だ。

 

 

■:終わりに

 

コーヒーの匂いが鼻をつき、朝目覚め1日がはじまる。幼少期の食卓は、つんつんふわりとした香りに包まれ、他愛ない両親の話をラジオ代わりに耳に挟んでいた。声は音になって記憶の黒板から消えて、あの香りだけが今となっては朝食時の印象そのものである。ブラックコーヒーはまずい、そう感じながら砂糖を入れず30年以上飲み続けている。

 

 

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>