てくてくちとせ

鑑定についてはまず゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください 料金は5000円です。「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。otaro905@gmail.com 

四柱推命ー傷官4つあるってか!個性とキャパシティを両立すべし

身近でいえば父親、母親ともに命式に傷官がある。幼いながら考え方や発想力などが独特だと感じていた。有名な漫画家さんの命式をみると、大運や流年を加えれば、傷官が4つ、それ以上になる。傷官はある意味非常に風流であるが多すぎれば良い面と、また時にそうでない面も表れやすくなる。

 

▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼

otaro905@gmail.com

※鑑定料金は一回5000円です。

ブログを見ましたとご連絡くだされば折り返します。

 

■:傷官4つ

 

命式の傷官がつよい人は、独自の世界観を持ちやすい。考え方や発想力、想い入れた事柄には他を省みず純心に取り組む部分がある。命式の印綬がつよすぎる私からすると、羨ましい側面がみられる。傷官が命式に1干1支くらいであれば、人物に風流て、ちょっとした自由さを与えて魅力となる。だが多すぎると、傷官ワールド全快となり、一人100メートル走が始まりやすい。

 

傷官という星は、自我を表現するお勤めを持っている。適度が望ましいが、つよすぎると「型破り」な方向に進みやすいといえるだろう。良くいえば一人で信じた道を貫徹する才覚や資質がある。芸術でいえば、妥協のないオリジナル一色の作品を生み出すこともある。

 

これはとある伝説の漫画家さんの命式である。

 

時日月年

辛丁壬戊

丑未戌辰

 

大運や流年を合わせると、なんと傷官が4つになる。この方の作品は唯我独尊といってよいほどの知名度だし、他の追随を許さないほどの才覚がある。基本的には傷官は、技術、表現に関わる。

 

食神と違って傷官は、福寿の意味はない。むしろ、良し悪しが表裏となる星である。ようは、つよければ我を通しやすく、調和を無視しやすくなるという側面を持つ。よくいえば自由だが、つよければ無情であったり、相手を認めない、人を省みないという部分が多少ならず顔を出すことがある。

 

ただ、そうした部分はあくまで、ご本人が培ってきたキャパシティの問題も多分にあるので、あくまで統計的な話になってしまう。傷官だけで性質を決めつけてはいけない。

 

以下はあくまで統計的な解釈だ。

 

傷官が1干1支であれば、ご本人の魅力となりえる。

 

1干2支であれば、少し独自性があるが、調和を持って人と関わってゆける。

 

1干3支であれば、独自の世界観、価値観を持ち、それを貫徹したい想いがあらわれやすくなる。ご本人のキャパシティによって吉凶が影響する。調和を保持することはできる。

 

1干4支、つまり傷官が4つになれば、自身の想い、方向性、価値観が独自路線を望みやすい。命式の配合がよければ、専門性が高い分野においては活躍できる。4つの傷官が、日主と繋がり、命式で効用を果たせば、偏りとともにそこには人間ドラマが生まれる。

 

ただし傷官が4つあり、傷官道全力投球するのはきけんである。スライダーや、カーブを選ぶ選択肢を残しておくべきだ。

 

 

■:傷官を制御する必要性

 

つまり傷官がつよければ、つよいほど自我の表現という意味がつよくそれが表面化しやすい。命式の配合いかんによっては、言動がわがままと捉えられる場合がある。傷官が悪い意味でつよすぎれば、理論を無視して、我の望む方向に進みやすいため、これをしっかり管理する必要がでてくる。

 

傷官がつよくても、抑えることをして、上手く付き合えばご本人の魅力となるが、抑えなければ、ご本人が周囲との溝を感じてしまう。個人的には傷官の独自性が、ちょっと可愛く思うこともあるが。風流もいきすぎれば、周囲と足並みが揃わなくなる。星そのものが、我と関連が深いため、その辺りの節制は必要だ。

 

つよい傷官が命式と、ウインウインの関係であれば、奇才、他が真似できない個性との繋がりが生まれる。傷官が4つもあれば、それ自体がどうのというよりも、傷官ワールドの生き方がそこには生まれやすい。ただし社会的にダメな型破りは見直す必要がある。

 

■:終わりに

 

傷官という星に対して個人的には、何かこう、とても魅力を感じるのだが、強すぎた場合は、抑える必要がある。傷官の自由を代表するエピソードは、私が好きである故勝新太郎さんの、記者会見のエピソードである。人間味って色んな要素が絡み合っているのだと感じる。

 

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>