受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

まるで外国!北海道のローカルな習慣とは?

f:id:tarookadato:20190107160836j:plain


北海道は雪で白くなっています。どうも、こんにちは。ちとせです。ぼくは西日本から北海道へ移住してきたましたが、北海道には本州にない習慣や、物が存在します。北海道を旅行などで今後訪れる方のために、それらを紹介したいと思います。

青森から函館


まず、青森からフェリーで函館に到着した時の印象は、まるで外国でしたね。道は広く瓦屋根の建物がない。いま住んでいる場所もやはり、建物の外観が本州とは違います。ちなみに北海道の建物の中は暖かいです。アパートなどでは灯油ストーブが標準装備されています。そして北海道は冬場はお金がかかります。灯油代、ガス代がどうしてもかかってきてしまうんです。道民の方の話だと、冬場の事情を考慮して、家計を意識するんだとか…。

f:id:tarookadato:20190107163145j:plain
道民の方々が観光客を見分けるときに、凄い厚着してたりすると、あ?観光客かなと思うらしいです。札幌なんかの道民の方は冬場所でも構ラフな格好してます。そしてなぜか雪でも傘をささない人の割合が高いです。とはいっても、仕事などで長時間外にいる場合なんかは、防寒着が必要です。ちなみに、場所によって寒さが全然違います。北見や朱鞠内などは物凄く寒いので注意です。そんな北海道ですが、冬が終わり、雪が溶けはじめると街の雰囲気が全く違ってて、見ものです。


次に北海道の結婚式についてです。本州の御祝儀制ではなく、会費制になっています。結婚式に来た人が自分たちの飲食するぶんのお金を払います。基本は、御祝儀を包みません。(包む場合もあるようです)凄く合理的ですよね。はじめは変わってるなあと思いましたが。


これまで北海道の事を色々書いてきましたが、最後はとても個人的に気になることを書きます。


他の記事でも書きましたが、インスタントラーメンのコーナーの7~8割がまるちゃんです。後が、日清、明星あたりです。西日本出身者としては、時々、地元に並んでいた商品が恋しくなります。たまに、地元からインスタントラーメンを送ってもらうこともあります。北海道のラーメン屋さんは基本、醤油、味噌、塩がベースです。豚骨や担担麺はあまりみかけません。そして麺は中太の卵麺が多いですね。


ざ~っと北海道について書きましたが、レジャーにしても食事にしても、どれをとってもいい場所だと感じます。夏場は大型バイクの道外からきたライダーが気持ちよさそうに走ってますし、風景もとても綺麗です。本州から北海道へ来る手段は2つ、フェリーか飛行機になります。フェリーでの度はおすすめです。いよいよ船上から北海道が見えてくると本州との湿度や雰囲気の違いを肌で感じられて感動もひとしおです。


ぜひ一度遊びにきてはいかがですか?


関連記事