てくてくちとせ

鑑定・講座のお問い合わせは私のアドレスまで「ブログを見ました」とご連絡ください。アドレスotaro905@gmail.com 鑑定料金は一回4000円です。詳しくは゛鑑定のご案内゛という記事をお読みください

四柱推命ー金鎖、断橋この二つの解釈/凶作用のウソと本当

この度はかなりダークな事が記されている特殊星、金鎖と断橋について書かせていただきたい。何かやばそうな雰囲気が漢字からでてるっていうのが、四柱推命あるあるだ。基本的に私は特殊星の一部を肯定派なんだけど、今回この二つを取り上げるのは、「こじつけにしてもさすがに」無理があると感じたからだ。

 

▼鑑定のご依頼は私のアドレスまで▼
otaro905@gmail.com

※鑑定料金は一回4000円です。

ブログを見ましたとご連絡ください

 

■:金鎖(きんさ)とは?

 

四柱推命学びはじめあるあるで、よく思うことは「漢字にひらがなをふっておいてくれ」という部分だ。特に難しい漢字に関しては調べるとこからつまずきそうだ。

 

それはさて置おき、一部の特殊星肯定派の私、むしろ特殊星をみるだけで、これどんな?とワクワクする私だがそのボルテージが下がりまくったのが金鎖と断橋である。特殊星はよく、ウソや眉唾と片付けられ、先生によっては判断に一切使わない人もいる。私からしても実はこの二つに関しては養護できない。

 

まず命式に金鎖と断橋がある人に安心していただきたい。この二つの意味を調べても、実際にはかなり信憑性が低く、不吉な要素はない。

 

 

さて、金鎖とはお金がいっぱいもらえるの、繋がりとは違う。「自分の日柱と同じ日柱が巡る年や月のこと」をいう。単純にそれだけなんだけど、若◯に、子供を早く失いやすいとされている。考察してみよう。

 

例えば甲寅という日柱の人に対して、甲寅という干支が60年に一回、60月に一回訪れることになる。これを金鎖さつという。上記の意味のほか、転職や引っ越しはやめておけといわれる。

 

なんか、四国八十八箇所巡りみたい。(ひとり言)

 

私は四柱推命は基本的にはどこまでもロジックで考えているので「風習や言い伝え」を実は全然信用していない。昔からこう言われておる、みたいなのはまず検証から入る。゛負の禁忌をつくりだして人を縛ってはならない゛と考えている。

 

ある人は幼少時期に、お前は◯◯という星を持っているから、人を蹴落とす人間だ、といわれて心のトラウマを抱えてきた人もいらっしゃる。あまりに可哀想だ。

 

冷静に金鎖を語る。

 

時日月年

丙甲癸◯

◯子酉◯

 

さて、この命式に日主の甲子が巡れば、かなり良さそうだ。自分自身の持ち味を発揮しやすい時期だ。

 

日柱が巡り凶となる場合と、吉となる場合の二通りが考えられるが、私の判断では日柱が巡るだけで凶という判断はしない。あくまで、命式全体の構成をみて、考察していく。

 

だから金鎖一つとって良くないというのはないので安心してほしい。

 

 

■:断橋(だんきょう)

 

だんきょうと聞いて、一発目にムンクの叫びが頭に浮かんだ。絵画で両ほほに手をあてて阿鼻叫喚する人の構図だ。

 

橋が断たれる………?このネーミングセンスよ。

 

意味合いは「近しい人や親戚と疎遠、孤独になる」というものだ。

 

特殊星は簡単にいえば干支の組み合わせにまるで、技名のように名前をつけたものだ。(ようは干支の集合体)

 

断橋になる組み合わせは以下↓

 

月支/子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥

〇〇/子亥寅卯申丑戌酉辰巳午未

 

さて、これらの組み合わせで「疎遠」というのはどうも見受けられない。一部状況によっては、命式との兼ね合いから遠くへいく、移動する可能性を秘めたものもあるけれど疎遠はない。

 

どうみても、見つけられない、というよりも命式きあればかなり良いよね。断橋。上記の組み合わせなかには断橋とは知らないで、実際の鑑定の判断に取り入れてきたものもある。

 

勿論命式の組み合わせいかんだが、上の組み合わせはけっこう、人生での効用になりやすい。

 

橋が断たれる、ではなく人生に橋が掛けられるようである。

 

 

■:終わりに

 

さて、特殊星はその存在が神秘性を帯びたもので、好奇心を駆り立てる。特殊星を語る上では、まず基本的な命式の構造を知ったのちに、勉強してゆくとまた異なる角度から色々知ることができて面白い。一ついいたいのは、特殊星一つをとって頭から凶だと考えないでほしい。前向きに過ごしましょう。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>