てくてくちとせ

四柱推命について書いていきます

四柱推命‐五行で健康運を知る方法|簡単なやり方だから、あなたも覚えておくと便利!


f:id:tarookadato:20191011080028j:image

五行でわかる健康運は、四柱推命で見る健康運のなかで一番簡単な方法だ。簡単でいて、実際にからだのどういった部分にふだんから気をつけるべきかということまでわかる。また五行で考える健康は、東洋医学の基本的な考え方である。そして身近なものなのでぜひ覚えておいてもらいたい。

 目次

 

 

五行が表すウィークポイント

 

命式のなかに、どの五行に対応する十干、十二支が多いのかをチェックしよう。十干と十二支はそれぞれ、五行の【木、火、土、金、水】に当てはまる。

 

十干を知りたい人は][十二支を知りたい人は

 

【木】に対応する十干、十二支

木の兄・木の弟

寅・卯

【火】に対応する十干、十二支

火の兄・火の弟

巳・午

【土】に対応する十干、十二支

土の兄・土の弟

丑・辰・未・戌

【金】に対応する十干、十二支

金の兄・金の弟

申・酉

【水】に対応する十干、十二支

水の兄・水の弟

亥・子

 

それぞれに対応している十干、十二支を以後干支と呼ぶ。命式のなかにどの五行に対応した干支が多いのか、それともバランスよく干支が五行に対応しているのかを知ろう。偏って多すぎる五行がある場合、まったくないものがあると、その五行が示す部位や、五行に関したからだの部分がウィークポイントとなる。

 

五行のバランスはいろいろな原因から変わる

 

大運や年運で、命式の五行のバランスがよくとも、年運や大運の巡りでバランスが崩れ剋されることもある。そんなときには体調を崩したり病気になったりする。

 

また干合によって、五行の性質が変化することがあるので注意が必要だ。

 

五行で見る健康運

 

健康や病気になりやすいかどうかは、命式のバランスであり、「陽」が多すぎるとか「陰」が多すぎるとかという場合は、大病を患いやすいので注意が必要だ。 五行にはそれぞれ、気をつけておきたい、病気の傾向がある。

 

【木】…神経の病気、肝臓の病気、足の病気、胆石、眼病、神経症、ストレス性不安、脳血管の病気、不眠症

(肝臓、胆のう、眼、足に注意)

 

【火】…循環器系の病気、心臓病、動脈硬化、口から食道、胃腸までの消化器系、眼病、耳鼻咽喉系。

(心臓、小腸、舌に注意)

 

【土】…皮膚、手指の怪我や病気、むくみ、便秘、消化器の病気、歯など、口腔内。

脾臓、胃、唇に注意)

 

【金】…脊椎、腰椎、骨がよわく、肩凝りや、腰痛もち、呼吸器、免疫系、うつや、精神的疾患、肺。

(肺、大腸、鼻に注意)

 

【水】…腎臓、膀胱、子宮、冷え症、糖尿病、白血病高脂血症

(腎臓、膀胱、耳に注意)

 

 

日干による体質診断

 

五行に対応した日干のそれぞれの体質をみてみよう。

 

【木の兄】…疲労やストレスで頭痛がおこったり、体調に影響がでやすく、メンタルに現れやすい。無理をするタイプなので、限界を迎えるまえに休養が大切。

 

【木の弟】…なにかあれば、不調が咽喉や首にあらわれるため、扁桃腺炎などになったさいは、甘くみずにすぐに対象を。こじらせて病気がつづく場合がある。

 

【火の兄】…眼の疲れから肩凝りになり、慢性化しやすい。また、胃腸がつよくないため、ストレスから過敏性の胃腸炎になる。からだを酷使しすぎない注意が必要だ。

 

【火の弟】…狭心症など、心臓の病気にかかりやすく、無理をしすぎないことが大切だ。定期的にヘルスチェックを受けることをおすすめする。

 

【土の兄】…ストレスや疲れが胃にくるタイプで日頃からの暴飲暴食をしないように注意が必要だ。気になる症状があるときはすぐに病院へいくこと。

 

【土の弟】…腸が弱いため、腸内環境が乱れたらさまざまな病気になりやすい。栄養バランスを気をつけるようにし、体を冷やさないようにしたい。

 

【金の兄】…酸性に偏る体質のため、生活習慣病や高血圧に注意が必要だ。好みのものばかり食べず、食事のバランスを意識し、定期的な健康診断も必要。

 

【金の弟】…皮膚が繊細なため、乾燥させたり、アレルギーに気をつけて。ぜんそくなどの呼吸器や、神経にかかわる病気にもなりやすく、日常生活において軽く運動することが大切。

 

【水の兄】…血液に関する病気に気をつけよう。また、糖尿病、そしてひざの痛みや腰痛になる心配もあるため下半身を冷やさない工夫をしたい。

 

【水の弟】…冷え症になりやすく、膀胱炎、腎臓などの病気になりやすい。冷え症対策と、疲れを溜め込まない工夫が大切。足のトラブルにも注意が必要だ。

 

五行別リフレッシュ法

 

病は気からというように、体をふくめ、リフレッシュすることが健康に働くのはいうまでもない。趣味やストレス解消法でリフレッシュしよう。

 

【木】…森林浴/盆栽/草花の栽培/ボランティア/木工家具作り/写経/読経/織物などの製作

 

【火】…小説/俳句/詩/読書/美術/演劇/骨董/装飾品/もぐさ/日光浴

 

【土】…野菜つくり/園芸/陶器/陶器観賞/出家/散歩/田舎道のドライブ

 

【金】…ドライブ/アクセサリーなどの手工芸/時計/機関車/飛行機/針治療/カメラ

 

【水】…湖周辺の散歩/川釣り/滝にうたれる/サーフィン/ダイビング/将棋/囲碁/風呂

 

 

おわりに

 

自身の五行を知り、その特徴をおさえた、リフレッシュ法を取り入れ、日々健康にすごしてもらいたい。じぶんの五行に対応する病気には気をつけて、きになるときは早めに対応することがのぞましい。