てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命/無料講座5/支合や相冲の完全マニュアル、重なった時は?考え方を学ぶ

 

f:id:tarookadato:20200701161733j:plain

こんにちわ。ちとせです。皆様支合とか相冲って聞いたことありますか?多分勉強されている人は知ってることでしょう。命式には格局という命式の型があります。格局を出さねば命式の良い五行、良くない五行が判断できません。その格局を判断するために一番はじめに命式をみて干合、支合、相冲などがないかをみます。前回は干合をやりましたので今回は支合、三合、相冲、方合に触れましょう。

   

■:支合の紹介と考え方

支合とは特定の2つの仲の良い十二支が組合わさることにより、天干への作用をやめてしまうことをいいます。

 

支合の組み合わせ

 

子丑

亥寅

卯戌

酉辰

申巳

午未

の組み合わせです。支合が成り立つ条件は隣同士である事、例えば、年月、月日、日時と隣同士の柱に午と未が並ぶ場合などです。

 

時日月年

乙丙戊癸

午未子子

 

この命式の場合だと日柱の未と時柱の午が支合しています。この場合、午と未は天干への作用が無作用となります。午と未は仲良くなって、天干への根の働きがなくなります。地支の十二支は天干に作用します。天干に地支と同一五行があれば地支はそれを強めます。

 

・午は火の根を持ちます。天干に火の五行、つまり丙、丁があればそれを強めます。

・未は土木火の根を持ちます。天干に土木火の五行があればそれを強めます。上記の命式の場合、乙丙戊を強めます。

 

考え方として支合とは2つの干が組み合わさることにより、この根が機能しなくなるという理屈ですから、この命式の場合、年と月の子に含まれる水のみが天干の癸に影響しているというわけです。

 

(余談ですが格局を導く場合は支合した十二支は点数計算に入れません)

 

例えば

 

時日月年

乙丙戊癸

午未申巳

と支合が2つある場合は、この命式の場合天干に働く根がないということになります。

 

 

www.sudechi.com

■:相冲の紹介と考え方

 

相冲とは2つの仲の悪い十二支が睨み合う関係です。相冲するとこれもまた天干への作用を失います。

 

相冲の組み合わせ

 

亥未

子午

丑未

申寅

辰戌

卯酉

の組み合わせです。相冲が成り立つ条件は隣同士にある場合です。年月、月日、日時に並ぶ場合です。

 

根の考え方は支合と同じで天干への作用をやめてしまいます。

 

時日月年

乙丙戊癸

午子戌戌

 

この命式の場合、午と子が相冲関係ですので、天干の丙癸への根っことしての作用をやめてしまいます。

 

で、肝心なことですが、

 

干合、支合、相冲が年運で回ってきたとします。(例えば地支に子があり、年運で午がきた)

 

時日月年

丙丙癸丙

戊寅寅寅

 

このような命式の場合、例えば天干に辛がくると丙と干合します。どこの柱の丙と干合するのでしょう?

 

優先順位は年、月、日、時です。
支合を見る場合も同じです。尚、流派によって違います。

 

この命式に辛が巡れば年の丙と干合し、申が巡ると年の寅と相冲します。

 

 

■:相冲、支合が重なったら?

 

時日月年

乙丙戊癸

申寅亥子

 

この命式の場合、申と寅が相冲して、寅と亥が支合しています。このような場合は

天干を強める働き

になります。この場合の要は申と亥に挟まれた寅ですから、木と火の根があるため、天干の丙、乙が強まります。

 

地支に寅と申の相冲があり、年運で亥が巡った場合も同じです。

 

他の地支の相冲、支合に関しても同じです。

 

時月日年

乙丙戊癸

亥巳子子

 

この命式に年運で寅が巡ってきたとします。亥と巳はすでに相冲しています。この場合は寅と亥が支合することによって亥と巳の支合が解けます。この場合は相冲が解けた巳の根が活動をはじめて、天干の丙を強めます。

 

ややこしいですが相冲に支合が会えば、相冲は解かれ、支合しない地支の働きが再開します。

 

難しいですが先ほどの支合、相冲の重なりの働きと区別してください。

 

また亥と巳が相冲していて、年運で亥が巡ってきても、作用は重ならずこの場合の亥は天干への働きとなります。つまりこの命式の場合癸を強めます。支合の場合も同じで亥寅があって、年運で亥が巡っても作用は重ならず、天干への働きとなります。この命式の場合癸を強めます。

   

■:三合、方合について

 

三合とは三合局ともいって、3つの季節をまたぎ、中心となる季節の五行を強める働きをするものです。これだけでは分かりにくいですね。

 

三合

 

亥卯未=卯(木の五行)を強める

寅午戌=午(火の五行)を強める

巳酉丑=酉(金の五行)を強める

申子辰=子(水の五行)を強める

 

それぞれ真ん中の強まる五行をさして、三合木局、三合火局、三合金局、三合水局と呼びます。三合の考えを三合金局を例にあげて説明すると、巳は物事の始まりを意味します。それから発展していき、酉は物事のピーク、丑は物事の終わりで、いきつく場所。このような解釈で結構です。

 

三合局は、それだけで良いものだとか悪いものだとか判断できません。命式の配合によります。

 

時日月年

乙丙戊癸

巳酉丑子

 

この命式の場合ですと、三合金局があります。しかし天干に金の五行がありませんので

三合金局の役割は果たせていません。

三合の中心となる同じ五行が天干にあってはじめて三合の天干を強める作用が発揮されます。

 

また例えば吉五行が木、火、土の命式で嫌な五行が金、水だった場合には、三合金局がやってくると悪い作用をしたりします。

 

逆に吉五行が金、水であると三合金局が良い作用をしたりします。

 

方合は季節ごとのグループで、シンプルにその季節の五行を強めます。

 

方合は単純に十二支を順番に数えた3つの組み合わせです。

 

亥子丑(北の方合)冬

寅卯辰(東の方合)春

巳午未(南の方合)夏

申酉戌(西の方合)秋

 

時日月年

乙丙戊癸

申酉戌戌

 

この命式の場合西の方合があります。しかし、天干に金の五行がないため、方合としての作用は無作用です。天干に庚や辛があれば、それを強めます。

 

方合や三合がある場合に、年運で支合や相冲と重なった場合は、そちらが優先ですので方合や三合が壊されます。三合、方合の一つの五行を強める働きが失われます。命式に巳酉丑の三合があって年運で未が巡ると丑と相冲して、巳と酉は三合の働きをやめ、それぞれ単独での天干への作用となります。

 

では、今日はこの辺で失礼いたします。