てくてくちとせ

四柱椎命

四柱推命/格局の出し方、点数計算方法/無料講座6

f:id:tarookadato:20200619123241j:plain

こんにちは。ちとせです。四柱推命において格局を出す事ができれば、中級者~上級者の実力を会得したことになります。命式の判断の大元は格局ですから、頑張って覚えてみましょう。専門家に怒られるんじゃないかと思えるくらいおおっぴろげに惜しげもなく格局について教えます。

   

■:格局とは?命式の視点

 

命式を初めて見た人は、これのどこをみるんやろう?と思ったのではないでしょうか。命式をパッとみただけでは漠然としすぎています。

 

格局とは命式の型です。

 

ボクシングや空手にも型がありますよね?命式にも型があって、型によってそれぞれ吉凶が異なります。何かを判断するにも、視点を養うのもまずは格局を知る必要があります。

 

■:2つの格局

 

格局は大まかに分けると

従格

内格

この2つになります。

・従格とは一つの五行が強く偏っている命式です。社会のなかで特殊な仕事だったり、自己の才能などを生かして、大発展する可能性を秘めています。人口の1割~2割に該当します。一局集中が吉となる命式です。

・内格とは従格に当てはまらない、ある程度五行のバランスのとれた命式です。社会生活のなかで協力、調和して発展していく命式です。バランスが吉となる命式です。

   

■:格局の種類

 

〈従格〉
従旺格

日主が主体となります。比劫が強く、比劫の働きを邪魔する五行がない場合に成立します。

成立条件

・五行が比劫に集中している。

・官さつの天干と地支がない。官さつが1干1支あれば従旺格は成立しません。官さつが1干0支なら成立する場合があります。

・食傷、財星がある場合、比劫がその7倍ほどの強さがある。

 

従強格

日主を生じる母に従います。印星に集中した命式です。

成立条件

・日主に根がある(無根であれば生じることができません)

・比劫が弱められず、印星によって生じられている。

・官さつがない。官さつが1干1支あれば成立しません。官さつが1干のみなら成立する場合があります。

・食傷、財星に根がなく、食傷、財星が極端に弱い。

・日主が印星より弱い場合。

 

従旺格、従強格の喜神はより自身を強める比劫、印星です。

 

従児格

日主が生じるものに従います。食傷に偏った命式です。

成立条件

・比劫がよわい。比劫が1干1支あれば成立しません。

・印星がない。印星が1干1支あれば成立しません。

・官さつが強すぎない。

・日主が月令を得ていたりと、日主に強さがない場合

 

喜神は食傷と財星です。

 

従財格

日主が剋するものに従います。財星に集中する命式です。

成立条件

・比劫がよわい。比劫が1干1支あれば成立しません。

・印星がない。印星が1干1支あると成立しません。

・印星がつよく、比劫があれば成立しません。

 

喜神は食傷、財星、官星です。

 

従さつ格

日主を制御するものに従います。官星に集中する命式です。

成立条件

・比劫がよわい。比劫が1干1支あれば成立しません。

・印星がない。印星が1干1支あれば成立しません。

・食傷がない。食傷が1干1支あれば成立しません。

 

喜神は財星、官星です。

 

〈従格の考え方は、一局集中している五行の働きを他の五行が邪魔していないかどうかが要です。〉

 

〈内格〉

身強の内格

日主の味方となる五行、比劫、印星が、他の五行よりも多く、それでいて従格に該当しません。喜神は自身を弱める、食傷、財星、官星です。

身弱の内格

日主を弱める五行、食傷、財星、官星が比劫、印星より多く、それでいて従格に該当しません。喜神は自身を強める、比劫、印星です。

内格は8種類で

・建禄格…日主を格局にしたもの

・月刃格…劫財を格局にしたもの

・食神格…食神を格局にしたもの

・傷官格…傷官を格局にしたもの

・財帛格…正財もしくは偏財を格局にしたもの

・正官格…正官を格局にしたもの

・偏官格…偏官を格局にしたもの

印綬格…印綬または偏印を格局にしたもの

基本的には、身強か身弱かの判定ができれば吉凶を判断することが可能です。

   

■:格局の点数計算

 

天干の数字は基本1点で計算します。地支は2点です。ただし月令に該当する地支の場合は3点です。実際に計算してみましょう。

 

時日月年

丙癸庚戊

丑酉申申

月令(庚)

 

・申の根は金と水です。

・酉の根は金です。

・丑の根は土と金と水です。

 

比劫は癸で2干で根が、年の申、月の申、丑に含まれているため3つです。

日主は月令を得ていませんので、地支の計算は2点です。

 

1×(2×2×2)比劫が8点です。

他も計算してみましょう。

 

食傷は0干0支です。0点です。

財星は1干0支です。1点です。

官星は0干1支です。天干にその五行がなく、地支のみにある場合は0点です。数を計上しません。

印星は1干4支です。印星が月令を得ているので、1×(3×3×3×3)の計算ですから81点です。

 

格局は何でしょうか?財星に根がなく、比劫に根があり、印星がとても強いですから従強格です。このように計算します。

 

計算の参考に

〈月令を得ていない〉

0干0支…0点

0干1支…0点

0干2支、0干3支、0干4支…0点

1干1支…2点

1干2支…4点

1干3支…8点

1干4支…16点

2干1支…4点(2×2)

これ以降も同様の計算です。

 

〈月令を得ている〉

0干0支…0点

1干0支…1点(天干は1点のままです)

1干1支…3点

2干1支…6点(3×2)

3干3支…81点(3×3×3×3)

このように計算します。

 

頑張って格局を出してみましょう。