てくてくちとせ

鑑定・講座のお問い合わせは私のアドレスまで「ブログを見ました」とご連絡ください。 アドレスotaro905@gmail.com

四柱推命ーいじめる人、いじめられる人と命式の関係

いじめの問題は深刻である。私自身過去に職場でいじめを経験した一人である。いじめの定義はたくさんあると感じる。辛いことだ。集団で力を誇示したりするだけじゃなく、みんなで一人をのけ者にするのもいじめだし、フレネミーだっていじめだ。あらゆる角度の他者の価値を下げて、自らの価値を上げようとする行為は全ていじめと考えてよいだろう。今回は四柱推命からみたいじめについて書いてみたい。

 

▼▼鑑定のご依頼はこちらから▼▼

coconala.com

 

■:四柱推命からみたいじめをする人の命式

 

いじめをする人というのは、非常に人間的に未熟である。もともとは家庭環境や愛情不足の問題から内面にかぎゃく性を備えている。(先天的な気質の人もいる。)自罰型の人は自分を責めるが、いじめをする人のこうげき対象はあくまで、他人なのだ。だから、実際大きな問題に発展してしまう。

 

例えば命式でいえば

 

時日月年

○乙己乙

午卯○○

 

一部を伏せているが、例えばこうした命式の場合、日柱と年柱、日支にも問題があり、情というものを持たずに人を傷つけてしまう苛めっ子の配合だ。反逆心を持ち、自分の欲望を叶えようとするちなみに、偏印や、傷官とは関係なく、いじめっ子の命式は特殊な配合による。

(勿論分からない命式も存在する。)

 

考え方としては、自身の欲望や目先のことに対して、とにかく、身勝手に相手の人間性を無視して、どこまでも搾取的に行動する。悲しいかな、四柱推命は運命を語る色がつよく、このような命式のぬしは同じ行動をする。心に刻みこまれた性質だろう。

 

難しいとは思うが、もし可能であればいじめられる人は、なるべく周囲を巻き込んで危機を知らせることが必要だ。全然異なるパーソナリティーであるから、どういう手段を用いてでも、学校を休学、会社を辞めてでも離れるべきだ。

 

 

■:四柱推命でみたいじめられる命式

 

いじめられる命式というのは、ハッキリと断定はできないが、対人面で不運をかぶり、不利益を被らされる命式というのは存在している。だが、いじめる人間に問題があり、いじめは「罪」であるとみなが、認識しなければならない。

 

いじめられる側にも原因があるという意見もあるが、いじめる人間の行為が法的に「罪」になれば、いじめられる側にも原因があるなどといえるだろうか。私個人は、社会の理不尽は人間を成長させると思っているが、いきすぎたいじめは、何も生まない。昔はいじめの概念が単一的に認知されてきたが、人知れず追い込まれるいじめも存在している。

 

四柱推命でみた場合、陰の日主で、日柱が弱く、年柱、月柱につよい偏官を持つ場合に、そうした世の不条理に遭遇しやすい。人からの風当たりがつよくなる。

 

また、日主が強すぎる場合は、逆に、いじめる人間の嫉妬からいじめに合う場合もある。このいじめは、いじめる側の恐怖心から起こるものだ。

 

 

■:終わりに

 

いじめは罪である。例え命式において理不尽に合う命式であったとしても、いじめられてよい理屈などない。

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>