てくてくちとせ

占星術について書いていきます

四柱推命‐陰陽で見る相性はシンプルにして的確!


f:id:tarookadato:20191021200612j:image

とつぜんだけど陰陽による相性診断っていうのは、もの凄くシンプルなんだ。それゆえに的確。四柱推命は、陰陽思想、五行説、干支の組み合わせでなりたっている。そのなかでも陰陽は人間の精神的活動や、社会の変化、天体の動きなど、この世のすべての原理を理解しようとして生れた原理で、物事は陰と陽の2つでなりたっているという考え方である。磁石のSとSは反発し、SとNは惹かれるというあれである。

 

 

陰陽とは

 

この世のすべてを構成するふたつので、対立する関係ではなく、両者は互いに助け合い、協力するものをさす。

 

つまり、

男/女=男女が支え会う

明/暗=暗さがあるがゆえに明るさが分かる

天/地=天の理と地の理どちらも必要

熱/寒=熱さがあり、寒さの概念が生まれる

喜/悲=悲しみを知り、喜びを知る

剛/柔=柔を知り、剛を知る

速/遅=遅さがあり、速さを理解する

表/裏=表裏の関係

 

相性といえるものの根元をあばく、みもふたもない相性診断法なのだ。

 

陰陽から見た相性のいい組み合わせ

 

これまでの通り、陰陽から見たよい相性は、特に陽の気がつよいひとと、陰の気がつよいひとの関係にあらわれる。 また、日干が陽干のひとは日干が陰干のひとと相性がよい。

 

陽の気がつよいひとは

命式に「甲、丙、戊、庚、壬」の十干、「子、寅、辰、午、申、戌」の十二支が多いひとをさす。

 

陰の気がつよいひとは

命式に「乙、丁、己、辛、癸」の十干、

「丑、卯、巳、未、酉、亥」の十二支が多いひとをさす。

 

これらは両者の基本的な相性はよい。同質は反発し合うが、質の異なる両者はお互いを補えるのだ。

 

合わせて読みたい:十干【甲/乙/丙/丁/戊/己/庚/辛/壬/癸】それ、すなわちあなた自身をあらわす|10種類の人間特徴を知って運気を上げよう

 

陰陽十干の相性の良い組み合わせの例

 

ご自身とお相手の日柱を確認してほしい↓

 

甲(木の陽)/癸(水の陰)

癸の慈しみが、甲の内面を育て、さまざまなことを教えてくれる。分かち合い喜びを共有できる関係

 

庚(金の陽)/乙(木の陰)

こちらは素晴らしい関係で、庚がしっかり者で、少しほんわかした乙を支える。乙は庚に安らぎを与える関係

 

丙(火の陽)/丁(火の陰)

丙が兄貴分もしくは姉貴分、丁が弟分もしくは妹分。両者内面に熱い感情がありながら、丙が丁を可愛がる形でうまくいく関係

 

丙(火の陽)/辛(金の陰)

丙が夫、辛が妻だった場合に星同士の象意にかなっておりうまくいく。互いに魅力や長所を引き出せあえるのでよい関係

 

基本的に陰陽の関係は、夫婦や、兄弟、友人を象徴するものが多く、例以外にもよい関係はたくさん存在する。

 

 

おわりに

 

陰陽による相性診断は、シンプルながら、統計的によく構築されている。ディープな相性をはかるのならば、やはり四柱推命本体の活用がよいが、ご自身とお相手の日柱の干支をしることで、陰陽による相性診断でも基本的な相性を知ることができるので、手軽でおすすめだ。