受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

転職サイトとハローワークで仕事を探してみた率直な感想


f:id:tarookadato:20190309131536j:image

ハローワークでの求人選びは一般的だと、ずっと感じてきたけれど、いまや、 転職サイトに頼る職業選びは、ほぼおなじくらい一般的だといえます。

 

また、転職サイト以外のネットでの求人探しも、「シニア応援」などと表記があるように、高齢者もかなり、ネットを駆使した応募を行っているようです。

 

こんかいは、実際に転職サイトを利用した場合と、ハローワークを利用した場合の二つの感想を書いてみようとおもいます。

 

 

 

 

転職エージェント利用のきっかけ

 

はじめて、仕事を探してから、ずっとハローワークを利用させてもらっていましたが、以前勤めていた会社に不満を覚えてから、「転職サイト」の存在をしりました。

 

転職サイトは、条件指定や、「転職エージェント」との連絡もでき、その点で、面談を重ねて、仕事選びにつなげられます。

 

どちらがよいというのではなく、時間をかけて、企業選びをするのなら、転職サイトはいいなと感じます。

 

ハローワークを利用するメリットとしては、仕組みを誰もがしっており、利用方法がシンプルな部分です。

 

電話担当者と、企業側の連絡が一発で済み、すぐ面接にこぎ着けることができるので、難しい手続きがありません。(プロフィール作成や職歴入力など)

 

またハローワークは地元求人が多く、またおもいがけない求人に出会うこともあるのが、経験から語らせてもらいます。

 

あまり、職業を限定的にとらえず、いろいろ探してみようかなとおもえる場合は、非常に勝手がよいですね。

 

ただし、企業リサーチをするという意味においては、転職サイトは、個人では、入手しがたい情報まで取得しており、応募者をアピールする営業力にも優れており、非常によいと感じています。

 

ボクの場合は、ある転職サイトに手続きをすると、電話がかかってきて、ヒアリングにて、適職/人間関係/条件など詳しく相談に乗ってもらえました。

 

その後、興味がありそうな、また、条件に合った求人内容をメールしてくれるようになりました。

 

 

さて、転職エージェントもたくさんの種類があり、「リクルートナビ」や「doda」(総合的な転職エージェント)がよく知られているでしょう。

 

パソナキャリア」は面談の対応がよく、はじめて転職を考える人にはよいかとおもいます。

 

第一次産業ネット」は、第一次産業の求人をおもにとりあつかっており、良質な求人が多いのが特徴です。

 

JACリクルートメント」はハイクラスな求人をとり扱っているのが特徴で、キャリアのある方に向いているのが特徴です。

 

転職サイトの利用では、優良企業が多いとされている理由として、企業側が、人材確保に積極的だからです。

 

転職エージェントを利用して、転職を成功させた場合、企業側から、転職エージェントに対して、採用者の年収の3割を支払うことになっています。

 

採用者の年収が1000万円だとすると、300万円を転職エージェントに支払ってでも、人材確保をしたいのです。

 

その理由には、転職エージェントと、応募者、企業側で話し合いを行うことで、企業側に、マッチングした人材が応募してくるようになるからです。

 

それは企業側にとって有益ですし、応募者にも有益で、ウインウインとなります。

 

ハローワークのメリット

 

・地元求人が多い
・職種が多枝に渡っている
・利用方法が簡単
・おもわぬ求人がみつかる

 

転職サイトのメリット

 

・企業側とのマッチングがしやすい
・時間をかけて優良企業を探せる
・採用側が応募者に対して積極的
・転職エージェントを間にいれることで、個人では入手しづらい情報を入手できて、話し合いがスムーズにいく

 

 

まとめ

 

さて、ハローワークと、転職エージェントの両方について書いてみましたが、最終的には、本人の考え方ひとつといえるでしょう。

 

それぞれの用途があるのですから、じぶんの在りかたで決めるといいといえます。

 

最終的には、ながく、勤められる企業をみつけられることが一番といえるでしょう。

 

これまでハローワークでも、良い求人はありましたし、転職サイトでもそうでした。

 

これから転職を考えるみなさまに、この記事が少しでも役にたてることを願っています。