てくてくちとせ

占星術について書いていきます

九星気学|八白土星のあなたは穏やかで、静止の徳を持つ人物|特徴と性格は?


f:id:tarookadato:20191207152157j:image

八白土星九星気学の第8の星であり、土があらわすように、コツコツ努力をして実力を磨いていける人。停止/停滞/断絶/断念/世代交代/末代/浮き沈み/再起/七転び八起き/変化/変遷/可能性/復活/改革/継ぎ目/曲がり角の暗示がある。

 

 

八白土星とは?

 

八白土星は、天の気と地の気のまじわりによって生じる人間に影響力を与える気の循環をあらわす「九星」の一つである。九星は字のごとくその性質から9つに分けられる。人それぞれ生まれた年に当てはまる九星にはそれぞれ性格や方位による特徴がある。八白土星は、変化の意味合いがつよい星といえる。

 

八白土星の生まれ年

 

昭和4年、13年、22年、31年、40年、49年、58年、平成4年、13年生まれ

 

八白土星の解釈

 

【宮】=艮宮(ごんきゅう)/山のように、動かぬながら静止の徳をもつ

【十二支】=丑寅/おっとりとして優しい丑と激しい寅、両方の性質をあわせもつ

【月】=1月、2月/心機一転、七転び八起きの精神の月。この時期の草木はみえない場所でぐんぐん育つ

【方位】=東北/東北はトイレがあれば鬼門。1月2月は東北の風

【時間】=1時~3時/寝静まった時間帯で明日への活力をえる時間

【易象】=山/山は登りだけでなく、くだりも意味する。変化の多い星をあらわす

 

八白土星の特徴と性格

 

八白土星の人は生まれながらに浮き沈みの激しい運気をもつ。人生順風満帆でうまくいっていたとおもえば、突然立ち直れないほどのどん底に突き落とされる。人生がジェットコースター。なかには、浮き沈みの激しさに悲観して、現状を維持するだけで限界の人もいる。

 

八白土星の人は、天然ものの穏やかで優しい性格をもっている。だが、どこかじぶんに自信がなく、「俺なんてたいしたことないよな」と考えがちで、けっこう消極的な性格だ。八白土星の人は、浮き沈みの激しい人生を生きてきて、現状維持する人と、苦境を糧にどんどんチャレンジ精神を燃やす人に分かれる。この星はチャレンジする人と現状維持する人とでは、人生の発展が全く違う。

 

停滞した状況から、一つの心理を紡ぎだし発展させる運勢があるため、物事には積極的に挑戦したほうがいい。性格は基本的に穏やかで、平和主義で優しい。穏やかな性格を人間力としてまで生かすためには、穏やかながら苦境な環境に身をおく必要がある。苦境な環境に身をおくなかで、幅広い人間性と深い見識を手にすることができる。大物になる素質があるので、そのために困難な状況に挑戦することが大切。

 

また、停滞という暗示があるように、運気自体の波が激しい。運気をコントロールしようとするよりも、停滞した運気を受け入れることが大切だ。八白土星の人はさまざまな経験から、俯瞰的な視野をもつ。そして、非常に静止した穏やかな徳をもちあわせている。年々、そうした要素が蓄積されて大器晩成型の人物となっていく。

 

関連記事:七赤金星のあなたは愛嬌のある愛され者|特徴と性格は?

八白土星の開運方法

 

八白土星は、物事に挑戦していくことで、新たな認識が生まれ人としての幅が広がり開運していく。基本、運気は弱く、だらだら生活していれば全く日の目をみない人生になってしまう。浮き沈みの激しい運気に飲まれる。多才なれど、自身の道がぶれやすいところがあり、道を一本に絞り、挑戦を重ねることが重要だ。

 

 

八白土星が開運方位に向かえば?

八白土星が開運方位を訪れると、なにかしらの「節目、変化」を感じる現象に向き合う。自身の無意識がほんとうに望んでいることに出会う。そしてじぶん自身の境遇や心境に変化があらわれる。原点に戻り、ほんとうに必要なことを求めて邁進すると開運する。

 

八白土星の適職

 

八白土星は、コツコツと物事を進展させ、技術的、また専門的な分野で活躍する。研究職や、専門職、心理カウンセラーや、作家など特別の技術的なものが必要な職が向いている。

 

八白土星の健康

耳、鼻、関節、腰、骨、リンパ、足、リウマチ、脱白などのケガや病気に注意が必要。

 

 

おわりに

 

八白土星の人は、自身の限界を意識せずに、どんどん人間的な成長をしていってほしい。平和主義で優しい性格をいかしつつ、周囲との協力をして開運に向かってほしい。