てくてくちとせ

占星術について書いていきます

九星気学|五黄土星のあなたは生まれながらに集団の中心人物となる!|特徴と性格は?


f:id:tarookadato:20191204163837j:image

五黄土星は、九星気学の第5の星で、じぶんの実力で立場を勝ち取る人である。闘争/破壊/衝突/崩壊/火災/腐敗/事故/不信/残忍/頂点/激情/トラブル/頑固、といった暗示をもち、吉凶が両極端にあらわれる星といえる。だが、どの星にも長所、短所は存在するのでご安心を。

 

 

五黄土星の生まれ

 

昭和7年、16年、25年、34年、43年、52年、61年、平成7年、16年

 

五黄土星の解釈

 

【宮】=中宮(ちゅうぐう)/帝王の星らしく、後天定位盤の中心に位置している

【十二支】=なし

【月】=なし

【方位】=なし

【時間】=なし

【人物】=なし

【易象】=なし

 

中心から周囲を眺めるかのように、五黄土星は周囲の自然現象が含まれない。そのため、月、方位、時間、易象はすべてなしの状態。

 

五黄土星の特徴と性格

 

五黄土星ほど、「親分肌」ということばがふさわしい星はない。人間関係において、潜在的に集団のなかの中心人物となる要素をもっているのだ。人生のなかでよい意味でもわるい意味でも周囲の人間に影響力を与える。

 

よい意味では人の面倒見がよく、世話好きといった部分が目立ち、悪い意味では支配的で、周囲の人間を敵と味方に分けたがる。割りと物事を白か黒かで判断する二極化思考の持ち主なので、必然的に敵も多い傾向だ。四緑木星のように協調性をもって人間関係を締結するタイプとは逆で、人生押して押して押しまくってナンボという人物。

 

若い頃から人生波乱万丈で、苦労を重ねて、晩年には人間の深みが増す人も多い。組織では持ち前のリーダーシップを発揮して活躍する。瞬発力がありスタミナも勝負強さも兼ね備えており、大胆な決断をすることもいとわない。時に相手の価値観を無視し、軽く相手を圧倒してしまうため、周囲からみればどこか日頃の行いに理不尽な風であるのはいなめない。強さとか、バイタリティーという意味では存在そのものはまさに台風の目である。

 

注意しておきたいのは、あまりに強引な方法で他人に勝負を挑んで勝った場合、そのシコリは残り、孤立してしまうこともある。とくに日頃よくおもわれていない人との一悶着は極力避けるほうがよい。強運は、自身の行動によって運気の浮き沈みが激しいという特徴もあるのだ。

 

五黄土星は持ち前の強運と駆け引き上手な部分を全面にだし、不要な決闘はせず、それでいて我が道を邁進することで親分肌の要素が生きるのである。

 

五黄土星の開運方法

 

五黄土星はもともと強運の星であり、人の手助けが少ない状況でも逞しく生きられる。そんな五黄土星の開運方法は、強いていえば、やはり、目的をもち、自力で邁進することにつきる。この星は、周囲の中心人物という意味合いからも、大統領や組織のトップに君臨することなども含まれる。周囲との協力をはかりながら、自身に限界を設けず頑張るとよい。

 

 

五黄土星の適職

五黄土星は人に頭を下げるのが苦手なため、サラリーマンとして働くスタイルは向かない。一番適正があるのが自営業である。じぶん自身の実力を生かし、また、じぶんの責任はじぶんで負うといった風に生きるのがよい。サラリーマンとして働くのであれば、納得ができる裁量権を与えられる組織を選ぶとよい。抑圧が激しい環境であれば、ストレスを溜めすぎてしまい、うまくいかない。また、能力や才能を遺憾なく発揮できる場所でなくてはいけない。

 

五黄土星の健康

 

心臓/肺/肝臓/腎臓/膵臓、また大腸の病気に注意が必要だ。普段は健康そのものであっても精神的にまいってくると不調はからだにもあらわれる。

 

おわりに

 

五黄土星は類い稀なる強運の持ち主であるため、人生では、自身のちからを発揮する局面が何度も訪れる。持ち前のバイタリティーを発揮して、人生を切り開いてほしい。