受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

エスカノールと魔神王

 

 

エスカノールといえば、 作中ふくめて屈指の実力者ではないでしょうか?午前から正午に向かって強くなる個性的なキャラクターですね。勝手にスーパーマンのイメージがあります。きょうはエスカノール好きなボクがたんたんと書いていきます。勝手に予想!エスカノールは魔神王に勝利できるか?

 

予想・チャンドラーキューザック

 

面白い予想だとおもいませんか?ちなみに、この場合のエスカノールとは、[ザ・ワン]の状態のエスカノールです。エスカノール→我カノール→痒カノール(ザ・ワン)としましょう。これまでの実際の成績は

 

エスカノール→ガランに勝利

我カノール→エスタロッサに勝利

痒カノール→メリオダスに勝利


f:id:tarookadato:20190214085602j:image

そんなグレートなエスカノールですが、物語も進み当初ほどのインフレが抑えられ、痒カノール以外の場合は、周囲と肩を並べはじめました。はじめチャンドラーが現れたとき、これ、エスカノールでもきつくない?とおもったのですが、実際そうでもない模様。

 

違和感を感じるのが、それぞれの[数値]です。あのメリオダスとのシーンでも数値11万であるのに対して、チャンドラー数値約17万、キューザック数値約16万、と強すぎませんか?本来どうにもならない相手でしょう。ルトシエルがさらに数値20万なら、戒魂マエルとはなんだったんだ!とおもわずにいられません。ルド様に関しては過去の十戒との描写からみてかなり、きついご様子。ルド様はなんか、体力が心配です。余談ですが、ルド様とエスカノールのコンビは仲がよくてほのぼのします。

 

 

過去の我カノールの数値は膨らんでいる最中だったのでしょうね。まず、 エスカノールの状態で、チャンドラーとキューザックのダブルアタックを防ぎました。撥ね飛ばされましたが、さすがに二人同時はきついか!とはいえ、エスカノールは、ゼルドリスの扇風機に一人耐えました。チャンドラー、キューザックは岩盤にからだ固定。タフネスや力でいえば、チャンドラー、キューザックと並ぶか、勝る感じがします。そしてエスカノールはいつも余裕のある感じが好きですねー。そもそもエスカノールは強い描写がありすぎて、正確には力を把握できない感じです。仲間としての安心感は抜群ですね。当初ほかのメンバーが置いていかれるんじゃないかと心配しましたが、大丈夫でしたね。ここで個人的におもったのが、痒カノールなら、誰かに単体で負けることはなくない?と。扇風機を止める役目を痒カノールに与え、原初の魔神くんと当たらないよう配置したように感じます。予想は、我カノールの力はチャンドラー、キューザックに通じる。そして、単体同士ならいい勝負を展開しそうです。この男ピンチになることはないんでしょうか?

 

予想:魔神王

 

これまで、痒カノールの活躍は、シュトウの一回でだいたい、状況を変えました。そして、リッタよりからだのが強い。すごすぎない?キューザックの証言からして、ゼルドリスの扇風機の間合いに入って無事ではいられる生き物はいない、ということから、え?じゃあ魔神王も?とはならないでしょう。しかしザ・ルーラーはカウンター式。魔神王が近寄ると、どうなる!気になる!しかし、タフネスだけ考えると痒カノールも魔神王といい比較になるのではないでしょうか。しかし、ザ・ルーラーのまえではやはり部が悪いでしょうね。予想とはいえロマンを感じずにはいられません。

 

そこで、一言、ルド様がんばれ!いや、関係ないか。

 

まとめ

 

気になるのがエスカノールの゛サンシャイン゛がマエルの゛恩寵゛なのかどうかです。恩寵だとすると、恩寵マエルが、正午を迎えたら、最高神と比較対象になるんじゃない?とおもえます。口調も、痒とか、笑とか、マエルがそんな風になるとちょっとね…。個人的に原初の魔神くんと、ザ・ワンの試合が見たかったです。勝手に考えると、原初の魔神くんはメリオダスの壁を吹き飛ばしています。痒カノールのときはならなかったのに。なので、すごく気になるのですが、扇風機にかすり傷ゆえに、おそらく痒カノールのほうが勝利しそうです。こんかいは便りになる男エスカノールについて書かせていただきました。