受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

高確率で転職を成功させるリサーチより大切な裏技

 

 

こんにちわ。さまざまな職歴をもつ、ちとせです。転職するならやはり、希望にあった企業に入社したいですよね?現在は転職サイトも充実しており、優良企業の求人しか扱わないというサイトもあります。条件をしぼり、リサーチを行い、または転職エージェントの力を借りて転職を成功させたという人もいることでしょう。

 

自身でリサーチを行う場合、会社の過去の離職率を調べたり、求人の内容を吟味して企業を選ぶ方法があります。ぼくの場合は、求人の文章の載せかたから、腑に落ちないワードや内容をピックアップします。つまり、消去法ですね。

 

消去法を使うと面接のまえに、ある程度会社の"雰囲気"を想像できます。逆に雰囲気が想像できないような表記の求人には応募しません。そうやって企業の選択を進めるのですが、条件は合うし、優良企業なんだけど、いざ、入社してみてじぶんには合わない会社も存在します。そこで 今回はスピリチュアルな裏技をご紹介します。この裏技はかなり高い確率でこれまで、成功しています。


f:id:tarookadato:20190206135830j:image

その方法とは

じぶんの放つ波長を良質なものにすることです。

 

良質な波長とは、愛の波長です。利己的な感情を整理して、なるだけ他人に奉仕する気持ちをもつことで、良い波長が生まれます。<引き寄せの法則

論も証拠もございませんが、経験上、良質な波長のときと、波長の良くない場合とで、無意識に選んでいる求人が異なっています。

http://individual.polaris-heart.com/05_rules/wavelength/index.html

波長の法則はおなじ思考タイプの人同士が引き寄せられるといいますが、[思考の雰囲気]は紙面からも伝わってきます。

 

 

順を追って説明すると、例えば、長年怒りを溜め込んでいる人がいるとします。そうすると、おなじく、怒りを溜め込んだ人が周囲に現れるという感じです。

 

f:id:tarookadato:20190201185418j:plain

ぼくは、仕事を辞めて転職するまえに、少し休憩します。その間に瞑想したり、運動したりして、内面の整理を行います。心身ともに軽くなったなと感じると、はじめて動き出します。運気の入れ替えのつもりでやっています。

<瞑想について>

https://www.sudechi.com/entry/meiso

思考の型を変える!

感情を形つくる思考の柔軟化を目指します。負の感情を抱いたときは、その感情をどうして抱いたのかなどを瞑想を通じて発見していきます。体験談になるのですが、   昔からぼくは感情が内向しやすい人間でした。常に何かを、誰かの行動をジャッジしていました。大人になってその癖に気づいて、改めていくと、昔から付き合いがあった友人と疎遠になりました。友人とはよくいざこざがあり、一緒に遊んでいると、小さな過ちがたくさん発生していました。その他、周りの関係が一変しました。それから、じぶんの周波数を気にして生活してます。

 

周波数の大元は、思考から生じていますから、やはり、いびつな思考で年月を過ごして、過酷な状況が訪れたこともありました。人との競争意欲が高いときは、おなじく競争意欲が高い人々が現れました。思考の癖に気付き改めると、また柔らかな人間関係が発生して、職場の人間関係にも恵まれました。

 

すべては必然という論がありますが、このブログに訪れたあなたも、必然の輪にいるのでしょう。

 

転職についての情報はかなりでまわっておりますので、今回は少し変わった切り口からお話させていただきました。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

<関連記事>

面接官が採用したくなる意外と知らない履歴書の基本を解説 - 受容の繭

 

正社員と年齢は関係ない?ー32歳ではじめて正社員になった経験を書く - 受容の繭

 

面接でホワイト企業を見抜く方法 - 受容の繭