受容の繭

こころ軽やかに生きる内容を記していきたいとおもいます。

ブログを続けるコツはオリジナリティーと好きを追求することだ

 

 

ブロガーの定義とは何かと問われたら、記事を書いて生計をたてる人を指すのが一般的ではないでしょうか?ボク自身、いまは存在しないサイトを含めると、文章を書くこと事態は10年くらい行っています。そんなボクがこんかいは、記事を書くことが続けられないという人のために、体験談を含めて、ブログを継続させるコツを書いてみたいとおもいます。

 

  ブログを続けるコツと考え方

 

ブログを始めて3ヶ月~4ヶ月の間がよく人が辞めていくという話を聞きます。調べてみるとその理由として

収益があがらない

ネタがない

モチベーションの問題

時間がない

どれも、なるほどとおもう一方で、成果主義に偏ると続かないのではないかと感じました。

 

まず、ブログを開始して1ヶ月間、1円の収益も発生しない場合はザラです。(もちろん記事数やコンテンツによりますが)収益を期待するなら継続と、創意工夫が必要になってきます。

 

記事の更新が目的になると、確かにネタがないと行き詰まるかもしれませんね。 ブロガーとしての活動は、気負わずに好きで続けているという気持ちが大事だとおもいます。つまり、書いている動機が、「文章を書くのが好き」とか、「誰かの役に立つ情報を発信したい」などです。根本的には軽いフットワークでいることが継続のコツだとおもいます。

 

付け焼き刃てきな発想かもしれませんが、辞めたくないけど、つづける自身がないという場合は、更新頻度を意識せずに書くスタイルで行ってはどうでしょうか?

 

やはり、せっかく始めたのに辞めてしまうのはもったいないですよね。

https://nomad-saving.com/22570/

時間をかければ、ネタにも困らないし、良質な記事を書くことも可能でしょう。ボクは「ブログを毎日更新する派」ではありますが、それはじぶんの習慣として大切にしているだけです。


f:id:tarookadato:20190228134435j:image

ブログを毎日更新する派の意見としては、
集客数の安定

という部分がいわれています。この部分でも義務感で続けるより、好きで更新し続ける方が、モチベーションが維持されるでしょう。

 

一方で毎日更新にこだわらない派の意見は、

更新に固執すると、それ事態が目的となってしまう可能せいがある。

との示唆です。

 

なんだかんだで、やはり一番おおきい問題は、モチベーションの問題ではないでしょうか?すべてはこの部分に集約されるでしょう。

 

この部分はやはり、文章を書くことが好きという要素が重要かとおもいます。文章を書くことが基本的に好きだから、リサーチもするし、続けられるのではないでしょうか?映画が好きで映画を何作も見つづけることができる感じといいましょうか。

 

他のお仕事でもそうですが、お給料がいいからといって全く好きでもないことはしたくないですよね?

 

 

その場合は

書くことの意義
情報発信の意義
誰かのためにという意識

それらのいずれかに該当する部分が見つかれば、続けてみようとおもえるのではないでしょうか?

 

  興味のある分野について書く

 

コンテンツの充実や文章作成にオリジナリティーをみいだすことができれば、ブロガーはすごく楽しいとおもいます。続けるためには、はじめに収益を期待せず、「興味がある分野のことを楽しんで書こうかな?」でいいとおもいます。興味がある分野の記事を書く場合、自然とオリジナリティーが発揮され、文章に熱が入るはずです。好きな車の話なら一時間はできるというものが、それぞれあるのではないでしょうか?

 

 

逆に収益を意識しすぎて、興味のない分野について書くと、おもった収益があがらなければ、モチベーションはさがります。゛継続゛させることが大切なのです。

 

個人的には、文章を書くことが好きだから書くという動機が最終的には、継続は力なりとなるのだとおもいます。もちろん工夫なくしてはなんとやらですが、継続することは「栗を拾いにいってドングリを拾う」です。

ブログを辞めたいとおもった場合、

興味がある分野のことを、オリジナリティーあふれる書き方で、更新頻度や時間を意識せずに書いてみると、

自然とモチベーションが回復してくるのではないかとおもいます。

 

さいごにブロガーとしての楽しさは、おもったこと、感じたことなどを、情報と合わせて発信できる部分にあるのだと感じています。辞めたいとおもったときは、一度ふみとどまって、じぶんなりの生活スタイルに合わせて゛継続゛してみてはいかがでしょうか?

 

さいごまで読んでいただいてありがとうございました。