てくてくちとせ

四柱椎命/鑑定受付中

四柱推命-新田真剣裕さんの命式/丁の良さが分かる

   

こんにちは。鑑定師のちとせです。

 

こんかいは、俳優で活躍されている新田真剣裕さんの命式をみてみましょう。

 

実は私、この方については詳しく知りません。゛ちはやふる゛で、錦谷新役で出演していたのを見て、キャラクターが立ってるなあと感じました。真剣裕さんの新田は、ちはやふるの新(あらた)からきているようですね。

 

ただ、出生時間がわからないんですよね。なので命式はこうなります。

年月日

丙己丁

子亥巳

月令乙

 

この命式をみたとき、あ!表現力に秀でた方だなと、すぐに分かりました。

 

さて、まず見る必要があるのは、干合や支合があるかどうかです。それによって格局が変わってしまい、吉忌が違ってくるからです。(三本柱のときは吉忌が判明しませんが、干合や支合は見ておかなくてはいけません。)亥と巳が相冲しているので、3つの柱で働きがある地支は子だけになります。こうみると…

 

天干のどれもが無根です。(地支に天干と同じ五行がない)

この方は活躍されている俳優さんで、運勢に勢いがあるはずなんで、個人的には全くの無根というのは考えにくいですね。

 

時柱がわからないわけで、もしかすると火と土の根がそこに隠れているかもしれません。


f:id:tarookadato:20201118105749j:image

まず、命式をどこから見るか?

 

・私はまず日主の性質から見ます。

ご本人が冬生まれの丁ですね。丁はロウソクとか松明とか、人口の火です。人口の火ですから文化に通じやすいんですね。ですから、俳優もそうですし、歌舞伎なんかにも通じやすい。丙が太陽ですから、同じ火であっても用途が違う火なんです。

 

そして、丁は陰の性質で、なおかつ冬生まれですからギラギラした火ではなく、寒空の下小さく揺れる火です。静けさが感じられます。このようにして命式の見方に入ると、視点の軸を決めやすいです。

(ただ、冬生まれの丁=大人しい人と、断定はできません。全体をみる必要があります。)

 

次は干関係をみてみましょう。

・この命式で、6つの漢字のなかで一番良い五行はどれか?月柱の己です。年柱の丙、日主の丁の力が火生土で己に注がれています。己は丙丁にとって温度調節をする゛炉゛になるわけです。丙=太陽で、太陽の熱量をゆるめて、丁の火力調節をします。つよすぎずよわすぎず適度な状態に調節するのです。

 

この優れた炉である己は食神ですから、表現の星です。つまりこの方は表現する力を持っています。そして文化的なことに精通しやすいといえます。

俳優さんで、演技力が備わっています。

 

年の丙は劫財で、

劫財は我の助けとなるか、邪魔になるかに別れます。

通常干関係では丁にとって丙は嫌な存在です。丙はでっかい炎、もしくは太陽ですから、丁の小さな火を暗くしてしまいます。しかし、この丙はご本人を助ける劫財です。

 

なぜなら、己が丙の熱を吸収して、丁への脅威を抑えています。なので、ご両親を含めて、仕事などで周囲に協力的に接してくれる人物がいるという暗示です。

 

三本の柱では格局による吉、凶が判明しないため、どうしてもおおざっぱになってしまいます。なるべくなら出生時間を取り入れる必要があります。

 

さいごに今後の活躍に注目したいですね。