てくてくちとせ

※2022年の鑑定の受付は12月5日で、一旦お休みをいただきます。再開は2023年1月6日より再開いたします。本年もお世話になりました。鑑定については”鑑定のご案内”という記事をお読みください 料金は5000円です。     「ブログをみました」と私のアドレスにご連絡ください。→ otaro905@gmail.com            

2022-03-05から1日間の記事一覧

四柱推命ーなんか凄そう!井欄叉格ってどんな格局?

井欄叉格(せいらんさかく)を知ってますか?と鑑定中に訪れた方がいらした。私はその当日知らなかった。格局をあまり重視せずに命式の全体構成から占うスタイルだったので、知らない旨を伝えた記憶がある。さて、格局がすべてではないが、今回は井欄叉格に…

四柱推命ー根拠はあるの?喪門と弔客を検証した結果

身内の不幸を意味するといわれる神さつ、喪門(そうもん)弔客(ちょうかく)の二つの謎について、今回はひもといてみたい。どちらも良くない意味で考えられているのだが果たして二つの持つ意味合いは本当なのか。凶の謎にせまり、お役立てできる内容をお届けし…

四柱推命ー将星とは?名声に関係するのか!

将軍を意味する、その名も将星という特殊星がある。小生じゃないよ、将星ね、という駄洒落はおいといて、その内容に触れてみたい。実行力や権力と関わり合うとされる星だが、実際に命式に将星が存在する人は本当にそのような人生を歩むのだろうか。 ▼あなた…

四柱推命ー火炎燥土は良くないの?定説の真実やいかに!

鑑定にゆくと、火炎燥土の命式だからあまり良くないといわれたという話をちょいちょい耳にする。どうして、そういう判断をしたのか、理由や対処方法を知らせてくれなきゃ不安になるというものだ。命式に火と乾燥した土の勢いがつよいため、火炎燥土は一般的…

四柱推命ー大耗を語れば神さつのロジックが分かる

四柱推命の神さつは当たらないということはよくいわれる。確かに神さつを当てはめて鑑定をしてみると、定説とはずいぶん異なるなあと感じるものだ。大体ならんだ漢字がなんだか大げさすぎる気もする。だけど大耗(たいもう)という神さつは結構信憑性がある…

プライバシーポリシーhttps://www.sudechi.com/_privacy-polic ©サイト名.<てくてくちとせ>